ソフトバンク光のマンションでの工事とは?速度や工事費を詳しく解説

インターネットを利用できる通信サービスとして、ソフトバンク光があります。戸建てに限らずマンションなどでも契約が可能で、自宅の状況に応じて工事費などが変わります。ソフトバンク光のマンションでの工事とは何かや、速度や工事費などについて解説しますのでぜひ参考にしてください。

ソフトバンク光のマンションでの工事について

工事費はマンションによって異なる

ソフトバンク光の工事費は、主にマンションの状況によって異なってきます。その違いというのは、「すでにマンションにフレッツ光が導入済みかどうか」です。また、「室内工事もするかどうか」によっても異なります。 もしもマンションにフレッツ光が導入されていなかった場合、導入のための建物内工事も必要です。工事内容は、電信柱から室内までの間で光ケーブルを引き込む配線作業となります。室内工事は、室内でのフレッツ光の利用を可能にするため、LANケーブル用の差込口の設置などです。

料金は4パターンに分かれる

   工事費は1種類のみではなく、4種類ほどパターンがあります。 「建物内工事も室内工事も必要」であれば24,000円、「建物内工事は不要で、室内工事が必要」であれば9,600円、「どちらの工事も不要」という場合は2,000円です。また、キャンペーンの利用により実質無料となるものも挙げられます。
自分の場合は工事費がいくらになるか、ということは自宅の環境を把握することでわかります。契約時、すでに自宅が光を導入しているかどうか、室内にも光利用のための設備があるかどうかなどを確認の上工事を行うため、この際に把握しておきましょう。  

マンションで工事する時の注意点

おうち割適用にはオプション加入必須

ソフトバンク光のオプションサービスの中で「おうち割」があります。このオプションはソフトバンク光とソフトバンクのスマートフォンを利用している、という条件でスマートフォンの月額料金が割引されるものです。 月額500円からとなっており、契約時には代理店などで加入必須のオプションのように案内されることがあります。実際には加入しなければ光のサービスを使えない、といったわけではなく任意といえるものです。

初回請求額に手数料3千円加算される

  ソフトバンク光を契約して利用を始めると、初回の請求額に3,000円が加算されます。この3,000円は事務手数料で、初回のみ請求される費用です。マンションタイプでの契約の場合、月額料金は3,800円となるので、合計で6,800円となります。次回以降は月額料金のみの請求です。
初回のみ3,000円高くなりますが、このときだけであることを把握しておきましょう。

料金確認して不要オプションは解約を

毎月請求される料金を確認して、不要に感じたオプションは解約することがおすすめです。おうち割は500円、Yahoo!BB基本サービスは300円です。この両者を解約することで、毎月800円安くできることになります。 なお、おうち割は月額500円に対して最大1,000円の割引がされるため、計算上、解約しないで利用し続ける方が料金を安くすることができます。オプションをすべて解約しようとする場合、まずはおうち割の割引状況を確認してから検討しましょう。  ソフトバンク光の料金については下記の記事も参考にしてみてください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/3763“]

マンションでのソフトバンク光の速度

速い・遅いは時間帯によることも

ソフトバンク光を利用していると、時間帯により通信速度の速さが異なります。通信速度を計測するアプリケーションやサイトで確認すると、主に「Mbps」単位での数値を知ることが可能です。 回線が混雑しやすい夕方から深夜にかけて、その混雑の度合いに比例して遅くなります。利用者個人での対処法は、少しでも電波の受信状況を良好にすることのみです。基本的に、通信会社側でも設備の改良等の対応が主な改善策、および対処法となります。    ソフトバンク光の速度が遅い原因については、下記記事も参考にしてみてください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/2032“]

VDSL方式は光配線方式に比べ遅い

VDSL方式もインターネット利用ができる回線ですが、光回線を用いた光配線方式と比較すると、通信速度が遅くなっています。VDSL方式では最大100Mbps、光配線方式では最大1,000Mbpsで、10倍の違いがあるのです。 特に故障が発生しておらず、また、混雑しやすい時間帯でない場合でも通信速度が遅い、と感じたとすれば、住んでいる環境ではマンションタイプVDSL方式を利用していると考えられます。  

プロバイダによる違いは正確には不明

  プロバイダによって通信速度の優劣が生じているとも考えられますが、正確には不明です。理由としては、契約者の増減による回線の混雑への影響の変化、プロバイダの設備の変更による変化などです。 そのため、プロバイダごとに通信状況は日々異なり、一概にどのプロバイダが優れているかは判断できないということが現状となっています。

ソフトバンク光を更にお得にするには

代理店のキャンペーンを確認しよう

  ソフトバンク光は、代理店が行うキャンペーンを利用することでさらにお得になります。主にキャッシュバックや割引、ルーターなどの機器のプレゼントなどです。キャンペーンは期間が決められており、終了日時までの申し込みが必要となります。 お得にソフトバンクを利用しようと考えている方は、キャンペーン内容、および時期を確認するようにしましょう。なお、申し込み前にしっかりとキャンペーンの詳細を確認することで、逆に思わぬ出費が増えたなどのトラブルの回避につながります。

まとめ

ソフトバンク光は、工事費に複数のパターンがあることや、初回の料金請求時に事務手数料が上乗せされるなど、初期費用がいくつかあります。手数料などの割引は基本的にできませんが、工事費やオプションなどで割引を狙うことができるのです。ぜひチェックしてみましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。