mineo(マイネオ)にデビットカードは使える?支払い方法を解説

格安スマホ会社の1つとして知られるmineoですが、デビットカードでの支払いは可能なのでしょうか。もし可能であれば、そのデビットカードの種類は、どのようなものがあるのでしょうか。この記事では、mineoとデビットカードの関係について解説します。

mineoの支払い方法は?

まず、mineoの利用料金の支払いについて解説します。

基本的にはクレジットカード払い

mineoの月額利用料金の支払いは、基本的にはクレジットカードとなっています。mineoで使えるクレジットカードは以下の通りです。 VISA・JCB・マスターカード・アメリカンエクスプレス・ダイナースクラブ ・アプラス・セディナ(OMC)・セディナ(CF)・ ジャックス・イオンクレジッット・ セゾンカード・MUFG(UFJ)・ケイハンカード・NICOS ・オリコ・ 楽天カードカード・ユーシーカード・ライフカード・TS CUBIC CARD(TS3)・KCカード 使えるクレジットカードが多いため、上記の中であれば最低一枚は持っている、という方も多いのではないでしょうか。

eo光ネット契約者は口座振替可能

自宅のインターネット環境をeo光ネットで契約していて、その支払いを口座振替にしている場合は、mineoでも口座振替として支払い方法を選択することが可能です。なお、mineoの支払いにかかる口座引き落とし手数料は無料となっています。

電子マネー払いは現時点で利用不可

mineoでは電子マネーでの支払いはできません。また、国際ブランド付きの電子マネーであっても利用不可です。さらに、各種プリペイドカードであっても利用することはできませんのでご注意ください。

デビットカードは支払いに使えない?

ここまではmineoの基本的な支払い方法について解説してきましたが、肝心のデビットカードはどうでしょうか。詳しく解説していきます。

別途審査通過により使える場合がある

mineoの公式ホームページによると、デビットカードについては登録できない場合がある、との記載だけになっています。つまり、絶対に使えませんという記載がないのです。では、どういったカードであれば使用することができるのでしょうか。 審査に通過し、mineoの支払いに使用することのできるカードは以下の基準となります。 まず、デビットカードの種類によります。デビットカードを発行している銀行によって月次決済が可能かどうかということです。 具体的には、デビットカードを発行した銀行がmineoからの月次決済を拒否していないことが審査通過のポイントとなります。つまり、そのデビットカードがmineoの月々の自動引き落としについて対応していることが条件です。 そのため、銀行側がmineoの支払いを拒否していないかということが大切となり、mineoの審査ではなく、銀行側の審査になる、といっても過言ではありません。 また、mineoの審査基準もあり、合格していないデビットカードであればmineoの審査に通ることはできませんので、月々の支払いはできません。

審査に通りやすいデビットカードは?

月次決済が可能なデビットカード

2018年3月現在、mineoの審査に通りやすいとされるカードは以下の2種類となっています。
  1. スルガVISAデビットカード
  2. ジャパンネット銀行VISAデビットカード
上記2種類のカードの特徴は、水道代・電気代・ガス代・携帯料金代など、毎月必ず支払いが発生する料金に対し、毎月決まった日に引き落としを実行できるカードということです。 つまり、月次決済の利用実績のあるデビットカードですので、これらのカードは審査に通りやすくなっています。逆にいえば、月次決済に対応していないデビットカードは審査に通ることは困難である可能性が高いです。

デビットカードで申し込む際の注意点

mineoをデビットカードで申し込む場合の注意点について、4つの項目を挙げておきます。

契約者とカード名義が同一であること

mineoを申し込む名義とデビットカードの名義は、同一でないと審査に通りません。契約者の情報は、必ず支払いに使用するデビットカードと同じにしておく必要があります。

未成年者のmineo契約申込は不可

デビットカードは中学生を除く15歳以上から所有が可能ですが、mineoでの契約は18歳以上、という年齢制限があります。 また、18歳・19歳の場合は、本人名義での契約は可能ですが、親権者の同意が必須となってきます。18歳未満の場合は、本人名義でのmineo契約はできませんので、使用する場合は親権者名義での契約となるため注意が必要です。

預金残高不足ではない状態で申込む

デビットカードでの申し込みの際は、預金残高に余裕をもって申し込みをすることをおすすめします。預金残高が少ない、または余裕がないとデビットカードでの支払いが困難とみなされ、審査に通りにくくなるとされているからです。 また、残高不足に対処するために、定期預金などを組んでおくこともおすすめです。

引き落とし日はカード会社により様々

mineo側は月末の締め日となっていますが、その締め日にmineoからカード会社に請求がいきます。 その後カード会社から契約者に請求となり、実際の引き落とし日(支払い日)は各カード会社によって異なりますので覚えておきましょう。

まとめ

月次決済に対応しているデビットカードなどを選択し、審査にかけることで、mineoの支払いが可能となることがわかりました。mineoはデビットカードでの支払いが可能な数少ない格安SIMになります。デビットカードでの支払いを考えている方など、mineoを検討してみてはいかがでしょうか。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。