楽天カードの強制解約ってあるの?解約されてしまう条件を解説

インターネット上で人気があり、ポイントの高還元率などで便利な楽天カードですが、知らないうちに突然強制的に解約されてしまうことはあるのでしょうか。また、強制的に解約されてしまう理由や原因は何でしょうか。その内容を解説いていきたいと思います。

楽天カードが強制解約される理由

具体的解約理由は教えてもらえない

楽天カードを利用していると、突然、何の前触れもなく、強制的に解約されてしまっていることがあります。いつも問題なく使えていた箇所にエラーが発生し、窓口に問い合わせするように促されます。実際窓口に問い合わせると、総合的な判断でという曖昧な表現でしか解約された内容を教えもらえません。

延滞(支払いの遅れ)がある

楽天カードが解約された主な理由を考えて行きましょう。まず、延滞があるかどうかです。一般的にどのクレジットカードでも、何ヶ月も支払いが遅れていたり、支払う意志を見せていなかったりすると強制的に解約されてしまうことがあります。 特に楽天カードの場合は厳しく、一度の延滞で利用停止になることがあります。この延滞を短期間で繰り返していると他のクレジットカードより厳しく強制的に解約となることがあります。

楽天カードの規約に違反した

楽天カードの規約に違反した場合も強制解約の対象となります。楽天カードでは、カードの又貸しやショッピング枠の現金化などを規約で禁止しています。つまり、本人以外がカードを使用したことがあれば、規約違反にあたります。
また、新幹線のチケットを短期間で複数回購入したなどの利用履歴において、ショッピング枠を現金化したように疑われることをしてしまうと、規約違反をしたと認識されてしまいます。その場合も強制解約となってしまいます。

勤務先や収入が変わった

楽天カードを契約するときに記載した勤務先や収入と現在の勤務先や収入が変わった場合、また、カード発行時よりも年収が減った場合などは、カード更新や増枠申請の際、審査見直しとなってしまいで、強制解約される場合があります。

カードの使用不可≠強制解約

クレジットカードが使えない=強制解約されてしまったことがすべての原因ではありません。ただ単に限度額を超えていて一時的に使用できないだけの状況ということもあります。また、カードの磁気不良で端末に通らないことが原因の場合もあります。

楽天カードの利用状況を把握しよう

楽天からの通知をしっかり確認する

突然、楽天カードが使えなくなり、慌ててしまわないために、普段から自分の利用状況を把握しておくことが大切です。いくらのものをどこで買ったなどのお買い物履歴はもちろん、限度額を知ることや支払日を忘れないことも重要です。楽天カードでは、お買い物をした際に、メールでその内容をお知らせする機能もあります。その機能も活用していくと便利です。 また、住所が変わった場合も早めに登録情報を変更することです。変更が遅れていたり忘れていたりすると、楽天カードからの大切な書類が届かなくなることもあります。このため重要なお知らせがわからなかったり、手続きをしなくてはいけないのにその事実にすら気づかなかったりします。

楽天カードのブラックリストに載る?

延滞で信用情報に傷がつく

楽天カードの支払いを延滞してしまうと、その人の信用情報に傷がついてしまいます。信用情報とは、クレジットカードの契約から利用歴、延滞の有無についてのリストのことで、延滞は月単位で見ることができます。 また、そのリストは各クレジットカード会社や金融機関で情報を共有しています。よく聞く「ブラックリスト」というリストは存在しませんが、その人の延滞情報を閲覧することは可能であり、その情報をもとに個人の信用の程度を把握します。楽天カードを延滞することのよって信用情報に傷がついてしまい、他のクレジットカードの作成や銀行などからの融資などで困ることになります。

楽天カード系列会社に記録が残る

さらに信用情報をすべてのカード会社で共有する機関とは別で楽天カード系列の会社にその情報の記録が残ります。このため、延滞や信用が失墜する行為があるなどすれば、楽天の他のサービスも利用が制限されることもあります。

強制解約後の再申し込みは可能?

楽天カードの再契約はほぼ不可能

楽天カードを強制的に解約されてしまうと、再申し込みは不可です。なぜなら楽天カードを強制された時点で、楽天側からカード利用者としてふさわしくないとされているからです。月日が経ったあとに申し込みをしても再入会はほぼ不可能です。

他のカード会社なら契約の可能性あり

楽天カードを強制解約された場合でも、他のカード会社のカードは作ることができる場合もあります。ただし、解約された理由が長期延滞の場合は期延滞の事実が信用機関にて保存されているので、他社も難しいこともあります。

強制解約された時の生活への影響は?

5年間ローンが組めない可能性

楽天カードを強制解約されてしまった場合の生活への影響について、5年間ローンが組めないおそれがあります。これは、信用機関に5年間その情報が残るためです。そのため、5年間はローンの審査に通ることが難しくなり、新しく何かをローンで購入することが厳しくなります。新規で何か大きな買い物をしている場合、生活への影響もでてくることになります。

まとめ

このように、楽天カードを強制解約されてしまう原因はいくつかあることがわかりました。万が一カードが使えなくなった場合はこれらの原因から探ってみるとわかりやすいです。強制解約になる前に対策もあるので、日常よりカードの管理を怠らないことが重要です。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。