NURO光のONUは何種類?ONU交換時の注意点なども解説

公称の最高速度が2Gbpsと、高速通信を誇るのがNURO光です。NURO光と契約し宅内に光回線をとりこみますが、そこから無線通信したい場合はルーターを購入する必要があるのでしょうか?NURO光が提供してくれるONUの種類と機能について解説します。

NURO光のONUの種類は?

NURO光ONUの詳細

NURO光のONUには3つの機能が備わっています。光信号とデジタル信号を相互に変換する機能とルーター機能、およびWi-Fi機能です。ONU1つでLANケーブルと接続すれば優先接続でき、Wi-Fi機能で端末機器に無線で接続することも可能です。 また最近は、ネットワークストレージ機能をもつONUも含まれています(2018年3月現在)。

無線LANの11acについて

無線LANの通信規格の1つであるIEEE802.11acは、略して11acと言います。公称通信速度は290Mbps~6Gbpsと、光回線にも遅れをとりません。 また、使用する周波数帯は5GHzと、現在の無線の中では高周波になっています。家電製品と混線しやすい2.4GHzではないので、安定して通信を行うことができます。

提供されるONUは5種類

NURO光で提供されるONUは5種類あります。「ZXHN F660A」、「HG8045Q」、「HG8045J」、「HG8045D」、「ZXHN F660T」です。そのうち「ZXHN F660A」と「HG8045Q」の2機種は最新の11ac規格に対応しています。 11acに対応している機器の場合は最高1.3Gbps、対応していない機器の場合は最高450Mbpsとなります。どちらでも十分に満足できる通信速度ですが、せっかく超高速のNURO光を選んだのであれば、ONUも速い方がおすすめです。

ONU接続方法と設定

ONUの接続方法は、まず電源コンセントを入れ、無線接続の場合はパソコンやスマホなどの端末でWi-Fiの設定を行うだけです。 Wi-Fiの設定画面にNURO光のネットワーク名(SSID)がでるので、NURO光のSSIDを選択し、本体側面に貼られている製品シールに記載された暗号化キー(パスワード)を入力すれば設定完了です。

11ac対応機種の指定はできるの?

事前にONUの指定はできない

NURO光は工事の際、5種類のいずれかのONUが設置されます。ONU自体を指定することはできません。 工事の際に、工事担当者が持っているONUの中から決められます。最近は光回線の需要が増えていることもあり、11acに対応した新機種を設置するケースが増えていますが、設置された際は工事担当者にどの規格のONUかを確認しておきましょう。 本体の側面に貼られている製品シールにも記載されているので、自分で確認しておいてもかまいません。

無料で11ac対応機種に変更可能

NURO光を申し込み、11acに非対応のONUが設置されることがあります。その場合は、NURO光のサポートデスクに電話すると、最新のONUに交換してもらうことが可能です。 交換してもらう際も機器の指定はできませんが、通信速度が遅いということを伝えれば11acに交換してもらうことが可能です。

NURO光サポートデスク連絡先

NURO光サポートデスクの連絡先は、フリーダイヤル 0120-65-3810 (無料)です。受付時間は9時~18時ですが、1月1日・2日、および指定のメンテナンス日を除く全ての日で受付が可能です。

ONU交換の注意点は?

交換が有償の場合もある

宅内工事の実施時期が2015年8月以前の場合、ONUの交換は有償となります。1回の交換で、税込10,800円の支払いが必要です。事前に工事実施時期を確認しておくようにしましょう。交換にかかる送料はNURO光が負担してくれます。

自分で機器の接続が必要

交換時はルーターなどの端末を郵送してくれるので、設定は自分で行う必要があります。上述の通り接続設定は簡単であるため、取扱説明書をよみながら作業すれば設定を完了することが可能です。

はじめからONUの指定はできない

はじめからONUの指定はできないため、光回線で高速通信ができる契約であっても、ルーターがしばりとなって高速通信ができないことがあります。 実際に通信を始めて不自由に感じる場合は、ルーターの交換を検討しましょう。事前に自分が使用しているONUが11ac対応かどうかを確認しておくことが大切です。

自前ルーターの必要性について

基本的にはNURO光のONUで十分

実は、NURO光が提供するONUより高速通信ができるルーターが販売されています。NURO光のONUは最高1.3Gbpsですが、市販品では1,7Gbpsや2.1Gbpsの通信速度を誇るルーターが販売されていることもあります。 しかし、高価であることや、実際には動画の視聴に関しても100Mbpsもあれば十分と言われているのでオーバースペックになる、という面があります。そのため、基本的にはNURO光が提供してくれるONUで十分足りると言えるでしょう。

簡易NAS機能も付いている

NURO光のONUは、本体のUSB接続ポートを使うことでNAS化することができます。NASとは、「Network Attached Storage」の略です。ONUにUSBメモリや外付けハードディスクドライブを接続すれば、接続した記憶媒体のファイルを共有することができます。

まとめ

NURO光で必要なONUについて解説しました。ONUはルーター機能やWi-Fi機能を有しているため、自前でネットワーク機器を購入する必要がありません。 光回線として通信速度を阻害しないIEEE802.11ac規格のルーター機能を有するONUも出ており、そのONUに無償交換してもらうこともできます。ONU交換時の注意点などもぜひ参考にしてみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。