じぶん銀行の特徴とは?住宅ローンやアプリ・口座開設方法など紹介

株式会社じぶん銀行とは、2008年に三菱UFJ銀行とKDDIの2社が共同出資して設立した日本にあるインターネット銀行です。ここでは、じぶん銀行の特徴やメリットなどについて詳しく解説していきます。また、住宅ローンの特徴や、アプリについてや、口座開設の方法なども解説します。

じぶん銀行の特徴

ここでは、じぶん銀行の特徴やできることやメリットについて説明します。

銀行の機能がアプリで完結できる

じぶん銀行は、円普通預金や円定期預金などの円預金の他、外貨普通預金や外貨定期預金などの外貨預金の取引もできます。住宅ローンやカードローンなどの各種ローンも取り扱えます。 また、FXや投資信託の資産運用業務など、ほとんどの銀行の機能がWeb上で完結できるインターネット銀行です。さらに、じぶん銀行のアプリの導入で、これらの銀行取引がよりスムーズに簡単にできます。

キャッシュカードが不要

じぶん銀行には、キャッシュカードを使わずにセブン銀行ATMから出金や入金ができる、スマホATMというスマートフォン向けのサービスがあります。スマホATMのサービスを利用するには、利用規約に同意して利用登録をする必要があります。 スマホATMを利用するには、スマートフォンアプリにログインして、スマホATMを選択し、画面に従って進めていきます。セブン銀行ATMでは、ATMの画面に従って操作することで、キャッシュカードを使わずに出金や入金ができます。

電子マネーにも対応

じぶん銀行では、auWALLETプリペイドカードにチャージ手数料無料で直接チャージすることができます。また、設定された金額を自動で補填できるオートチャージができるので、残高の心配がなくなります。また、じぶん銀行の口座から、LINEPayや楽天EdyやモバイルSuicaにも簡単にチャージができます。

くじ・公営競技を利用できる

じぶん銀行の口座を持っている人であれば、「BIG」や「toto」などのスポーツくじをパソコンやスマホから簡単に購入できます。 また、インターネット投票サイトのTELEBOATに会員登録をすれば、じぶん銀行から簡単にボートレースの投票ができます。さらに、南関東4競馬場が共同経営するネットバンク投票サービスのSPAT4に会員登録をすると、じぶん銀行から全国の地方競馬の馬券が購入できるのです。
なお、じぶん銀行のメリット・デメリットについては、下記記事を参考にしてください。

じぶん銀行の口座開設方法

ここでは、じぶん銀行で口座を開設する方法を説明します。

WEBで申し込む

じぶん銀行で口座を開設するには、インターネットで申込みができます。また、口座を開設するには本人確認書類が必要です。 申込む時は、申込みフォームに携帯電話番号や携帯Eメールアドレスなどを入力し、郵送を選択しなかった場合は本人確認書類をアップロードします。キャッシュカードは、アップロードの場合は最短5営業日で、郵送の場合は約2週間でキャッシュカードが発送されます。キャッシュカードが届いたら、口座の利用ができます。

アプリで申し込む

じぶん銀行で口座を開設するには、口座開設専用のアプリで開設する方法もあります。口座開設専用アプリで開設するためには、アプリのダウンロードが必要です。 早く簡単に開設したいのなら、アプリでの口座開設が便利です。運転免許書を撮影して、本人確認書類をアップロードするまで最短3分で行えます。

初回ログインはキャッシュカード必要

キャッシュカードが届いたら、じぶん銀行のサイトにログインをすることでいろいろな取引ができます。ログインをするには、お客様番号とログインパスワードの入力が必要です。お客様番号は、届いたキャッシュカードの裏面に表示されています。初めてログインをする場合は、ログインをする前にログインパスワードの登録が必要です。

じぶん銀行の手数料について

ここでは、じぶん銀行のATM利用手数料や口座維持手数料について説明します。

ステージごとに無料回数がある

じぶん銀行のATM利用手数料は、提携ATMでの入金についてはゆうちょ銀行を除いていつでも無料です。ゆうちょ銀行での入金は、月1回まで無料で、2回目から1回の入金につき216円(税込)かかります。 提携ATMからの出金は、じぶんプラスのステージごとの無料回数を超えた場合に1回の出金につき108円(税込)かかります。ゆうちょ銀行の場合は、じぶんプラスのステージにかかわらず、月1回までATM出金手数料が無料で、2回目から1回の出金につき216円(税込)かかります。 じぶんプラスは、じぶん銀行での取引によってステージが分かれ、ステージによってATM利用手数料の無料回数などが決まるサービスです。じぶんプラスのステージによるATM出金手数料の無料回数は、ゆうちょ銀行でのATM出金も含んだ回数です。

口座の維持手数料は無料

口座維持手数料とは、アメリカなどでは一般的な口座を保有しているだけでかかる手数料のことをいいます。じぶん銀行では、もちろん口座維持手数料は無料です。ただし、キャッシュカードの再発行手数料は1件1,080円(税込)かかりますし、残高証明書の発行手数料は1件540円(税込)かかります。

auユーザーへの特典

じぶん銀行は、三菱UFJ銀行とKDDIが共同出資をしてできた銀行のため、auユーザーにはいろいろなメリットがあります。ここでは、auユーザーへの特典について説明します。

WALLETポイントがざくざく貯まる

支払口座をじぶん銀行に設定したauWALLETクレジットカードから、auの利用料金を支払うと1年間最大ポイント2倍になる特典が付きます。特典の内訳は、通常の利用料金の支払いポイント付与に加え、1,000円(税込)ごとに10ポイントが付与されるのです。

カードローンの金利がお得

じぶん銀行カードローンをauユーザーが新規申込みをした場合、カードローンの金利が最大年0.5%優遇されます。じぶん銀行のカードローンの金利は通常は年2.2%~17.5%ですが、他社乗り換えなら年0.5%、乗り換えでなくても年0.1%優遇されます。 カードローンについては、下記記事も参考にしてください。

新規口座開設のキャンペーン

じぶん銀行の口座を新規開設して、その口座からauWALLETプリペイドカードにチャージすると、チャージ金額の5%をWALLETポイントで還元されるキャンペーンがあります。ポイント付与の対象期間は口座開設月から翌月の末までで、対象チャージ金額は対象期間中の合計金額が50,000円までです。

じぶん銀行の住宅ローン

ここでは、じぶん銀行の住宅ローンの特徴やメリットについて説明します。

シンプルで低金利

じぶん銀行の住宅ローンは、業界の中でも最低水準の金利を実現しています。また、審査の結果により適用金利を変えたり、借り換えかどうかで適用金利を変えたりせずに、シンプルでわかりやすい商品です。じぶん銀行の住宅ローンの金利タイプは、変動金利か、ある一定の期間金利が固定される固定金利特約から選べます。

がん50%保障団信が付帯

じぶん銀行の住宅ローンの特徴は、通常の団体信用生命保険の他に、無料でがん50%保障の団体信用生命保険が付いていることです。がん50%保障団体信用生命保険は、がんと診断された場合に残りの住宅ローン残高の50%相当が保険金として支払われます。

まとめ

このように、じぶん銀行はインターネットだけでいろいろな銀行取引ができます。じぶんプラスのサービスは、ステージに応じてATM利用手数料の無料回数などの提供される特典が変わります。他にもじぶん銀行にはいろいろなメリットがありますので、簡単にできる口座開設から始めてみてはいかがでしょうか。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。