水道代はクレジットカード決済に変更可能?支払いでの注意点も解説

毎月発生する水道代をクレジットカードで支払うと、クレジットカードのポイントも貯まり、水道局によっては独自の割引を受けられることがあります。今回はクレジットカード決済に対応している水道局の一例と、決済方法を変更する際の注意点をまとめました。

水道代はクレジットカードで払える?

東京都や神奈川などはカード払い可能

基本的に口座振替や支払用紙での支払いが基本の水道料金ですが、クレジットカードでの支払いが可能な水道局も存在します。下記の水道局ではでクレジットカード払いに対応しています。口座振替を始め、クレジットカードでの支払いの場合は、各水道局により割引が受けられる可能性がありますが、下記以外の県ではクレジットカード払いに対応していないので注意しましょう。(2018年5月現在) 北海道札幌市水道局(以下、水道局は省略) 岩手県矢巾町 東京都23区、多摩地区、武蔵野市 神奈川県横浜市、甲府市 静岡県浜松市 岐阜県笠松町 滋賀県大津市 三重県玉城町、尾鷲市、桑名市 京都府京都市 兵庫県神戸市、尼崎市、猪名川町 香川県丸亀市 広島県三次市 福岡県福岡市 長崎県長崎市

Yahoo!のサービスで払える地方も

Yahoo!JAPANの公共支払いサービスを利用すると、インターネット上で支払いが可能になる地方もあります。クレジットカードやTポイントを利用した支払いが可能で、支払い金額に応じてポイントも貯まります。対象の水道局は多数存在しますので、居住地域の水道局が利用可能か確認してみましょう。

クレジットカード払いにする注意点

支払い日はカード会社に準じる

水道料金が引き落とされる日時は、使用するクレジットカード会社によって異なります。それぞれ使用するクレジットカード会社の締め日や引き落とし日に準じた日程で実施されます。詳しい支払日などはクレジットカードの利用規約から確認しましょう。

支払いは一括払い

水道料金がクレジットカードで決済される際、支払い方法は1回払いとなります。使用しているクレジットカードによっては、後から支払い方法を変更できるものもあるので、利用状況に応じて確認してみましょう。クレジットカードの使用状況などが原因で、水道代が決済できなかった場合は振込用紙が後日届くこともあります。

10万円以上はコンビニ支払い

水道料金はクレジットカードで支払える水道局もありますが、ある一定以上の金額になった場合はコンビニでの支払いになりますので注意が必要です。10万円以上と設定されている水道局もあれば、3万円以上、5万円以上などと設定されているところもあります。詳しくはお住いの水道局ホームページなどから確認してみてください。

詳細は利用自治体に確認が必要

水道局はそれぞれの自治体が独自に運営を行っているため、その利用方法や規定なども独自に設定されています。ここでの開設はすべての水道局で適用されるわけではないので、予備知識程度に頭に入れておいてください。詳しくは各自治体へ問い合わせてみましょう。

支払い方法変更に関するポイント

カードの変更は新規申し込みになる

東京都水道局の場合、支払うクレジットカードを変更したい時には、再度新規での申し込みが必要です。使用しているクレジットカードによっては、クレジットカード会社のホームぺージでの手続きやカード会社専用の申込書で申込みができる場合もあります。

口座振替→カードは利用自治体次第

東京都水道局の場合、口座振替からクレジットカード払いへの変更も可能ですが、事前に申込書による手続きが必要になります。東京都水道局ホームページにある「お客様センター」まで電話をするか、ホームページ上で必要事項を記入することで申込書を取り寄せることで手続きが行えます。口座振替からクレジットカード決済に変更すると、口座割引(税抜50円)の適用が受けられなくなりますので注意しましょう。 一方で神奈川県水道局の場合、クレジットカード決済を利用するときは、インターネットからの申し込みのみ受け付けられています。このように、自治体によって方法はさまざまですので、公式ホームページを事前に確認しておきましょう。

カード→口座振替は申し込みが必要

クレジットカード決済から口座振替へ支払い方法を変更する場合は、各自治体に申し込みが必要です。また、Yahoo!公共支払いを通じてクレジットカード払いを利用している場合は、継続払いの停止を行う必要があります。Yahoo!公共支払いページへログインし、「税目・料金名」から利用していた地方公共団体を選択して「お支払い手順」へ進んで停止手続きを行いましょう。

まとめ

水道局は各自治体がそれぞれ独自に運営しているため、隣りの市ではできてもこの市では無理だったということもたくさんあります。反対に、自身が利用している水道局独自のサービスが展開されていることもありますので、各自治体の水道局公式ホームページを確認し、毎月の水道料金を少しでもお得に支払いましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。