SBI証券へのログイン方法3つ!PC・スマホ・アプリから取引可能

株式会社SBI証券は、オンライン証券事業を専業としたSBIホールディングス株式会社傘下の証券会社です。ここでは、SBI証券へPCやスマホアプリから取引を行うためにログインする方法について、詳しく解説していきます。

PCからログインする方法は?

ここでは、PCからSBI証券の取引を行うために、WEBサイトのログインの方法について説明します。

お客様サイトへログインから

PCからSBI証券の取引を行うためには、SBI証券のWEBサイトからログインをします。ログインは、サイトの右上のログイン情報欄に、ユーザーネームとパスワードを入力して、ログインボタンを押下します。

すべての機能が利用可能

PCからSBI証券のWEBサイトにログインを行うことで、SBI証券の全てのサービスが利用できます。例えば、残高照会や株式、投資信託などの取引ができるようになります。 ただし、FXの取引を行う場合などは、さらにFX専用取引サイトにログインをしないと、取引ができません。また、全ての機能を利用するには、SBI証券の口座を開設する必要があります。

スマホからログインする方法は?

ここでは、スマホからSBI証券の取引を行うために、スマホサイトのログインの方法について説明します。

ユーザーネームか口座番号でログイン

スマホからSBI証券のスマホサイトにログインするには、ユーザーネームを入力する方法と、口座番号を入力する方法の2種類のログインが可能です。ユーザーネームでのログインは、ログインパスワードを入力し、ログインボタンを押下します。 一方、口座番号からのログインは、モバイルパスワード(数字)を入力し、ログインボタンを押下します。どちらの方法でも、自動ログインの設定が可能です。

国内株式の取引や入出金管理が可能

SBI証券のスマホサイトにログインすると、国内株式(現物、信用)や、PTS(SBI PTS)などの取引ができます。さらに、証券口座への入金や出金や振替ができます。

アプリからログインする方法は?

ここでは、スマホアプリからSBI証券の取引を行うためのログインの方法について説明します。

ユーザーネームでログイン

SBI証券のスマホアプリにログインするには、ユーザーネーム及びパスワードを入力してから、ログインボタンを押下します。スムーズに取引を行いたいのなら、自動ログインの設定をしましょう。自動ログインの設定で、次回からすぐにアプリが起動します。

4種類のアプリを使い分けよう

SBI証券のスマホアプリは4種類あり、取引によってそれぞれを使い分けます。まず1つ目は、国内株式の取引(現物、信用、NISA)ができる「株アプリ」です。 2つ目の「HYPER FXアプリ」は、FXの取引の専用アプリになります。3つ目は、先物やオプション取引の専用アプリである「HYPER先物・オプションアプリ」です。4つ目は、CFD(くりっく株365)の取引の専用アプリである「HYPER CFDアプリ」です。

ログインできないときは?

ここでは、PCやスマホからSBI証券のWEBサイトやアプリにログインできない時について説明します。

入力文字に間違いがないか確認

SBI証券のWEBサイトやアプリにログインできない場合、入力している文字や文字数が合っているかを確認します。ユーザーネームは、半角英数で6文字以上16文字以内です。パスワードは、半角英数で6文字以上10文字以内です。

PCから重要なお知らせを確認

SBI証券から利用者に「重要なお知らせ」が配信されることがあります。この「重要なお知らせ」を確認して承諾をしていない場合、一部または全部の取引が、制限されることがあるのです。

パスワードを忘れた場合は再設定を

SBI証券では、ログインパスワードを忘れた場合の再設定方法が3種類あります。1つ目の方法は、所要時間5分でできるWEBサイトでのパスワードの再設定です。 2つ目の方法は、電話でのパスワードの再設定です。この方法は、再設定まで3営業日から4営業日かかります。 3つ目の方法は、書面によるパスワードの再設定です。必要書類を印刷して郵送しますので、7営業日から8営業日必要です。

ユーザーネーム不明は要問い合わせ

ユーザーネームやモバイルパスワードが不明の場合は、SBI証券への問い合わせが必要です。カスタマーサービスセンターに電話、または取扱い店に電話または直接問い合わせをしましょう。

まとめ

SBI証券で取引するためのログインは、PCやスマホアプリから可能です。スマホアプリは、国内株式の取引ができる株アプリの他にも、HYPER FXアプリやHYPER先物・オプションアプリやHYPER CFDアプリに分かれていますので、使いやすく便利に取引ができます。このように便利に利用できる、SBI証券との取引を検討してみてはいかがでしょうか。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。