ドコモ光とフレッツ光の違いとは?ドコモ光パックや速度比較のまとめ

ドコモユーザーで「フレッツ光を利用しているなら、ドコモ光の方がお得になります」などと声をかけられたことはありませんか?専門用語が多くプランも複雑な光回線の契約ですが、ここではドコモ光とフレッツ光の違いについて解説していきます。

ドコモ光とフレッツ光の違い

ドコモ光は回線事業者のサービス名

ドコモ光は名前の通り、NTTドコモが提供している光回線サービスのことで、NTT西日本・東日本が持っている光回線をNTTドコモが借りてサービスの提供をしている光コラボレーションです。ドコモの携帯電話を契約している人のみドコモ光の申し込みが可能で、ドコモの携帯電話とのセット割引サービスの利用で月々の通信費を抑えることもできます。

フレッツ光も回線事業者のサービス名

フレッツ光はNTT西日本とNTT東日本が提供する光回線のことで、先に説明したドコモ光はこのNTTの回線を借りてNTTドコモがサービス提供を行っています。どちらも会社名にNTTがつくため、一見ドコモ光もフレッツ光も同じ会社のサービスであるように見えますが、それぞれNTTドコモとNTTという別の会社によって行われている事業です。

ドコモ光とフレッツ光の比較

各サービスの主な評判

ドコモ光とフレッツ光の各サービスのどちらにも様々な評判がありますが、ドコモ光は携帯電話とのセット割引を利用できる点が評価されています。一方フレッツ光は、セット割引などのサービスはありませんが、安定した通信速度と信頼できる品質、親切・丁寧で電話が繋がりやすいカスタマーセンター対応に定評があります。

各サービスの提供エリア

ドコモ光のサービス提供エリアはNTTが提供しているフレッツ光と同じであるため、東日本・西日本共にそれぞれのフレッツ光の公式サイトから確認することができます。NTT東日本の公式サイトでは住所と郵便番号から、NTT西日本の公式サイトでは住所、郵便番号、電話番号から該当エリアであるかどうかの確認ができます。

各サービスの速度

ドコモ光とフレッツ光は同じ回線を使っている通信サービスですが、どちらのサービスも速度に関しては速いという評判・遅いという評判のどちらも見受けられます。契約の際に選ぶプランやプロバイダにより、回線が混み合って速度が遅くなる場合がありますが、そのような場合はプランやプロバイダを変更して速度低下を回避する方法もあります。 ドコモ光の速度については下記の記事も参考にしてみてください。

各サービスの料金

月額料金の面から見ると、契約するプロバイダや回線を引く自宅のタイプ等にもよりますが、フレッツ光はプロバイダ料が別にかかるため、ドコモ光より数百円高くなります。また、ドコモ光ではネットとスマホの料金をまとめると割引になる「ドコモ光パック」や、dカードGOLD利用でのポイント還元サービスなど、ドコモならではのサービスが展開されています。

工事費や工事にかかる時間

フレッツ光の開通工事費用は、屋内配線の工事が必要かどうかでかかる費用が大きく変わり、屋内配線の工事が必要な場合は戸建てで18,000円、集合住宅では15,000円となっています。屋内配線の工事が不要な場合の工事費は戸建て・集合住宅共に7,600円で、また回線設備がすでにあってルーターなどの機器を自分で設定する場合は戸建て・集合住宅共に2,000円です。開通工事の所要時間は約1時間で、土日休日の工事を実施する場合や、オプションでルーターやパソコンの初期設定サービスを利用する場合は別途料金がかかります。 ドコモ光の場合、配線工事が必要な場合にかかる工事費用はフレッツ光と同じ金額ですが、転用での申し込みでは基本の配線工事がすでに完了しているため工事費は発生しません。工事の所要時間や土日休日工事の追加料金もフレッツ光と変わりませんが、工事費とは別にかかる契約手数料がフレッツ光は800円なのに対し、ドコモ光は一律3,000円となっています。

ドコモ光やフレッツ光との契約方法

ドコモ光との契約方法

ドコモ光を新規で申し込む場合は、まず自分の住まいが提供エリア内であるかをドコモの公式サイトで確認してから、オンライン手続き・ドコモショップ・電話のどれかで申し込みをします。その後サービスセンターから工事日程についての連絡があり、また開通に関する書類やプロバイダ契約に関する書類も工事日前までに届くので、開通工事前に内容を確認しておきましょう。 フレッツ光からの転用の場合は「転用承諾番号」が必要になるので、フレッツ光のIDや契約者名、支払い方法などの情報を揃えてからNTT東日本・西日本に連絡をし、転用承諾番号を取得します。その後ドコモの公式サイトやドコモショップ、電話のどれかで申し込みを行い、サービスセンターから工事日程の連絡や契約書類が届いた後、必要に応じて開通工事が行われます。

フレッツ光との契約方法

フレッツ光の契約では、まず申し込みをする前に契約するプランとプロバイダ、ひかり電話やひかりTVなどのオプションサービスをつけるかどうかを決めておきます。その後フレッツ光の公式サイトまたは電話で申し込みを行うと、NTTから工事日程の連絡と必要な書類が届き、フレッツ光とオプションサービス利用のための工事が行われます。

遅い場合、新回線から元に戻す方法

解約による違約金を確認

ドコモ光の解約時には、契約更新月以外で解約すると戸建てタイプで15,000円、集合住宅タイプで8,000円の違約金が発生し、回線工事費の残額がある場合は解約時に一括で請求されます。フレッツ光の場合、契約更新月以外の解約では「にねん割」の戸建てタイプで9,500円、集合住宅タイプで1,500円の違約金が発生し、それとは別にプロバイダの解約金も発生します。

各サービスの変更手順を確認

ドコモ光の解約は、カスタマーセンターへの電話かドコモショップでの手続きで行うことができますが、フレッツ光の場合は、解約手続きは電話のみの受付けとなっています。ドコモ光・フレッツ光共にプロバイダにも解約の連絡をする必要があり、回線・プロバイダそれぞれの解約手続きの後に必要に応じてレンタル機器の返却や回線の撤去工事を行います。

まとめ

光回線には様々なプランやサービスがあり料金形態も複雑ですが、ドコモ光は携帯電話とのセット割引、フレッツ光は安定した通信品質や丁寧な対応がそれぞれ評判となっています。ドコモ光・フレッツ光は同じ回線を使用していますが、契約プランやサービス内容は異なるため、光回線を新しく契約したり転用する際には、自分のライフスタイルにあったプランを選択しましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。