ガス代の節約方法は?一人暮らしのガス代平均や高い原因も解説

日々使うのがガスですが、ガス代が高くて困っている、という人も中にはいるのではないでしょうか。この記事では、ガス代を節約する方法について確認していきましょう。ガス代節約のためには、ガス代の世帯別平均や高くなる原因についても知っておく必要がありますので、まとめて解説します。

ガス代の平均

一人暮らしのガス代平均

光熱費の中でも、ガス代は一人暮らしだからこそ高くなってしまうことが多いです。2人暮らし以上であれば、お風呂や料理にかかるガス代は、一人暮らしの場合と比べて一人当たりの額は安くなります。 一人暮らしの平均ガス代を1カ月でみてみると、夏は2,408円、冬は4,155円です。夏と冬で差が大きくなりますが、この夏と冬の差は地域によって異なるので注意が必要です。冬に寒い地域では、特に冬のガス代が高くなりがちです。

ふたり暮らしのガス代平均

ふたり暮らしのガス代平均は、5,000円台前半です。 ただし、このガス代は勤労者世帯や勤労者世帯以外、無職世帯といった、世帯の状況によって異なります。安くなるのは無職世帯で5,079円、高くなるのは勤労者世帯で5,444円、という調査結果が2015年の政府統計によって示されています。 世帯構成だけでなく、世帯の年代によってもガス代の平均は変わってきます。29歳までの世帯は比較的安く、50歳代の世帯になるとガス代の平均は高くなるのです。

4人家族暮らしのガス代平均

4人家族暮らしのガス代の平均は、6,115円となっています。世帯内の人数が増えていくにつれて、ガス代の平均は上がっていきますが、4人以上の世帯になるとガス代の平均に大きな差は出にくいです。 例えば、5人暮らし世帯ではガス代平均が6,437円、6人暮らし世帯では6,490円です。その差は数十円で、ほとんど差がありません。つまり、家族の人数が増えるほど、1人あたりのガス代は減っていく、ということがわかるでしょう。

プロパンと都市ガスの基本料金の比較

プロパンガスの基本料金

ガス代が高いと感じている場合は、そのガスの種類についても注目してみてください。プロパンガスを使用している場合は、都市ガスに比べて料金は高くなります。 ガス代の目安は、プロパンガスの場合で基本料金は1,500円~2,000円、1㎡あたりガス代は500~700円です。これは、都市ガスの料金と比較すると高めの価格設定になっています。 プロパンガスの熱量は都市ガスの約2倍であり、また、プロパンガスは自由料金設定であるためこのような違いが生じています。

都市ガスの基本料金

都市ガスの場合、基本料金は1,000円強、1㎡あたりのガス代は150円程度です。プロパンガスの料金は都市ガスに比べて、基本料金は約1.5~2倍、1㎡あたりのガス代は3倍以上にもなります。 都市ガスとプロパンガスでなぜこのような大きな差が生じるのかというと、料金設定方法の違いに原因があります。都市ガスは公共料金であり、ある程度一律の料金設定がなされているのに対し、プロパンガスは自由料金で、業者が好きに価格を設定できるからです。

ガス代が高い原因

単価が高いガスを使っている

ガス代が高いと感じている人は、まず原因について考えてみるとよいでしょう。ガス代が高くなる原因のひとつに、単価の高いガスを使っていることが挙げられます。 プロパンガスは都市ガス比べて1㎡あたりのガス代が高いため、同じ量のガスを使っていても支払い額が高くなってしまいます。プロパンガスの1㎡あたりの料金を計算するためには、請求額から基本料金を引いて、その額をガスの使用量で割ってください。

冬のガス代が高くなる原因

ガス代は季節によって差があります。多くの地域では、夏よりも冬の方がガス代は高くなります。冬のガス代が高くなる原因はいくつかありますが、気温が低いため必要なガス使用量が増える、というのが大きな原因でしょう。 気温が低いと、同じ温度のシャワーを浴びるためにも、よりたくさんのエネルギーが必要になります。また、シャワーを浴びる時間や温かいお湯を使う時間も夏より冬の方が長くなる、とも言われているからです。

ガス代を節約する方法

お風呂でのガス代節約方法

お風呂は温かいお湯を大量に使うため、ガス代を節約するためには、お風呂でのお湯の使い方を見直すとよいでしょう。 まず、お湯に浸かる場合は、家族全員お湯が冷める前に入るようにすることで、追い炊きやお湯の追加にかかるガスを削減することができます。 また、シャワーの温度を1度下げるだけでも節約が可能です。1度温度を下げるだけでは、体感する温かさは大きく変わらないので、簡単に節約ができます。

キッチンでのガス代節約方法

キッチンも大量のガスを必要とする場所です。ガスコンロでの調理の他、食器洗いなどに使うお湯にもガス代がかかります。 さらに、ガスコンロを使う場合には、火力を強くしすぎないことを意識しましょう。鍋からはみ出すほどの火は効率がよくありません。 また、食器洗い機を使うと、手で食器を洗うよりガス代が安くなる場合が多いです。食器洗いにかかる時間も削減でき、便利さと節約のどちらも達成することができます。

オール電化やIHに変更する

ガス代を節約するためには、できるだけガスを使わないようにすることが必要です。そのひとつの手段として、ガスを節約するのではなく、オール電化やIHに変えてガスを使わない、という方法も考えられます。 ガスを使う場合よりも電気を使った方が、光熱費の合計を安くすることができます。また、電気料金自由化によって、電気代での格安なプランを選択することもできるようになったため、可能であればぜひ検討してみてください。

まとめ

ガス代を節約するには、お風呂やキッチンでの節約の他に、プロパンガスから都市ガスに変える・オール電化にする・IHに変更するなど、様々な方法があります。 節約方法について考える前に、どうしてガス代が高くなってしまうのか、平均的なガス代はいくらなのか、といったことをまず考えてみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。