新生銀行の口座開設方法とは?未成年や印鑑についてなども紹介

新生銀行では口座開設に時間が割けない方のために、郵送やアプリによる口座開設ができるサービスがあり、来店不要で時間のあるときに申し込みができます。今回は新生銀行での口座開設の方法や、未成年者・外国籍の方の口座開設の条件について詳しく解説します。

新生銀行の口座開設方法

簡単で手軽なのはアプリでの開設

新生銀行では銀行窓口での口座開設や、本人確認書類・署名等の郵送等による開設方法以外に、口座開設アプリから口座の開設ができます。アプリ内で所定の情報(住所等の個人情報)を入力し、本人確認書類や署名等を撮影し送信することで、口座開設の申し込みを行うことが可能です。

来店が難しい等ならば郵送で開設を

本人確認書類等を撮影したり、送信したりするのに抵抗がある方は、来店不要の郵送による口座開設方法が利用できます。公式Webサイト上から郵送による口座開設を選び、アプリでの開設と同様に必要事項を記入後に本人確認書類等の必要書類を郵送します。

時間がかからないのは店舗での開設

アプリ・郵送での口座開設は来店の手間が不要で便利ですが、口座開設申し込みからキャッシュカード受け取りまで日数を要する場合があります。店頭での申し込みの場合は最短当日(店舗によっては後日郵送)でキャッシュカードを受け取ることができます。

開設時はキャンペーンもチェック

新生銀行では新規口座開設・キャンペーンにエントリーを行うことで、Tポイントが貰えるキャンペーンがあります。 2018年2月現在では、口座新規開設で500ポイント、振込入金サービスを利用で最大1,200ポイント、スタートアップ円定期預金利用で最大600ポイントが貰えるキャンペーンが開催されています。 また、新生銀行では新規口座開設キャンペーンのほか、開設後にも様々なサービスを利用することによりTポイントを貯めることができます。 例えば、コンビニATM「イーネットATM」での入金・出金で1回10ポイント付与(最大2回)・クレジットカードや公共料金の引き落とし口座指定で1件につき50ポイント付与(最大2件)など、Tポイントプログラムに参加することでポイントを貯めることができます。 ※キャンペーンは2018年2月現在のもので、予告なく終了することがあります。詳細は公式サイトをご確認下さい。

新生銀行の口座開設における注意点

未成年者の場合は先に親権者が開設を

  口座開設の申し込みを未成年者が行う場合は、親権者の口座開設が必要となります。親権者が新生銀行口座を開設後に、未成年者の口座開設ができるようになります。
ただし、18歳以上、かつ未成年者本人が取引をする場合に限り、親権者が本口座を持っていなくても未成年同意書を提出することで口座開設を行うことが可能です。

外国人の場合は店舗or郵送で

    外国籍の方の場合は店舗、もしくは郵送での口座開設申し込みが可能です。口座開設に必要な本人確認書類は、申し込み者の年齢や国籍により異なります。 在留カード・特別永住者証明書、または運転免許証のコピーと、居住地の確認のため公共料金の領収書や請求書の原本が必要となります。

子供(13歳未満)でも開設可能

外国籍の方で13歳未満の方は、日本国籍の未成年者の方と同様で親権者の口座開設後に未成年者の口座開設ができるようになります。また、13歳未満の方の口座開設は原則として印鑑での届出となり、署名による届出は13歳以上、かつ本人が取引をする場合で都度確実に記入できる場合に可能です。

口座開設時の印鑑について

印鑑もしくはサインでも登録OK

口座開設申し込みの際は印鑑、もしくはサインでの登録ができます。口座開設時にサインでの登録を行った場合は、公共料金等の口座振替依頼を行う際にも印鑑は不要で、印鑑欄(お届け印欄)に登録通りの横書きで署名することができます。

紛失(失念)時は再登録をしよう

登録時に捺印した印鑑を紛失(失念)してしまった場合は、届出印(もしくはサイン)の再登録ができます。印鑑の紛失に気付いたら、できる限り早急に印鑑による取引の停止を新生銀行に申し入れるようにしましょう。 再登録書類送付の受付は8:00~21:00(365日)、利用停止の申し入れは24時間365日「新生パワーコール(0120-456-007)」で連絡することができます。 また、現在の登録印(サイン)が不明の場合は、本人からの連絡であれば、特徴を上記の連絡先から口頭で案内することもできます(別途、口座番号・暗証番号が必要)。 ※再登録の方法は口座状況により異なります。

まとめ

郵送、またはアプリでの口座開設は来店の手間無く口座開設の申し込みができますが、店頭での申し込みは、一部店舗を除き当日開設が可能なため、急ぎの場合は店頭での申し込みがおすすめです。また、口座開設のタイミングに余裕のある方は、Tポイント付与等のお得なキャンペーンを狙って開設すればポイントも貰えるので、ぜひお得に口座開設をしてみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。