イオンモバイルのMNP転出・転入方法!手数料や日数は?

MVNOの中の1つであるのが、イオンモバイルです。今回は、イオンモバイルにMNP転出する場合・MNP転入する場合の、それぞれの手続き方法や注意点を解説します。さらに、乗り換えにかかる手数料や利用までにかかる日数もまとめて紹介します。

イオンモバイルのMNP転出方法

まずは電話して予約番号を取得しよう

イオンモバイルからMNP転出を行う場合、電話で予約番号の発行を受ける必要があります。電話番号は、0120-025-260(フリーコール、10時から19時受付)です。 ただし、その場で発行ではなく、3日ほど時間がかかるためご注意ください。取得完了後、SMSで予約番号の通知が届きます。 また、「イオンモバイルご契約者さま専用マイページ」からも確認できるようになるため、転出先のキャリアにMNP予約番号を知らせて手続きをしましょう。

手数料は発生しないが例外あり

イオンモバイルでは、音声プランの場合やデータSIMプラン関係なく、解約時の手数料(契約解除料金)は発生しません。 ただし、MNP転出の場合はMNP転出手数料がかかります。MNP転出手数料は、契約から180日以下の場合で8,000円、契約から181日経過後の場合で3,000円となっています。手数料を払わずに解約をしたい、という方は、通常解約して別の番号で他社と契約しましょう。

イオンモバイルのMNP転入方法

店舗(即日含む)かウェブの2択

イオンモバイルにMNP転入をする場合は、イオンモバイルの店舗、もしくはインターネットで行います。 店舗で行う場合、「ご契約即日お渡し店舗」であれば当日の手続きも可能ですが、「後日配送お渡し店舗」の場合は一旦店舗で契約後、SIMカードが自宅に届きます。 インターネットで行った場合も、ネット手続き後自宅にSIMカードが届くため、契約から実際の利用まで時間がかかります。特に、店舗で行う場合は、即日対応可能な店舗か確認してから手続きをするようにしてください。

いずれの場合も必要なものは3つ

MNP転入時には必要なものが3つあります。本人確認書類(運転免許証など)、クレジットカード(月額料金の支払い用、デビットカードは不可)、そしてMNP予約番号です。 MNP予約番号は、現在利用している番号をそのままイオンモバイルで使うために必要になるため、必ずMNP転出を行うキャリアで手続きして準備しておいてください。 なお、通常MNP予約番号には15日間の有効期限がありますが、イオンモバイルでは後日配送の店舗もあるため、10日以上有効期限が残っていなければ手続きできません。有効期限には注意しましょう。

MNP予約番号発行をうけておこう

転入時に必要なMNP予約番号は、MNP転出を行うキャリアで発行してもらいます。 MNP予約番号の発行時、MNP転出費用や、キャリアの契約期間が最低利用金を満たしてなかった場合などの解約金(契約解除料)が発生する場合があります。手続きの際に一緒に確認しておくことがおすすめです。 また、月額料金に関しても、キャリアによっては月末までの満額が発生する場合もあれば、解約日までの日割り計算となる場合もあるため、よく確認しておきましょう。

MNP転出・転入でのポイント

「MNP弾」としての利用もあり

「MNP弾」とは、一時的にMVNO(格安SIMの会社)で契約し、大手キャリアなどで自身の好みの端末やお得なキャンペーン等あった場合、再度目当ての会社に乗り換えることです。 特にイオンモバイルの場合、基本的に契約プランがお得なことと、契約解除料が3,240円、180日以内でも8,640円と解除料金が安いため、MNP弾として利用する場合もあります。

即日対応の店舗以外だと空白の時間も

例えばMNPでA社を転出して、イオンモバイルに転入する場合、イオンモバイルにMNP予約番号を伝えて契約が完了した段階でA社との契約が切れます。そのため、手続きした店舗が即日対応の店舗であれば問題なくそのまま利用可能です。 しかし、即日対応のできない店舗や、WEB登録でイオンモバイルに転入する場合、契約手続き完了後から実際にSIMが自宅に届くまで、2~3日程度の日数がかかります。 つまり、その間というのは、イオンモバイルと契約しているがSIMカードがないため、スマートフォンが利用できない空白の時間、ということです。 契約からSIMカードが届くまでの空白の時間をなるべく作りたくない人は、契約前に即日対応可能な店舗か確認後、契約するようにしましょう。

大手キャリア・ドコモからでも大丈夫

大手キャリアであるドコモから、イオンモバイルに乗り換えることも可能です。ドコモからの場合、イオンモバイルがドコモ回線を利用しているMVNOの会社であるため、SIMロック解除ができない端末でも持ち込みでそのまま利用可能です。 通常、キャリアで購入した端末の場合、他社のSIM利用ができないようにSIMロックがかかっており、端末購入後180日間はロックが外せません。 MNPの予約番号は、店頭か151(ドコモのスマートフォン、もしくは携帯電話からの場合)のお客様センターに電話することで、その場で発行してもらえます。 店頭の場合は用紙、電話の場合はSMSでMNP予約番号をもらえるため、その用紙とSMSをもってそのままイオンモバイルで契約を行えば大丈夫です。

まとめ

イオンモバイルの場合、MNP転出、転入どちらも手続きまでに時間がかかります(MNP転入時の即日対応店舗は除く)。そのため、もし検討している場合は、契約に焦ることがないよう期間に余裕をもってMNPの手続きをするようにしましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。