楽天モバイルMNPの日数とは?転出などの開通時間や流れのまとめ

楽天モバイルは、楽天株式会社が提供する格安スマホです。また、楽天モバイルの特徴は、楽天スーパーポイントで料金を支払うことができることです。ここでは、他社から楽天モバイルにMNP転入する際の手順や、反対に楽天モバイルから他社にMNP転出するための手順について詳しく解説していきます。

他社から楽天へMNP転入する手順

まずはMNP予約番号を発行

        楽天モバイルへMNP転入する場合、まずは契約している他社でMNP予約番号を発行してもらわなければなりません。MNP予約番号を発行するには、他社のショップで発行してもらう方法と電話で発行してもらう方法があります。MNP予約番号は有効期限が15日間ですが、楽天モバイルへの申し込みには10日以上のMNP残期間が必要です。

楽天モバイル開通受付センターに電話

     楽天モバイルへのMNP転入の申し込みは、楽天モバイルショップで申し込む方法と、インターネットで申し込む方法があります。インターネットで申し込む場合、音信不通になる時間を少なくするために、自宅に端末やSIMが届いた時にMNPを使えるようにする必要があります。そのためには、MNP申し込みの選択画面では、楽天モバイルと同時に申し込みをする方ではなく楽天モバイル開通受付センターへ電話する方を選びましょう。

8:59迄のTELなら開通日は当日

       自宅に楽天モバイルのSIMカードが届いたら、端末にセットして楽天モバイル開通受付センター(0800-805-1111 通話料無料)に電話をしましょう。受付時間が9時から20時59分までの場合は、当日中に所要時間15分ほどでMNP切替が完了します。また、受付時間が21時から翌8時59分までの場合は、9時以降に所要時間60分ほどでMNP切替が完了します。

開通しない場合は時間に気をつけよう

    楽天モバイル開通受付センターへ電話をしたら、楽天モバイル側で開通作業が始まります。9時から20時59分までの受付の場合は、開通までの所要時間が15分程度とホームページには記載されていますが、なかなか開通しない場合があります。 これは、開通作業の開始は、楽天モバイル側で荷物の受取確認ができてからになるためです。実際には自宅にSIMカードが届いていても、楽天モバイル側では受取確認ができていない場合があり、タイムラグが発生しているのです。また、当日の開通受付時間ぎりぎりに楽天モバイル開通受付センターへ電話をすると、翌日9時以降の開通になってしまうことがありますので、余裕を持って電話をしましょう。

楽天から他社へMNP転出する手順

MNP予約番号の発行・受取りをする

  楽天モバイルから他社にMNP転出を行う場合、まずは楽天モバイルでMNP予約番号の発行をしなければいけません。MNP予約番号の発行は、楽天モバイルのメンバーズステーションにログインをして発行することができます。 MNP予約番号の発行には、メンバーズステーションでの手続きから3日程度かかりますが、発行が完了した後にメールなどでの連絡はありません。そのため、再度メンバーズステーションにログインをしてMNP予約番号を確認する必要があります。

他社申し込み後はSIM返却を

  他社へのMNP転出が完了した後は、楽天モバイルのSIMカードを返却します。返却費用は自費で払わなければならず、着払いで送ると受け取ってもらえません。そのため、メール便など送料がなるべく安くなる方法で返却することがおすすめです。

楽天モバイル転入・転出時の注意点

キャリアメールは利用できなくなる

     他社から楽天モバイルへのMNP転入が完了した後は、他社で使っていたキャリアのメールアドレスは使えなくなります。そのため、転入が完了する前に、メールアドレスが変更になることを周知しておかなければいけません。 ただし、変更後のメールアドレスが楽天モバイルのメールアドレスの場合は、転入が完了しないと使うことができません。したがって、周知するメールアドレスは、Gmailなどの無料メールアドレスにしておくのが良いでしょう。

転出時に手数料や違約金がかかる事も

    楽天モバイルから他社にMNP転出をする時に、楽天モバイルを解約することになりますが、解約には違約金がかかる場合があります。楽天モバイルは、プランによって最低利用期間が決まっていて、最低利用期間内での解約は違約金がかかるのです。 他にもMNP転出には、MNP予約番号の発行手数料が3,000円かかります。また、15日までに乗り換えが完了しなかった場合は翌月の解約という扱いになり、月額利用料金が発生します。さらに、端末を分割で購入した場合は、残金を一括払いしなければなりません。

MNP不備だとキャンペーン対象外に

     他社から楽天モバイルへのMNP転入を行う場合、楽天モバイルには様々なお得なキャンペーンがあります。そのため、自分にとってお得になるキャンペーンを選んで申し込みを検討するでしょう。しかし、MNPが不備のため申し込みがキャンセルになってしまうと、キャンペーンも適用されなくなってしまいます。

申し込み後に電話番号変更はできない

     他社から楽天モバイルへのMNP転入を行う前に、電波の状況や使いやすさなどを知りたいために、いったん新規で楽天モバイルの契約をしたとします。その後で、電波や使いやすさが問題ない場合に、新規契約した楽天モバイルを、後からMNPに変更することはできません。なぜなら、楽天モバイルでは、申し込みした後に電話番号を変更することができないからです。

まとめ

他社から楽天モバイルへのMNP転入をする場合も、楽天モバイルから他社へMNP転出をする場合も、様々な注意点があります。スムーズに手続きをし、料金面などで後悔しないためにも、手順や規約をあらかじめしっかり確認しておきましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。