インターネットの乗り換えやメリットは?注意点4つも徹底解説!

日本には数多くのプロバイダや回線業者が存在しますが、他社へ乗り換えをする方法はご存知でしょうか。乗り換えを検討する際の手順や注意点をまとめてみました。お得なキャンペーンなどに惹かれて乗り換えを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

乗り換えする前に知っておくこと

接続にはプロバイダと光回線両方必要

プロバイダは、ISP(Internet Services Provider)と呼ばれることもあり、簡単に言えばインターネットへの接続サービスを提供する事業者です。プロバイダは接続アカウントを利用者に発行し、認証サーバーを通してインターネットに接続してくれています。また、IPアドレスと呼ばれるインターネット上の住所を割り振ることもプロバイダの役割です。 そして、ISPのネットワークと利用者のLANを繋ぐためには、フレッツ光やauひかりなどの回線が必要で、回線の種類は通信速度などを大きく左右します。回線はインターネットと自宅の接続を繋ぐために必要で、プロバイダはそもそもインターネットをする上で最初の入り口になっているようなものです。つまり、インターネットをするためには2つが必要ということです。 さらに詳しい内容については、こちらをご覧ください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/2132”] [blogcard url=”https://cktt.jp/7907”] [blogcard url=”https://cktt.jp/2367”]

乗り換えするメリット・デメリット

プロバイダや回線業者を乗り換える上で、具体的にメリットやデメリットはあるのでしょうか。 メリットとなり得るのは、現在の料金や速度に不満があったり、光回線をできるだけ安く使いたかったりする場合です。プロバイダの料金は、契約時こそキャンペーン等でお得に契約することができますが、年数が経ってくると当初の料金よりも高くなってくるのです。 そのため、自分の契約月を把握しておき、違約金が発生しないタイミングでうまく解約することに加え、他社のキャッシュバック等を活用することでお得に乗り換えすることが可能です。 ただし、普段から大容量(動画や音楽など)のデータを使わなったり、そもそもインターネット自体をあまり利用しなかったりする方の場合は、わざわざ手続きや設定をしてまで乗り換えするメリットが感じられないかもしれません。

インターネット乗り換えの手順と方法

まずは旧プロバイダーの解約をしよう

プロバイダの解約をする場合は、サービス提供元プロバイダのウェブサイトの解約ページから、もしくはプロバイダに電話をするなどして行います。契約時に販売代理店などを通していても、解約するときの窓口は契約プロバイダです。 また、プロバイダ変更をしても、既に引き込んである光ファイバーケーブルはそのまま利用できます。インターネットの乗り換えではNTT局舎内の工事のみですので、自宅で工事立ち合いなどをする必要はありません。ただし、ルーターなどをレンタルしている場合は返却が必要です。 なお、NURO光やソフトバンク光のように、プロバイダと回線業者が一体型となっているものもありますが、プロバイダと回線業者が別々だとそれぞれで解約手続きが必要です。フレッツ光やauひかりなどの回線の解約は、基本的に電話での解約となります。
プロバイダについては、こちらの記事もぜひご覧ください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/2617”] [blogcard url=”https://cktt.jp/6657”]

次に新プロバイダーとの契約をしよう

日本にはプロバイダが数百社以上ありますが、インターネットや電話、店頭で直接申し込んで契約できます。最近は、フレッツ光を転用する光コラボレーションが普及しているため回線もまとめて契約できますし、逆に回線事業者に申し込んだ後でプロバイダを決定することも可能です。大手プロバイダであれば、家電量販店などで契約するのもおすすめです。

電話による手続きについて

不明点があるときや相談が必要なときは、電話による手続きがよいでしょう。電話をすることで注意点など再度確認できます。多くのプロバイダのホームページには新規申し込み用のフリーダイヤルが表示されていますので、電話による入会申し込みが可能です。ただし、契約中のプロバイダに電話で解約を申し込む際は慰留されることもあるかもしれません。

ネット(WEB)による手続きについて

プロバイダへの申し込みはインターネット上で行うことができるため、特に不明点や質問などがなければ、時間もかからないインターネット手続きが簡単です。プロバイダの中には、チャットやメールなども活用しながら、効率的にインターネット手続きができるように取り組んでいるところもあります。 インターネットであれば、数多くのプロバイダをしっかりと比較検討し、自分の好みのプロバイダにそのまま申し込めておすすめです。

店頭や書面による手続き方法について

インターネット回線を利用する際の支払いは通常、クレジットカードか銀行振込が基本です。クレジットカードであれば、署名する際の認印だけで済みますが、銀行振込であれば銀行印も必要ですので、店頭で契約する際は忘れないようにしてください。店頭契約であれば、事前に電話で必要なものを確認しておくとよいでしょう。 また、書面でのやり取りでは、不備があると開通まで時間がかかります。乗り換えなどでは、旧プロバイダーの利用がいつまで可能なのかの期間に合わせて、早めに手続きを開始してください。

乗り換えるタイミングや注意点4つ

違約金の発生には注意しよう

プロバイダとの解約で注意しなければならないのが、契約内容などにより発生する違約金です。特に、キャンペーンを利用して、工事費が無料であったり特典で商品を受け取ったりした時や、キャッシュバックがあった時などは、解約時に制約が多くなりがちです。例えば、最低利用期間が設けられている・満了前に解約すると違約金が発生する、などがそうです。 その他にも、長期契約で月額料金の割引を受けている際は、契約月以外で解約すると違約金が発生します。また、プロバイダによっては、1年や2年以内で解約すると解約手数料が発生することがありますので、確認してください。

2年に1度は契約を見直してみよう

新規申し込みや乗り換えの時には、多くの方がキャンペーンを利用したり、割引契約を受けたりすることで、月々の支払いを節約しています。そういった場合、最低利用期間や更新月などの制約があることがほとんどなので、1年や2年ごとの契約月を目安に、乗り換えを検討することをおすすめします。 プロバイダや販売代理店は、新規顧客の獲得のため頻繁にキャンペーンを行っています。契約月を目安に、2年に1度契約内容を見直すことで、お得な乗り換えができるかもしれません。

解約は月末に行うのがおすすめ

プロバイダへの利用料金の支払いは通常、月額料金制となっていますが、利用料金の日割り計算を行っているプロバイダと、行っていないプロバイダがあります。日割り計算を行っていなければ、入会は月初め・解約のタイミングは月末になるように手続きするのが理想です。 また、プロバイダごとに解約日の扱いが異なりますので注意が必要です。事前に確認しておき、解約のベストなタイミングを把握しておきましょう。

キャッシュバックキャンペーンを活用

インターネットを乗り換えする上での大きな魅力の1つが、キャッシュバックなどのキャンペーンです。各事業者は、乗り換え後の長期的な収益を見込んで、数万円といった高額のキャッシュバックなどを実施することもあります。 特にソフトバンク光やauひかり、ドコモ光などの大手は、高額なキャッシュバックが期待できる可能性があります。さらに、ソフトバンク光の正規販売代理店の中には、公式ウェブサイトから乗り換えの申し込みをすると、違約金まで負担してくれる会社もあります。

まとめ

インターネット回線の乗り換えのポイントは、解約時の違約金発生を避けることに加え、契約時のキャンペーンの上手な活用です。プロバイダは一旦契約してもらうと長期的な収益を見込めるため、魅力的なキャンペーンを実施しています。上手に乗り換えてお得にインターネットライフを楽しみましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。