Wi-Fi契約はどうすべき?Wi-Fiの種類・特徴とおすすめの選び方

インターネットなど、オンラインでの通信を行う際の手段として、Wi-Fiが普及しています。機種の形態やプラン、機種、通信会社なども多岐に渡ります。では、Wi-Fiの契約を行うには、どのような手段で進めていけば良いでしょうか。

Wi-Fiにはどんな種類があるのか?

固定回線

電柱や電線に設置された回線を利用する方法です。電話線を利用するADSL、光ファイバーを利用する光回線が代表的です。 最近は光回線が主流となりつつあり、フレッツ光やauひかりといったサービスが提供されています。 固定回線は通信速度が速いことに加え、安定しているという特徴があります。通信場所が固定となっているため、基本的に通信の低速化などの発生がおきにくいためです。

モバイルルーター

固定回線とは違い、持ち運んで使用することのできるということが、最大の特徴です。スマートフォンと同じ程度のサイズの機種がほとんどで、携帯電話の販売店でも取り扱っているところがあります。 WiMAXやポケットWi-Fiなど、様々な種類の機種が販売されており、契約後は工事をせず利用できます。しかし、通信速度が場所や混雑状況の影響で低下しやすいという点があり、注意が必要です。

どちらの種類がおすすめか?

自宅なら固定回線+Wi-Fiスポット

自宅でインターネットを利用することが多いのであれば、安定して通信速度の速い固定回線がおすすめです。固定回線であれば、無線・有線の両方をルーターから利用できます。有線の利用で、さらに通信速度を上げることも可能です。 外出の際は、Wi-Fiスポットを活用することでインターネット利用ができます。無料で使えるところもありますが、セキュリティに注意して利用しましょう。

移動する機会が多いならモバイル

家の中ではなく、外で移動しながらインターネットを利用することが多いのであれば、モバイルルーターの方が良いといえます。 現在では、全国の至る場所で無料のWi-Fiスポットがあります。しかし、移動中や必要な時にスポットが見当たらず、利用できないことも考えられます。 モバイルルーターは、地下や山間部、海上などの場所以外では、基本的にどこでも利用可能です。そのため、外でのネット利用頻度が高く、どこでも利用できるようにしたい場合に向いているといえるのです。 モバイルルーターごとに、接続可能な範囲が公開されているので、自分が頻繁に使う地域が通信可能かどうか事前に確かめておきましょう。

Wi-Fi契約の方法は?

インターネットで契約する

ネット上のホームページから、申し込み及び契約ができる通信会社もいくつかあります。直接スタッフから説明を受けることができず、情報収集も自身で行わなくてはなりません。 その一方で、人件費をかけずに契約を集めているため安くなっており、お得に契約ができることが特徴です。ネットからの契約のみ安くなるキャンペーンなども、行われていることがあります。

携帯電話ショップで契約する

携帯電話ショップでの契約は、その通信会社のスタッフから説明を受けることができます。実際の製品のラインナップや、プランを詳しく記載したパンフレットなども取り揃えられており、情報量が多いのが特徴です。 ただし、携帯電話ショップでの契約は正規の月額料金となります。また、ネット契約と違い人件費もかかっているので、お得にならないケースが多いといえます。

家電量販店で契約する

通信会社の携帯電話ショップと同じように、スタッフからの説明を受けることができます。複数の通信会社が商品を展開する形式のため、各社の違いをその場で比べることができるのが特徴です。 家電量販店では、パソコンなどの他の製品とセットで購入すると、その特典で大幅値引きと謳っていることがあります。しかし、セット購入で割引などのサービスは、本当に自分にとって必要な商品かよく考えて購入しましょう。

ネットで契約する際の注意点

比較サイトで損することも

通信会社やプラン、機種ごとなどで一挙に比較ができる、比較サイトがあります。どれがお得かをすぐに知ることができますが、注意が必要です。 「キャッシュバック金額を差し引いているため、お得に見える」「広告費をかけているサイトほど、違約金が高くなりやすい」といった点があります。注意点を気にせず利用した結果、想像よりも月額費用などが高くなってしまうといったことが考えられます。

公式サイトがお得なことが多い

公式サイトであれば、広告費を始めとする様々な販売に関わる費用が比較サイトほどかかりにくいといえます。また、キャンペーンやイチ押しの商品がどれかをすぐに知ることもできます。 結果として、公式サイトの利用がお得な契約方法となることが多いのです。なお、ネットなどで事前に情報を集め、他に安く契約できる方法がないかなど、幅広くチェックしておくようにしましょう。

結局どれを選べば良い?

最新機種ならあまり差はない

機種は、最新のもの同士で比較しても、これといって大きな差があるとはいえません。逆にいえば、出費を抑えるために古い機種を選ぶのは、通信速度が遅いといった不満につながるので注意が必要です。 先述のように、最新の機種同士では特に差がありません。通信会社同士でも大きな違いや優劣があるわけではないため、こだわりが強くないのであれば評判の悪すぎないものを選びましょう。

おすすめの選び方

おすすめといえる選び方は、データ容量や通信制限、月額料金、高速エリア通信といった点に注目することです。他の機種と比べて、これらの点がそれぞれ月額料金に見合っているかをチェックしましょう。通信会社によっても異なるので、契約後に同じ条件でさらに安い機種を発見して、後悔したというケースを防ぐことにつながります。

まとめ

申し込み方法がいくつもあり、自由に選んで契約することができます。一方で、情報収集が不十分では、自身に本当に合う機種を見つけにくくなるともいえます。情報収集から始めて、少しずつ数ある機種の中から契約するものを絞り込んでいきましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。