三井住友カードvpassとは?アプリやid登録などの概要を紹介!

節約と聞いて、どのような方法を思い浮かべるでしょうか。実は三井住友カードvpassは、カードライフを便利にするだけでなく、節約にも一役買ってくれます。今回は、三井住友カードvpassとはどんなカードなのか、また、どう節約に役立つのか見ていきましょう。

vpassとはどんなサービス?

三井住友visaカードの会員専用

vpassとは、インターネット上で利用できる三井住友カード会員専用のサービスのことです。 従来であれば持ち歩くはずのクレジットカードも、会員専用サイトでログインするだけで、利用可能になります。このサービスの優れている点は、支払い金額の照会や口座残高もすべてインターネット上で確認できることです。 他にも、プレミアムポイント加盟店でカード利用をするとポイントが加算されるなど、嬉しいサービスがたくさんあります。

クレジットカード情報の照会

クレジットカード情報も、パソコンやスマートフォンで簡単に照会することができます。確認できる明細書は、確定15カ月分と未確定分を含めた期間分です。 何にお金を使っているのか比較することで、節約に役立てることができます。パソコン上で、CSV形式でダウンロードしたり、紙面に印刷したりすることもできるので、さまざまな使い方が可能です。

各種手続きがネットで可能

クレジットカードでの手続きも、三井住友カードvpassならインターネットで簡単に済ませることができます。店舗に行って手続きを行なわなくてもいいので、忙しい人でも利用しやすいのが特徴です。
また、自宅の住所・電話番号・携帯電話番号・勤務先の情報なども、インターネットで簡単に変更できます。注意事項などがあるため、まずは資料請求を行って確認してみましょう。

締め日前に利用状況が確認できる

多くのクレジットカードでは、利用状況の確認は締め日の後に明細書を見てから、ということが多いはずです。しかし、vpassであれば未確定分といわれる締め日前でも、利用状況を確認することができます。 ただし、集計中は表示できない期間があることや、お店から正式に売り上げとして計上されてから表示されることもあるため、利用状況に反映されるまで数週間かかることもあり注意が必要です。

id安心サービスで補償も充実

クレジットカードを持つことで注意したいのは、IDやパスワードが不正利用されてしまうことではないでしょうか。しかし、vpassIDサービスならば、万が一不正利用された場合でも補償制度があるので安心です。 届け日からさかのぼって60日間補償されるので、万が一の場合は不正利用被害を届けましょう。対象項目は、インターネットショッピングでの利用全般です。

アプリでさらに便利

このサービスをもっと使いやすくするのが、スマートフォンアプリの「三井住友カードvpassアプリ」です。支払い金額の照会や利用可能額の確認ができるだけでなく、ゲームや占いなどのお楽しみコンテンツが用意されているのも魅力のひとつです。 背景色を変更したり、カードをさらにお得に使うポイントも紹介されたりしているので、使い方次第では、さらに便利に使用できるでしょう。

vpassのお得な使い方とは?

vpassチケットで各種優待あり

vpassチケットは、三井住友カードvpassをもっと賢く利用することができます。三井住友カード会員だけに用意された特別枠で販売されるもので、人気の公演のチケットを最新情報と共に手に入れることができます。 他にも、テーマパークのチケットを割引価格で購入することも可能です。日本国内にある約700のゴルフ場の予約が取れるなど、幅広い年齢の人が受けられる優待があります。

ポイント交換もラクラク

カードの利用料金に応じて、さまざまな景品と交換できるサービスもあります。指定の景品と交換できるだけでなく、他社のポイントへ移行することもできるため、賢くお得に利用することができるでしょう。 電子マネーや電力会社、自治体のポイントにもパソコンやスマートフォンで簡単にポイント交換可能です。

キャッシュバックキャンペーンもある

三井住友カードvpassは、利用料金の合計15,000円を一口としてキャッシュバックキャンペーンを行っています。対象者は、三井住友カードID会員、Apple Pay会員です。 毎月333名の当選者は、上限5,000円分のキャッシュバックが受けられます。キャンペーンエントリーには、vpassID、パスワードでのログインが必要です。

vpassを使用する上での注意点

ログインできない場合

vpassにログインできなくなった場合は、改めて登録が必要です。その際に用意しなければならないのが、本人名義のカード、支払いに必要な金融機関の口座番号が分かるもの、登録するメールアドレスの3点です。 画面の案内に沿い、「vpass・カードご利用代金WEB明細書サービス規約」内の「登録内容のご選択」にて、vpassのみ登録を選択すると進んでいく流れです。

登録できない場合

登録の際、会員番号・カード有効期限・生年月日・電話番番号・カード裏面に印字されている3桁の数字が異なっている場合、登録ができません。入力内容を確認し、再度登録をやり直す必要があります。 また、それでもエラーが表示されてしまう場合は、カード裏面に記載されている問い合わせ先へ連絡して案内をしてもらいましょう。問い合わせの際は、カードの名義本人が連絡をしなければなりません。

ゴールドやプラチナの特典確認

vpass会員の中でも、ゴールドやプラチナ会員となると、国内の主要空港でラウンジが利用できるなど特典があります。しかし、特典の利用にはカードの提出は必須です。忘れてしまうと特典が受けられなくなってしまいます。 また、Apple Payのカード画面の提示だけでも利用できないため、空港のラウンジを利用する場合は、必ずカードと搭乗券、もしくは航空券を提示しなければなりません。

まとめ

三井住友vpassは、インターネットで簡単にサービスが受けられるだけでなく、ポイントや特典も上手に利用することで、日々の節約にもつなげることができます。クレジットカードはハードルが高いと感じている人も、使い方や注意点を詳しく知ることで使いやすくなるでしょう。三井住友vpassを賢く利用してみましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。