郵便局で新札と交換する方法は?手数料や土日について・銀行での両替も

今回は「郵便局で新札と交換する方法」をテーマに、手数料や土日について、また銀行での両替などについても紹介していきます。ゆうちょのATMで引き出した際に、ピン札で出てきたという事はあっても、必ずしもそうとは限りません。この記事で、急に新札が必要となった時でも慌てず行動できるように参考にしてみて下さい。

新札が必要なシーンとは

新札が必要なシーン①結婚式などの慶事

結婚

新札が必要なシーン1つ目は「結婚式」などの慶事への出席の際ですよね。結婚式に出席する際には、「ご祝儀」を準備するのは一般的なマナーです。そして、二人の新しい門出を祝うという意味でも、新札を入れて渡すというのは結婚式に出席する際の周知の事と思います。

逆に、結婚式に新札以外のお金を入れて渡すというのは、マナー違反と取られますので、初めて結婚式に出席するという方は、気をつけておいた方が良いと思います。新札=お祝い、という意味合いもありますので、その点を覚えておきましょう。この事を知らずにいると、恥をかく事にもなるので注意しましょう。

新札が必要なシーン②出産祝い

出産

新札が必要なシーン2つ目は、「出産祝い」です。出産も結婚式と同様に、新しい命の誕生を祝うという意味合いで渡しますよね。その為、新札を準備しておくというのもマナーです。友人の赤ちゃんが生まれたりした場合には、多くの人が「物」を選ぶと思いますが、場合によっては買いに行く暇がないという事もあるでしょう。

そんな時には、出産祝いとして「現金」を渡すというのも一つの手です。出産というのも、結婚式と同様、何かと物入りな事も多いと思いますので、現金で渡した方が喜ばれる事も少なくありません。その為、現金を出産祝いとして渡すという方は、新札を渡すと相手もあなたの事を「常識人」として見ると思います。

新札が必要なシーン③新築のお祝い

お祝い

新札が必要なシーン3つ目は、「新築祝い」です。兄弟などが家を新築した場合には、現金を渡すという事もあると思います。新築すれば、新しい家具を揃えたり、家の備品などで何かとお金が掛かると思いますので、そういう意味でも現金を渡した方が喜ばれる事も多くあるでしょう。

そういう場合にも、新札で渡すというのは基本的なマナーです。今まで見てきたように、新しい門出を祝うという場面では、「新札」を準備するというのがマナーとも言えます。ここに、新札を準備する際に参考になる記事がありますので、併せて読んでみて下さい。

Small thumb fotolia 160762219 subscription monthly m
銀行で新札に両替するには?みずほやUFJ、土日の場合など解説

郵便局で新札に交換してもらうときのポイント

郵便局で新札に交換してもらうポイント①新札を確保している店舗は少ない

お札

ゆうちょで新札に交換してもらうときのポイント1つ目は、「新札を確保している店舗は少ない」という事です。郵便局の仕事は、あくまでも切手やはがきの販売、荷物の郵送、貯金事業ですので、お金を扱うという意味では郵便局よりも銀行の方が秀でる部分は多くあると思います。

また、銀行はお金を扱う機関ですので、新札を確保している枚数も郵便局に比べると、圧倒的に多いと思います。その為、確実に新札が欲しい、という場合には、郵便局よりも銀行に行った方が確実に手に入るという事です。しかし、銀行の方が店舗が閉まる時間が早いという意味ではゆうちょの方が利便性はいいかもしれません。

郵便局で新札に交換してもらうときのポイント②あらかじめ電話して確認

電話

郵便局で新札に交換してもらうときのポイント2つ目は、「あらかじめ訪れようとしている郵便局に新札があるか確認してから出掛ける」という事です。銀行のようにいつも新札があるか、と言われれば、答えは「NO」です。場合によっては、両替自体を断られてしまう事もあるでしょう。

先ほども言いましたが、銀行のように新札を毎回確保しているわけではないので、そういう意味でも忙しい時には煙たがられる事もあるかもしれません。そういう意味でも、あらかじめ郵便局に電話を掛けて出掛ける事で、時間を無駄に使う事もなくなります。そういう意味でも、両替できるかどうかの確認は必須です。

ここに、ゆうちょで新札に交換する方法や窓口やATMを利用して新札に交換する方法を紹介している記事がありますので、この記事を参考に郵便局で新札に交換する際の注意点などを学んでみて下さい。知っておくと、急に新札が必要となった場面でも慌てずに済むと思います。

郵便局で新札に交換する方法!窓口やATMの利用方法や手数料とは?

郵便局で新札に交換してもらう方法・手数料についても

郵便局で新札に交換してもらう方法①郵便窓口で交換してもらう

交換

郵便局で新札に交換してもらう方法1つ目は、「郵便窓口で交換してもらう」という方法です。郵便窓口を利用する事で、新札に交換してもらえる可能性があります。しかし、先ほども言いましたように、基本的には両替業務は行っていませんので、そういう意味でも店舗によって対応の違いはあると思います。

しかし、郵便局というのは、貯金業務を行っているという事もあり、現金を保有している数も多いですので、そういう意味では新札がある可能性も高いと言えます。そうは言っても先ほども説明したように、必ずしも新札があるとは限りませんので、あらかじめ電話で確認してから行くというのが確実だと思います。

郵便局で新札に交換してもらう方法②郵便窓口では手数料無料

ゼロ

郵便局で新札に交換してもらう方法2つ目は、「ゆうちょの窓口で新札に交換してもらっても手数料は基本的に無料」という事です。郵便局は、銀行とは違って両替サービスというのは、基本的に行っていませんので、手数料が掛かるという事はありません。あくまでもサービスとして行っているのです。そこを覚えておきましょう。

郵便局で新札に交換してもらう方法③土日なら郵便局のATMで新札に交換

カード

郵便局で新札に交換してもらう方法3つ目は、「郵便局のATMで新札に交換する」という方法です。郵便局に設置されているATMで新札に交換するというのは、基本的には自力で行う方法という事になります。簡単に説明すると、新札が出てくるまで現金の出し入れを交互に行うだけというシンプルな方法です。

郵便局に口座があれば、ATM手数料は掛かりませんので、手数料を取られずに済みます。ここで、なぜ郵便局に設置されているATMなのかと言うと、コンビニなどに設置されているATMでは、現金の出し入れを行う度に、手数料が発生してしまうという事がネックになるからです。

そういう意味でも必ず郵便局に設置されているATMを利用するようにしましょう。ここに、郵便局で新札に交換してもらう場合、おすすめの方法や手数料、交換可能時間に至るまで詳しく説明している記事がありますので、この記事を参考に急に新札が必要となった場合には、併せて読んでみて下さい。

郵便局で新札に交換してもらう方法・交換可能時間・手数料相場

郵便局で新札に交換してもらえる時間や曜日

ゆうちょの窓口だと9時~17時までの間に訪れるのがベスト

時計

郵便局で新札に交換してもらえる時間は店舗によって多少の違いはありますが、多くの店舗が17時まで営業しています。銀行の窓口は、15時で閉まってしまう所が多いので、そう考えると急に新札が必要となった場合にも、安心感がありますよね。郵便局も大きな局になると19時まで営業していたり、24時間の所もあります。

最寄りの郵便局が何時に閉まってしまうのかを確認し、お昼休憩などに外出ができる方は、できるだけ昼休憩の間に済ませてしまうというのも一つの手です。しかし、注意が必要なのは、窓口での交換をしたい場合には、15時までという事も多くありますので、事前確認はしっかり行って出掛けましょう。

ゆうちょの窓口での交換を希望なら平日のみ営業時間内に

カレンダー

窓口での交換を希望しているのであれば、平日に郵便局に行く必要があります。ゆうちょによっては、大きな店舗だと土日も営業している店舗もありますが、多くが平日のみでカレンダー通りの営業となります。その為、ゆうちょの口座を持っていないという場合には、どうしても窓口での交換という事になります。

仕事を抜ける事ができたり、平日休みの仕事であれば問題ないのですが、多くの人がなかなか行く時間が取れないという人もいるでしょう。そういう人は、大きな店舗に行ってみると仕事が終わってから行く事も可能な場合があります。もし、それも無理という場合には、この機会に郵便局の口座を作りましょう。

ここに、ゆうちょの窓口の営業時間などについて、詳しく触れている記事がありますので、新札に交換する際の参考にしてみて下さい。郵便局に普段、行く機会がない人には馴染みのない事が多いと思いますので、そういう意味でも併せて読んでみると、役に立つ事も多いと思います。

Small thumb fotolia 182418240 subscription monthly m
ゆうメールの送り方を解説!窓口から送れば着払いも可能

郵便局以外で新札と交換してくれるところは

銀行の両替機で新札に交換する

新札

郵便局以外で新札に交換してくれる場所1つ目は、「銀行に設置されている両替機」で交換するという事です。窓口で新札に交換してもらうというのは、確実な方法ではありますが、その分、時間が掛かってしまう事もあります。また、場合によっては窓口に並んでいたとしても、両替機に誘導される事もあるでしょう。

両替機を使えば、時間短縮にもなりますので便利なのですが、使用するにはその金融機関のキャッシュカードか両替専用のカードが必要となるので、その点も注意が必要です。また、店舗によっては両替機を備え付けていない事もありますので、事前にその点も確認しておく必要があると思います。

また、銀行の窓口は、15時までと郵便局に比べると早めに閉まってしまいますので、そういう意味でも平日休みが取れない仕事である場合には、難しい事も多いと思います。両替機自体も、営業時間内しか使用できませんので、やはり銀行を利用するとなると何かと不便さを感じる事も多いでしょう。

銀行のATMでピン札に交換する

お札

郵便局以外で新札に交換してくれる場所2つ目は、「銀行のATMで新札に交換する」という方法です。これは、郵便局での新札に交換する方法でも紹介した方法で、新札が出るまでお札の出し入れを繰り返すという原始的な方法です。また、銀行内に設置されているATMを利用する方が新札の遭遇率も高いと言えます。

大きな銀行の店舗であれば、営業時間外でもATMを利用する事ができますので、スムーズにATMを利用する事も可能です。しかし、確実に新札が出てくるという保証はありません。また、あまり頻繁にお札を出し入れしていると、周囲の目も気になると思いますので、周囲の空気を読みながら行いましょう。

スーパーで新札に交換してもらう

スーパー

郵便局以外で新札に交換してくれる場所3つ目は、「近所のスーパーで新札に交換してもらう」という方法です。銀行に行く時間も郵便局に行く時間もなく、すぐに新札が必要という場合には、普通のスーパーで新札に交換してもらえるよう頼む事もできます。しかし、これはあくまでも迷惑覚悟の行為ですので注意しましょう。

大きなスーパーや忙しい時間帯であれば、断られる可能性の方が高いですが、ダメ元で忙しくない時間帯を狙ってお願いしてみると、案外スムーズに交換してもらえる事もあります。しかし、両替のサービスを行っているわけではないので、確実に新札があるとも限りません。また、丁寧にお願いする事も大事なポイントです。

コンビニなどではよく、「両替お断り」の貼り紙をよく目にしますが、スーパーも同様の理由で断られる事もあります。しかし、店員さんによってはあなたが必要としている事を哀れに思って交換してくれるという事も期待できます。基本的には、銀行で両替するのがマナーですが、裏技として覚えておくと役に立つでしょう。

ホテルのフロントで両替してもらう

ホテル

郵便局以外で新札に交換してくれる場所4つ目は、「ホテルのフロントで交換してもらう」という方法です。結婚式がホテルで行われる場合、少額ですがホテルのフロントで交換してもらえる可能性もあります。結婚式がある日には、新札の需要が高くなるという事もあり、フロントに準備してある事も多くあります。

最近では、結婚式場やホテルなどでは当たり前のように新札への両替サービスを行っている事がほとんどだというから驚きですよね。しかし、そうは言っても事前に新札を準備し、ご祝儀袋に包んだ状態で持ってくるというのが、結婚式に出席する際のマナーでもあります。この事は、しっかりと覚えておきましょう。

会社の経理に尋ねてみる

経理

郵便局以外で新札に交換してくれる場所5つ目は、「会社の経理に新札がないか尋ねてみる」という方法です。明日新札が必要だった、という場合には、すぐに準備しようにも仕事が立て込んでいれば、銀行に行く暇はもちろんありませんよね。そんな時には、会社の経理に相談してみるというのも一つの手です。

経理に行けば、必ず現金はあると思いますので、新札があるかどうかはわかりませんが、あったらラッキーくらいに考えておきましょう。しかし、会社同士の付き合いで新札が必要になる事も多いので、そういう意味では聞いてみる価値はあると思います。

自宅のアイロンでお札のシワを伸ばす

アイロン

こちらの方法は番外編にもなりますが「自宅のアイロンでシワを伸ばす」です。銀行に行く時間もなく、どこに行っても新札への交換を断られてしまったという場合には、最終手段を利用する他、ありません。この方法もシンプルで、お札にスプレーで水を吹きかけて、自宅にあるアイロンでシワを伸ばすだけです。

スプレーしてアイロンするだけでも新札のようにシワのないお札になります。急に必要になったり、新札を準備しておくのを忘れてしまったという場合には、最終手段としてこのような方法があるという事を覚えておくと、きっと役に立つと思いますよ。しかし、お札がない事にはできませんので、準備はしっかりしておきましょう。

ここに、意外と知らない新札(ピン札)を入手する方法をまとめた記事があるので、併せて読んでみて下さい。自分では思いつかなかった方法も多数あると思いますので、すぐにピン札が必要となった場合や、近く結婚式への出席を控えているという場合には、参考にしてみて下さい。

意外と知らない新札(ピン札)を入手する7つの方法

郵便局で新札に変えるにはATMを利用するのがおすすめ

今回は、「郵便局で新札に交換する方法」をテーマに、新札に交換できる曜日や時間帯などにも触れてお話してきましたが、いかがでしたか?ゆうちょでピン札に変えるには、銀行のように両替のサービスがないという事もあり、確実に新札を手に入れるという事は難しい事も多々あると思います。

しかし、銀行だと窓口が15時には閉まってしまうという事もあり、仕事をしながら銀行を訪れるという事は、難しい事も多いですよね。そういう場合には、ゆうちょに設置されているATMを利用して新札を手に入れるという方法が一番おすすめです。お金を出し入れする手間はありますが、高い確率で新札が手に入ります。

また、今では結婚式が行われる式場やホテルなどで両替サービスを行っている所も増えてきました。その為、あくまで最終手段となりますが、式場となっているホテルなどで両替してもらうというのもいいでしょう。しかし、確実にあるとも限りませんので、やはり事前に準備するのが一番です。ぜひ余裕を持って準備しましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。