みずほ証券ipoの買い方やルールのまとめ!手数料やペナルティは?

IPOとはこれから新規上場する株のことをいいますが、新規上場前に購入し、上場後に売却することで大きな利益を生み出せる可能性があります。このページではみずほ証券IPOの購入方法や手数料、ペナルティなど詳しく解説します。

みずほ証券IPOを買いたいなら

申し込み方法

みすほ証券IPOを購入するためには初めに口座開設をする必要があります。インターネット上の入力フォームへ必要事項を入力すると、後日書類が送られ、必要事項を記入して郵送するとみずほ証券カードが届き、口座開設することができます。 また、口座開設した後のみずほ証券IPOの購入申請や抽選結果の確認、購入手続きも全てインターネット上で行うことが可能です。

手数料

みずほ証券IPOを購入するには、上記の通り、まず口座開設をする必要がありますが、みずほ証券の口座開設や口座管理にかかる手数料はなく、すべて無料で行うことができます。また、口座開設後にみずほ証券IPOを購入する際も手数料はかかりませんので、口座開設から購入まで一貫して手数料はかからず、かかる費用はIPO株の購入対価のみとなります。

店頭での購入

みずほ証券IPOの口座開設、購入はインターネット上だけではなく、みずほ証券の実店舗でも行うことが可能。みずほ証券は相談会サービスを行っており、事前にインターネット上の所定のフォームより予約することで、無料で相談に乗ってもらうことができます。 相談会サービスを利用することで、みずほ証券の職員さんと直接話をすることができるため、口座開設や株購入の際の疑問を解決できるでしょう。

みずほ証券IPOのルール

抽選方法

みずほ証券に口座開設をし、購入したいみずほ証券IPOに購入申請をすると、抽選が行われ、当選すると希望した株を購入することが可能です。みずほ証券IPOは、今までの取引の有無や、取引の金額に関わらず、コンピューターにより公正に抽選されます。ですので、初めての方で少額取引の場合でも、みずほ証券IPOを購入できる可能性があります。

前受け金が必要

みずほ証券IPOの抽選は公正に行われますが、どのIPO株へも購入申請ができるわけではありません。みずほ証券IPOの抽選に参加するためには、多くの場合、みずほ証券の口座に最低でも仮条件の上限分を前受け金として入金しておく必要があります。みずほ証券の口座への入出金は銀行やコンビニ、インターネットから行うことができます。

重複して他のIPOに申し込み可能

みずほ証券では、同一の資金で複数のIPOに申込みすることができます。ただし、複数のIPOに申し込みをする場合には、購入価格が最も大きい金額の銘柄の購入金額分を前受け金として入金しておく必要があるでしょう。 また、複数のIPOに申し込みし、ある銘柄に当選した場合、そちらに入金すると申込みした残りの銘柄は抽選されなくなります。

みずほ証券IPO買い方

上場初日、売買開始日の6時から

みずほ証券IPOの抽選申し込み・取り消しは平日でしたら午前6時から翌1時まで、土・日・祝日でしたら午前7時30分から翌1時まで行うことができます。なお、最終日は午前10時で締め切りです。 また、購入の申し込み・取り消しも抽選の申し込みと同様の時間で行うことができますが、最終日の締め切りは15時30分までとなります。

当選したIPOの買い方

みずほ証券IPOに抽選申し込みをし、当選した場合にはみずほ証券ネット倶楽部から購入申し込みへ進むことができます。抽選に当選しても必ず購入しなければならないというものではなく、当選後でも購入を辞退することが可能です。
また、当選したIPO株を指定期間内に購入申し込みしなかった場合は、自動的に購入を辞退したものとみなされ、購入できなくなってしまうので注意が必要です。

補欠当選した場合

抽選の結果は当選・落選の他に補欠当選というものがあります。当選した人がIPO株の購入を辞退したり、見送りしたりした場合、補欠当選した人にIPO株を購入できる権利が与えられるのです。 補欠当選し、IPO株を購入したい場合には購入申し込みをする必要がありますが、購入申し込みをして当選した人の辞退を待っている間は資金が拘束されるため、その資金を使って他の抽選に申し込むことができなくなります。

IPOは上場初日に売れる?

初値売りしたい

抽選に当選し、購入したみずほ証券IPO株は上場初日に売ることが可能です。また、上場する日の初値が付く午前9時前に成行で売り注文をしておくと、初音でIPO株を売ることができます。 上場後のIPO株は注文が殺到し、株価が激しく乱高下することが多いので、初値売りをすることで株価の乱高下に巻き込まれることなく売却することができる可能性があります。

即日預託規制の時

新規上場株に買い注文が殺到した場合、相場の著しい加熱を防ぐため、金融商品取引所が即日預託規制を行います。即日預託規制が行われると、買付代金は即日に現金で預託しなければならなくなります。 みずほ証券ネット倶楽部においても買い注文を行うことはできなくなりますが、売り注文に関してはネット倶楽部で注文が可能です。

ペナルティや実績は?

2017年の主幹事と平幹事実績

主幹事とは新規公開株の審査・アドバイスなどを行い、新規公開に関して責任を負う会社のことです。主幹事になると責任が大きくなる分、扱うことのできる株数が多くなります。 みずほ証券の2017年の主幹事数は14社、平幹事数は46社あり、これは証券会社の中でトップクラスの数です。また、みずほ証券の主幹事数は年々増加する傾向にあります。

当たらない時

IPO株は人気があるため、抽選の倍率が高く当選しないことが多いです。みずほ証券が主幹事の場合には、みずほ証券で取引できる株数が多くなるので、みずほ証券が主幹事のIPO株の抽選に申込みするのも一つの手段です。 また、みずほ証券では複数抽選に申し込むことができるので、できるだけ多くの銘柄に申込みしておくことで、当選の確率は上がります。

ペナルティはなし

抽選に当選したものの購入を辞退した場合、証券会社によっては1か月間IPO株への申し込みができなくなる等のペナルティを課すことがありますが、みずほ証券ではそのようなペナルティはありません。 当選したものの購入申請が遅れてしまい購入できないという場合も考えられますが、そのような場合でもみずほ証券ではペナルティは発生せず、すぐに新たなIPO株の抽選に申し込むことができます。

まとめ

IPO株はローリスクでハイリターンを生み出す可能性が大きく、人気のある株です。そのため、IPO株は購入希望者が多く、購入するためにはまず抽選に当選する必要があります。みずほ証券では重複で抽選の申し込みができる上、抽選は公平でペナルティもありません。抽選の倍率が高いことが多いですが、主幹事はどこかなどをよく考え抽選に参加してみてはいかがでしょうか。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。