JALカード紛失時の連絡先はどこ?マイルや搭乗券はどうなる?

旅行先や出張先でクレジットカードを紛失してしまうと、パニックを起こしてしまうかもしれません。冷静になれず、適切な判断を下せない可能性もあるのです。事前に、カード紛失時の対応を決めておくことが大切になります。今回は、JALカード紛失時の連絡先、利用停止手続きについて解説します。

JALカード紛失時の連絡先はどこ?

カードの種類によって、連絡先が異なる点に注意しましょう。

電話先はカードの種類によって異なる

おなじJALカードでも、カードの種類によって電話先は異なります。例えば、VISAカードとMasterCard、TOKYUPOINTClubQの3つは「DCカード盗難紛失受付センター(0120-664-476)」です。 JCBとOPクレジットは「JCB紛失盗難受付デスク(0120-794-082)」に連絡しましょう。また、アメリカンエキスプレスカードは「MUFGカード盗難受付センター(0120-107-542)」です。 問い合わせ時に、紛失したカードの利用停止の手続きを行います。不正利用されることも考え、被害が拡大しないよう、早めに連絡しましょう。

問い合わせ後は必ず警察へ遺失届を!

電話にて、利用停止手続きを取ったら、次は最寄りの警察署へ遺失届をします。場所は定められていないため、近所の交番で構いません。海外の場合も、基本的に最寄りの警察所に届を出すことになっていますが、都市や国によっては出頭場所が決められている場合があります。

JALカードを海外でなくしたときは

海外での紛失も、基本的な手続きの流れは変わりません。

国外紛失の場合も日本と同様の手続き

国外で紛失したとしても、基本的な手続きは国内の場合と同様です。カードの再発行のため、届け出をした警察署でもらえる証明書をなくさずに保管しておきましょう。 国によって証明書の名前は異なります。「F. I. R」という名前であったり、「事件届出証明書」であったりと、異なるため、届け出をした時点で受け取った書類等はすべて保管しておくといいでしょう。

国内紛失と違い緊急カードを発行可能

国内で紛失した場合だと、利用停止手続きの後、再発行する必要があります。しかし、国外で紛失した場合は、再発行するまでの間、「緊急カード」を利用可能です。 緊急カードは紛失している間だけ、有効のクレジットカードです。帰国した際に、再発行手続きを取ることになります。 緊急カードの発行には再発行手数料がかかります。再発行手数料は、基本的に10,800円(税込み)です。CLUB-Aゴールドカード会員の人は無料になります。

JALカード不正利用の補償はある?

場合によっては補償が受けられない可能性があります。

連絡後に条件適合により損害額を補償

電話で問い合わせると、紛失したときの状況を細かく報告することになります。このとき、補償を受けられる条件適合者であれば、連絡をした日から60日前まで遡り、その日以降の損害金を補償してくれます。しかし、状況によっては、カードに付帯している補償を受けられない可能性があるのです。

不正利用補償の不適合条件は概ね1つ

条件不適合になる原因に多いのが「カード裏面にサインがない場合」です。クレジットカードの表面には、利用者の本名がアルファベットの大文字で刻印されていますが、それだけでは不十分です。 カードを発行する際、裏面にサインが必要であると指示を受けます。この指示をきちんと守っていなかった、つまり利用者側にも落ち度があったと判断されるのです。

カード再発行時の疑問点や注意点

支払先の変更等は自分で手続きをしなければなりません。

マイルやsuica、waonは移行

JALカードについているマイル、そしてSuicaやWAONといった電子マネーの移行について解説します。まず、マイルの移行に関する解説です。 マイルはJMBの「お得意様番号」にあるマイル口座にて管理が行われています。カードに直接、管理されているわけではないため、再発行後も問題なく利用可能です。 次に、電子マネーのWAONです。WAONはJALではなく、WAONのコールセンター(0120-577-365あるいは0570-064-375)へ9時から21時の間に問い合わせをしましょう。問い合わせ後、WAONの利用停止手続きがされ、残高を保存します。再発行後も利用可能です。 最後にSuicaの移行に関する解説です。ビューカードの紛失盗難デスク(国内:03-6685-4800国外: 81-3-6685-4800)連絡をし、利用停止手続きを取ってください。利用停止手続きによって、手続きをした段階のSuicaの残高を保護します。再発行手数料は720円(税込み)、新しいカードに以前の残高を移行可能です。

カードで購入済み搭乗券は大体使える

紛失したカードで購入済みの搭乗券のほとんどは利用可能です。「JALタッチ&ゴーサービス」を利用することになります。このサービスを利用できる条件は「座席を指定していること」と「予約の記録にお客様番号が登録してあること」です。

到着日は再発行手続から約10日前後

新しいカードの到着日は再発行の手続きから、およそ10日です。国外であれば、現地にいる間は緊急カードを利用できますが、国内は発行されません。紛失したカードを頻繁に利用していた場合は、新しいカードが到着するまで、どのように支払い等をするか考えておきましょう。

会員番号は変更となるケースが多い

14桁から16桁のクレジットカード番号は変更になります。クレジットカード番号は会員番号とも呼ばれています。似たような番号にお得意様番号がありますが、これの場合は7桁から9桁とクレジット番号よりも短いです。

再発行カード到着後は更新を忘れずに

以前のカードで毎月公共料金等の支払いをしている場合は注意してください。支払い先の変更をJAL側で行うことはありません。自ら新しいクレジットカード番号を登録する必要があります。

まとめ

JALカードを紛失した際は、まず、問い合わせセンターに連絡することが必要です。問い合わせセンターはカードの種類によって異なるため、万一の時を備えて、控えておくのをおすすめします。また、SuicaやWAONといった電子マネー、JALマイルは残高を新しいカードに移行可能です。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。