通信費を賢く節約するには?通信費の平均と節約方法7選!

インターネットやスマホ(スマートフォン)等のテクノロジーによって私達の生活は便利になりましたが、同時に月々の通信費に頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。この記事では、通信費の実態や賢い節約の仕方、その際の注意点等を解説します。

通信費の実態

平均額はトータルで約2万円

マイナビウーマンの調査によると、通信費(インターネット、スマホ・携帯電話、固定電話)の平均は約2万円、という結果が出ています。内訳としては、インターネット代が5,181円、携帯及びスマホ代が11,841円、固定電話が2,222円という形になっています。

約7割が高いと感じている

同調査によると、約7割の人が通信費を「高い」と感じているようです。また、最も節約したい出費ランキングの第1位も通信費であり、通信費が生活を圧迫していると感じている人が多いことが見て取れます。インターネットやスマホは私達の生活になくてはならないものとなりましたが、通信費の高騰はその弊害と言えるのかもしれません。

詳細内容を把握していない人は多い

調査結果のように、通信費が高い・通信費を節約したいと感じている人は多いものの、実際に通信費の詳細内容までを確認して契約している人は少ないのが現状です。しかし、インターネット回線や携帯・スマホには様々なプランが設けられているため、適切なプランを選ぶことで通信費を節約することが可能です。

通信費の節約方法は?

プロバイダは徹底比較

現在は様々なインターネットサービスが存在するため、自身に適したものを見極めることが通信費の節約に繋がります。情報を十分に集め、プロバイダを徹底比較することが大切になってきます。

セットプランを有効利用

電力自由化という背景もあり、電気・インターネット・携帯電話をセットで契約すると割安になる、というプランも登場してきています。ひとつひとつの料金にはそれほど割安感がないとしても、セットで契約すればトータルで通信費や光熱費の節約に繋がるケースもあります。

料金プランの見直しを徹底

通信費の節約にあたっては、現状の料金プランを見直すことももちろん大切です。不要なオプションや自分のライフスタイルに合ってないプランを契約している場合、余計にお金を払ってしまっている可能性もあるからです。 有料オプションは自身で契約するものもありますが、契約時に同意の上で付加されているものもあるかもしれません。毎月の明細を確認し、余計なオプションや有料プランに加入していないかどうかをチェックすることが大切です。

インターネットはWi-Fiを使う

自宅では、基本的にWi-Fiを使ってインターネットをすることをおすすめします。スマホであれば4G回線を使えるかもしれませんが、データ容量節約のためにも自宅ではWi-Fiを利用して通信を行いましょう。また、持ち運びできるWi-Fi端末を契約しておくことで、自宅以外でもWi-Fiを利用することができます。

格安SIMを使う

スマホは、3大キャリアから格安SIMに乗り換えることで通信費を削減することができます。格安SIMにも様々な業者やプランがあるため、自分のライフスタイルに適したものを選択しましょう。また、場合によっては3大キャリアで契約した方が割安になる場合もあるため、スマホの利用頻度等を鑑みて総合的に判断することをおすすめします。

無料アプリで通話する

通信料金を節約するには、LINEやSkype、Facebookメッセンジャー等の無料アプリを使って通話するのも効果的です。無料アプリを使えば別途通話料を支払うことなく、通常の電話と同じように会話することができます。しかし、相手も同じアプリを使っていないと無料通話ができないことが多いためご注意ください。

仕事で使うなら経費にする

フリーランスや自営業として仕事を行っている場合、通信費を経費にすることができます。しかし、全額が経費になるかどうかはケースバイケースであり、プライベートでも通信サービスを使っている場合は、その割合に応じて事業按分という形になるでしょう。いずれにせよ、1円でも経費として計上することができればその分節税に繋がります。

無料で使えるWi-Fiはあるの?

コンビニやメトロなどのWi-Fi

自分で有料のWi-Fiを契約していなくても、コンビニやメトロ、スターバックス等で無料Wi-Fiを利用することができます。場所は限られているため何処でも、というわけにはいきませんが、ちょっと立ち寄った先で通信する分には便利なサービスと言えるでしょう。

無料Wi-Fiを使う注意点

無料Wi-Fiを使う際には、セキュリティ面で注意が必要です。無料Wi-Fiは誰でも繋ぐことができるため、悪意のある利用者が存在した場合は通信を盗み見られたり、ウイルスに感染してしまったりする恐れがあるからです。トラブルを避けるためにも、知らないWi-Fiに不用意に接続しない、サービスのIDやパスワード・個人情報等、見られて困る情報は送信しない、といった対策が必要です。

まとめ

通信費を削減するのは一見大変なようですが、一度契約を変更してしまえば半永久的に節約することが可能です。例えるならば家賃を節約するようなものであり、比較的効率の良い節約の仕方です。節約を考える際は、このように固定費から削減するのがセオリーだと言えるでしょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。