ANAカードプレミアム年会費はいくら?審査に必要な年収や特典とは

プラチナカードを入手するための審査はどれくらい厳しいのか気にかかっている方も多いでしょう。この記事では、他のカードのプラチナカードに値するANAのプレミアムカードの年会費、審査基準について詳細に解説します。また予想以上のプレミアムカードの特典も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

年会費と審査の年収基準は?

プレミアムの年会費は7~16万円

まず前提としておさえておきたいのは「ANAカードプレミアム」と総称されるカードの種類です。ANAカードプレミアムと呼ばれるカードは以下の4種類になっています。
  • ANA JCBカード プレミアム
  • ANAダイナースプレミアムカード
  • ANA VISA プラチナ プレミアムカード
  • ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアムカード
4種類あるといっても年会費は、最安値と最高値とでは2倍以上の差があります。最安値は「ANA JCBカード プレミアム」の75,600円、最高値は「ANAダイナースプレミアムカード」の167,400円となっています。

年収基準は400万以上

ANAカードプレミアムを所有するには最低でも75,600円の年会費を払う必要があります。年会費無料のカードもあることを考えれば、最安値といってもかなり高額の部類に入るでしょう。 年収基準としては400万円を超えていれば所持することは不可能ではありません。プレミアムカードを持てるかどうかは年収だけで決まるわけではありませんが、ひとつの基準として参考にしてください。

ダイナースのみ招待制

ANAプレミアムカードの4種類を紹介しましたが、ここで注意しておきたいのは、「ANAダイナース プレミアムカード」だけは紹介制を採用しているということです。「紹介制」とはユーザーが自ら申し込めるわけではなく、カード会社が「このカードを持つに相応しい」と判断したユーザーを招待することで、はじめて所有することが許される特別なカードのことです。

ANAカードプレミアムの特典は?

マイル還元率の高さ

そもそも、高い年会費を払う価値がANAカードプレミアムにはあるのでしょうか。ここでは、ANAカードプレミアムの特典を紹介したいと思います。 一番に挙げられるのはマイル還元率の高さです。年会費は高いものの、新規に入会するか継続してカードを使い続けるだけで、10,000マイルものボーナスを得ることができます。 そのため、実質表示されている年会費より1万円安くなると考えられます。さらに、ショッピングを行うにせよ、搭乗するにせよ一般のANAカードより高い還元率で、マイルを貯めることができます。

ANAラウンジに入れる

飛行機旅行を多くされる方に特典があります。ANAプレミアムカード会員の方がANAグループ便を利用するときは、搭乗時刻まで各国内空港内にあるANAのラウンジを無料で利用することができます。 ANAのラウンジは評判が高く、無線LANサービスや携帯電話の充電サービスはもちろんのこと、新聞・雑誌も読めるうえ、ソフトドリンクまでフリーで飲むことができます。搭乗手続きを終えたあとの待ち時間を、サービスが充実したANAラウンジで有意義に過ごすことができるのです。

プライオリティパスが無料

ANAラウンジ以外にもANAプレミアムカードが力を発揮するのは、プライオリティパスが無料になるということです。プライオリティパスに入会すると、世界500の都市、1000ヵ所以上の空港に用意されているVIPラウンジが使い放題となります。このプライオリティパスでは、搭乗する航空会社、搭乗クラスに関係なくラウンジを利用することができるのです。

ビジネス専用カウンターでチェックイン

既に紹介してきた通り、ANAプレミアム会員は特に空港利用時の特典・サービスに大きな力を注いでいます。そのうちのひとつとして、ビジネス専用カウンターでチェックインできるというものがあります。 ANAの国際線エコノミークラスを利用する場合でも、カウンターでANAカードプレミアムを提示するだけで、ビジネス専用カウンターでチェックインできます。時間がかかりがちな搭乗手続きがスムーズになります。

コンシェルジュサービス

プラチナカードに値するANAプレミアムカードを所有するからには、会員費に見合った特別なサービスを利用したいと考えるかもしれません。ANAプレミアムカードであれば、コンシェルジュサービスを受けることができます。 国内・海外のホテルやレストラン予約、スポーツ・ミュージカルのチケット予約、レンタルオフィス・会議室の案内など、プラチナならではの手厚いサービスを受けることが可能です。しかもコンシェルジュサービスの対応時間は、24時間365日、通話料無料となっています。

4つのカードの特徴を比較

VISA:コース料理1名無料

ANAプレミアムカードはJCB、VISA、ダイナース、アメリカンエキスプレスの4種類だと解説しました。この4種類のカードはANAプレミアムカードと呼ばれるのは同じですが、それぞれ特徴が異なります。 まずVISAカードの特徴としては「プラチナグルメクーポン」という特典があります。このクーポンは半年に一度もらえるもので、対象となるレストランのコース料金が1人分無料になります。

アメックス:年1回無料宿泊券もらえる

ANAアメリカンエキスプレス・プレミアムカードのいちばんの特典は、「フリー・ステイ・ギフト」というサービスでしょう。年に1回、2名まで無料でホテルに一泊することができます。 対象となるホテルが充実しており、ホテルオークラ、ヒルトン、ハイアット、プリンスホテル、ロイヤルパークホテル、日航ホテルなど高級ホテルが揃っています。年会費が高額ではありますが、このような特典を十分に使えば元は取れるのではないでしょうか。

JCB:年会費が最も安い

JCBの特徴としては、年会費が最も安いとことが挙げられます。ANAプレミアムカードの最高峰となるダイナースが年会費16万円台なのに対して、JCBの場合はその半額以下です。

ダイナース:マイル還元率2%

ANAプレミアムカードの中でも年会費が最も高く、しかも招待によってのみ得られるという意味で「最高峰」といえるのがダイナースです。ANAダイナースプレミアムカードの最大の特徴は、マイル還元率の高さです。通常のANAカードが還元率1%であるのに対して、ダイナースのプレミアムカードの還元率はその2倍です。 年会費だけを考えれば、いくら還元率が高いとはいっても、年間400万円~500万円使わないとプラスにはなりません。しかし、すでにご紹介した通りANAプレミアムカードにはさまざまな特典があります。これら特典を上手く使うことで、高額な年会費を払うだけの恩恵を受けられる可能性は十分にあります。

まとめ

この記事ではANAプレミアムカードの気になる年会費、審査基準、そして充実した特典について紹介しました。たしかにプレミアムカードの年会費は高額ですが、それにともなう優れた特典が数多く用意されています。カードを有効活用することで、年会費以上のサービスを受けられるよう、ぜひ使い道を検討してください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。