マネックス証券のアプリの使い方は?スマートフォンで簡単株取引!

マネックス証券では、国内外の株式はもちろんFX等の金融商品の取扱いにも対応しており、各取引をスマートフォンのアプリで簡単に行うことができます。今回はマネックス証券の各種スマートフォンアプリの特徴や、可能な取引内容について詳しく解説します。

マネックス証券のアプリとは

iPhone・アンドロイドは5つも

マネックス証券では国内・国外株の取扱いのほか、FX(外国為替証拠金取)や先物の取引ができます。PC対応のトレードツールはもちろん、iPhoneやアンドロイド用のスマートフォンアプリにも対応しており、取引に応じた専用アプリからトレードが可能です。 1つ目として「マネックストレーダー株式スマートフォン」を紹介します。本アプリは国内株式のトレード専用アプリで、気になる銘柄の検索・お気に入り登録等が行えます。 株価はリアルタイムに更新され、株価の情報量もPC並みで豊富に掲載。本アプリからも売買注文が可能で注文履歴や残高の照会もできます。 2つ目は「トレードステーション米国株スマートフォン」ですが、マネックス証券では米国株の取引可能種類が豊富で、本アプリは米国株のトレード専用アプリです。国内株式と同様に高機能チャートが搭載されており、通常注文の他にOCO注文やOSO注文にも対応しています。 また、本アプリはtouchIDにも対応しているので、ログイン時のIDやPASSの入力の手間無く利用ができます(iPhone版のみ対応)。 3つ目は「MonexTraderFXスマートフォン」を紹介します。これはFX取引専用アプリですが、マネックス証券ではFXの取引にも対応しており、株・FX取引両方行いたい方におすすめです。 株価アプリと同様に高機能チャートがあり、テクニカル指標は基本的な移動平均線やボリンジャーバンドはもちろん、補助指標であるMACDやRCIの表示にも対応しています。
4つ目として「マネックストレーダー先物スマートフォン」ですが、本アプリは先物取引専用のアプリです。 先物取引とは、取り決めた価格で特定の商品(※)を購入、又は売却し、定められた期日に売却又は買い戻しすることを約束する取引です。定められた期日になった時点でその商品の値上がり、又は値下がりの差額分の利益を得る取引のことです。 本アプリでは8種類のテクニカルチャートの表示に対応しており、最新のニュースの閲覧も可能です。 ※本アプリでは「日経225先物」「日経225ミニ」「JPX日経インデックス400先物」のトレードに対応。ただしオプション取引には対応していません。 最後に「マネックス証券アプリ」ですが、本アプリはマネックス証券での取引を総合的に閲覧できるアプリとなっています。資産の確認やマネックスのセミナー、キャンペーン情報等の確認がアプリから行えます。 以上5種類のアプリが利用できます。取引の用途に応じた専用アプリとなっているため、混同することなく利用することが可能です。また、上記のアプリの他に「answer」と言う資産運用のシミュレーションアプリの利用ができます。

タブレットは株式のみ

タブレット端末でのトレードの場合は、株価専用の「マネックストレーダー株式タブレット」のみ対応です。スマートフォンアプリでも充分な情報量が閲覧可能ですが、見辛い場合は本アプリ、又はPC版アプリの利用がおすすめです。

NISAのアプリは無い

マネックス証券ではNISAの取扱いにも対応していますが、NISAの取引ができるアプリはありません。NISAの取引をスマートフォンから行いたい場合は、マネックスWebページからログイン後に取引ができます(2018年3月現在)。

マネックストレーダー株式について

無料だが口座は必要

各種アプリのダウンロードは全て無料で行うことができます。ただし、アプリ内のマネックス配信ニュースや、銘柄検索・登録機能の利用にはマネックス証券での口座開設が必須です(answerアプリのみ、口座開設不要で利用可能)。

IPOも取引可能

IPOとは新規公開株のことで、これから取引所に上場する新規発行株を、マネックス証券では抽選で購入することができます(参加費や購入手数料は無料)。また、IPOはNISAにも対応しているので、抽選に当たれば非課税枠での運用もできます。

注文機能・チャート機能が充実

前述しましたが、マネックス証券のアプリはPC版に劣らない程に注文・チャート機能が充実しています。注文機能では、成行や指値等の通常注文や、期間が指定できる期間指定注文にも対応しています。 また、チャート機能では月足を1分足から最大200本まで表示可能で、テクニカルチャートでは移動平均線・一目均衡表・ボリンジャーバンドの基本指標や、DMI・MACD・RSI・スローストキャスティクスの補助指標の表示にも対応しています。

使い方は直感的

アプリは、使い方がわからなくてもスマートフォンの操作に慣れた方は直感的に操作が可能です。チャート表示設定やお気に入り銘柄の登録は単純操作で利用ができ、表示された株価はリアルタイムに自動更新されます。

ログインできないときの対処方法

マネックス証券では、アプリからログイン時に「契約締結前交付書面の確認」が未確認のままではログインができないことがあります。未確認の場合、ログインの際に上記の書面の確認を促され、Webページ上での確認の処理が必要となります。

answerについて

投資信託のシミュレーションができる

本アプリでは、自分の資産目標に対して、保有資産をスコア化して表示することができます。また、純資産総額等を総合的に判断して投資目標に近づける銘柄を表示する機能が搭載されており、日々の残高推移をグラフで可視化して見ることも可能です。

口座が無くてもOK

マネックス証券の資産運用シミュレーションアプリ「answer」は、前述の通り口座未開設の方も無料で利用ができます。興味ある方は一度本アプリで資産運用シミュレーションを試してみるのも良いでしょう。

まとめ

銀行金利は一定額であれば元本割れのリスクが無く、安心して預金することはできますが、バランスの取れた資産運用をすることでリスクを抑えながら将来の蓄えを増やすこともできます。豊富な種類のアプリがあるマネックス証券で、小額から株取引を始めてみませんか?

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。