楽天銀行ってどう?ATM手数料やスーパーローン、アプリ等も解説!

楽天株式会社の子会社である楽天銀行は、日本のインターネット銀行の中の一つです。2010年に、イーバンク銀行株式会社から商号変更をしています。ここでは、楽天銀行の商品や特徴、取引のメリットなどについて解説していきます。

楽天銀行とは?

楽天銀行はネットバンク

楽天銀行は、インターネット銀行の中で日本最大の口座数を持つ銀行です。また、楽天銀行で行っているハッピープログラムに登録すれば、取引や資産状況によって手数料が優遇されたり、楽天スーパーポイントが貯まるのが特徴です。さらに、楽天証券と連携すると、普通預金の金利が上がったり、資産運用についても強みになる可能性があります。

支店名の調べ方やATM手数料

楽天銀行の銀行コードは、0036です。支店名や支店番号を調べるには、WEBサイトの銀行コード、支店名、支店番号一覧のページ(https://www.rakuten-bank.co.jp/code-branch/)を参照してください。楽天銀行の支店名は、ジャズ支店やロック支店、サンバ支店など基本的には音楽の名前になっています。 楽天銀行のキャッシュカードを使ったATM入出金利用手数料は、提携のATMによって違います。また、楽天銀行の口座を開設した時の特典として、開設月と翌月から6ヵ月間は、月5回までATM利用手数料が無料です。さらに、資産残高やハッピープログラムの中の会員ステージにより、最大月7回までATM利用手数料が0円になります。

通帳なく取引データはWEBで確認

楽天銀行では、預金に対しての通帳の発行はしていません。取引履歴を見たい場合は、WEBサイトのマイページにログインして見ることができます。また、有料で取引履歴証明書の発行をしています。

楽天銀行ログイン画面

楽天銀行で取引をするためには、WEBサイトのログイン専用の画面から、ユーザIDとログインパスワードを入力して、ログインボタンをクリックします。楽天銀行のログイン画面では、暗証番号の入力を要求されることはありません。また、ログインパスワードと暗証番号の両方を入力する画面はありませんので、なりすましサイトには注意をしましょう。

キャンペーンでポイントゲット

楽天銀行では、時期によっていろいろなキャンペーンを行っている場合があります。例えば、新規の口座開設や住宅ローンの借り換えで、現金や楽天スーパーポイントなどが貰えるキャンペーンがあります。さらに、キャンペーンによっては、サービスを利用するだけで、楽天スーパーポイントが貯まることもあるのです。

楽天銀行カードの種類は?

キャッシュカードとクレカ

楽天銀行には、普通のキャッシュカードの他に、クレジットカードの機能がついたキャッシュカードがあります。楽天銀行のクレジット機能が付いたキャッシュカードは、提携クレジット会社によって3種類あります。また、どのカードも発行手数料が無料でETCカードの発行が可能です。 1種類目の「楽天銀行カード」は、年会費無料で楽天スーパーポイントが貯まります。2種類目の「楽天銀行セディナカード」は、セディナの提供するクレジットカードが付いていて、わくわくポイントが貯まります。3種類目は、年会費無料で九州カードが提供する「楽天銀行ジョーヌカード」です。

楽天銀行デビットカード

楽天銀行では、JCBとVisaのデビットカードがあります。JCBには、楽天銀行パンダデビットカード(JCB)や楽天銀行デビットカード(JCB)の2種類あり、どちらも年会費無料です。 一方、Visaには、年会費3,086円(税込)の楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)があります。また、年会費1,029円(税込)の楽天銀行デビットカード(Visa)もあります。

楽天と銀行のクレカ二枚発行は不可

すでに、クレジットカードである楽天カードを持っている人は、クレジット機能が付いているキャッシュカードである楽天銀行カードを発行することはできません。なぜなら、楽天カード会員が楽天銀行カードを発行できると、重複して発行することになるからです。楽天カード会員で、楽天銀行カードを持ちたい人は、「楽天e-NAVI」から切替発行の手続きができます。

個人と法人の取引の違い

個人ができること

個人が楽天銀行でできることは、普通預金口座の開設や定期預金、外貨預金の取引などができます。また、FXや投資信託などの資産運用も可能です。さらに、国内振込や海外送金などの資金移動や、カードローンや住宅ローンなどの借り入れができます。

法人でできること

法人が楽天銀行でできることは、法人ビジネス口座の開設や定期預金、外貨預金ができます。また、振込や海外送金だけでなく、最大30件までまとめて振込ができる一括振込のサービスもあります。さらに、導入費用や月額基本料がかからずに、給与や賞与の振込も可能です。

楽天銀行のローンは?

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行のスーパーローンは、申込した時の年齢が満20歳以上62歳以下で安定した収入がある人が申し込めるカードローンです。申し込みは、WEBサイトで完結できて、必要書類などは専用の証明書類送付アプリで即時に提出できます。 スーパーローンの借り入れ方法は、ネットキャッシング・電話で振込・提携ATMからのキャッシングの3種類の方法があります。また、返済方法は、毎月の口座引き落としで、引き落とし先は楽天銀行でなくても大丈夫です。

業界最低水準金利の住宅ローン

楽天銀行の住宅ローンは、自社商品とフラット35の2種類を取り扱っています。その特徴は、銀行業界でトップクラスの金利の低さです。 また、事務手数料も銀行業界の中で最低水準を保っていて、保証料や繰上返済手数料は無料です。さらに、フラット35は、2016年度累計実績で取扱件数が銀行業界No.1となっています。

楽天銀行アプリは何ができる?

楽天銀行アプリで入金

楽天銀行のアプリは、楽天銀行での取引や、ATM検索、書類の送付まで、20種類以上のサービスを簡単に行うことができます。さらに、アプリは立ちあがりが早く、IDの入力が不要です。

ATM手数料を無料にする方法

提携ATMからの楽天銀行口座の入出金には、基本的にATM利用手数料がかかります。しかし、ATM利用手数料を無料にする方法があるのです。 まずは、3万円以上の入金であれば、ATM利用手数料がかかりません。また、楽天銀行が行っているハッピープログラムに登録をすると、会員ステージにより最大月7回までATM利用手数料が0円になります。

まとめ

楽天銀行では、お得に取引ができるようになるハッピープログラムの他、キャンペーンなども随時行っています。カードローンや住宅ローンなども業界トップクラスの金利水準です。楽天銀行にはメリットがたくさんありますので、この機会に楽天銀行の取引を考えてみてはいかがでしょうか。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。