大和証券アプリでマイナンバー提出はできる?株式取引アプリも紹介

大和証券は、日本にある大手証券会社5社のうちの1社です。そして、歴史がある老舗の証券会社でもあります。ここでは、大和証券で取引をする時のアプリの種類や、マイナンバー提出などアプリで何ができるかについて、詳しく説明していきます。

大和証券のアプリでできることとは?

ここでは、大和証券のマイナンバー登録用アプリや、株walkアプリで国内株式取引をはじめ、何ができるかについて説明します。

マイナンバーの登録

      マイナンバー制度により、新たに証券会社と取引をする場合に、マイナンバーや法人番号の提出が義務づけられました。また、すでに証券会社と取引をしている場合は、2018年末までに、マイナンバーや法人番号を提出しなければいけません。 大和証券でのマイナンバーの登録方法は、3種類あります。1つ目は、マイナンバー登録用アプリを使った届出です。 アプリでの登録方法は、支店コード、口座番号、パスワードを入力してログインします。カードの種類は、個人番号カードまたは通知カードから選択します。選択したカードの写真を撮影して、「この写真を使う」を押下すれば登録が完了です。 2つ目は、取扱窓口でマイナンバーが確認できる書類と、本人確認書類の原本を持参する方法。3つ目は、電話で手続き書類を請求し、郵送により登録する方法です。

「株walk」で国内株式取引

    大和証券の「株walk」は、国内株式取引専用のスマホ専用アプリです。「株walk」では、個別銘柄の詳細情報などのマーケットの情報を見ることができます。最大100銘柄の個別銘柄を登録して、時価や騰落率が閲覧できます。 また、国内株式の現物取引や信用取引が可能です。さらに、国内株式の残高や買付余力の照会や、信用取引の建株や委託保証金率の照会ができます。

「株walk」アプリの使い方

ここでは「株walk」アプリを使って、買い注文する場合の手順や売り注文をする場合の手順について説明します。

買い注文の手順について

    「株walk」アプリを起動したら、支店コード、口座番号、パスワードを入力してログインをします。画面下にある「取引」を押下し、取引画面の現物取引欄の「買付」を押下します。
銘柄指定画面で「銘柄コード」または、「銘柄名」を検索すると、当てはまる銘柄が表示されますので押下しましょう。選択した銘柄の入力(現物買付)の画面になりますので、注文数量などを入力して「確認」を押下します。 確認(現物買付)の画面に変わった後に、「誓約のうえ注文」を押下すると買い注文の取引が可能。さらに、買い注文の内容を確かめるため、画面下にある「注文・約定照会」を押下して取引ができているかを確認しましょう。

売り注文の手順について

売り注文は、ログインをした後に画面下にある「株式残高」を押下します。株式残高画面では自分の保有している銘柄が表示されますので、売りたい銘柄を選択して「現物取引 売付」を押下します。 選択した銘柄の入力(現物売付)の画面になりますので、注文数量などを入力して「誓約のうえ注文」を押下しましょう。さらに、売り注文の内容を確かめるため、画面下にある「注文・約定照会」を押下して取引の確認をします。

FXやNISA(ニーサ)の取引は?

ここでは、大和証券のオンライントレードでできることや、使用できる動作環境について説明します。

サイト上であれば利用可能

  パソコンやスマホのサイトでできる取引が、「株walk」アプリでは取り扱っていない場合があります。例えば、株取引でも中国株や、IPO(新規公開株式)、PO(公募・売出株式)などは、「株walk」アプリで取り扱っていません。

スマホやiPad等の動作環境確認を

   大和証券のオンライントレードで取引を行う時は、動作環境の確認を行いましょう。例えば、スマホやタブレットで、ダイワFXやダイワ365FXの利用は、iOS6やAndroid6.0では推奨動作環境外です。

オンライントレードでできること

   大和証券のオンライントレードとは、商品の売買や、投資に役立つ情報の提供など、大和証券に口座を持っている人専用のサービスです。オンライントレードの特徴は、割安な手数料や、投資情報サービスが豊富なこと、サポート体制が充実していることなどです。また、株式の売買や、投資信託、FXなどだけでなく、証券会社が取り扱っているほとんどの取引ができます。

まとめ

大和証券では、パソコンやスマホやタブレットなどからオンライントレードで、株式の売買をはじめ、いろいろなサービスを利用することができます。また、スマホ専用アプリの「株walk」では、簡単に国内株式の取引ができます。証券会社での取引を考えている人は、大和証券で取引を行うことを検討してみてはいかがでしょうか。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。