NifMoのかけ放題ってなに?10分かけ放題や半額ダイヤルも紹介

NifMoは大手プロバイダの1つである@niftyが手がける格安スマホで、「ニフモ」と読みます。この記事では、NifMoの専用アプリを使っても電話音質が落ちない、かけ放題プランの概要を紹介します。また、電話かけ放題を使用する時に注意すべきポイントについて解説します。

ニフモかけ放題って?料金は?

専用アプリ利用で音質もそのまま

NifMoのかけ放題は、格安スマホNifMoの音声通話SIMサービスと契約した人が使うことができる、オプションサービスです。なお、NifMoのかけ放題は自社で提供しているサービスではないため、NTTコミュニケーションズのサービスである「0035でんわ」を利用します。 相手の電話番号の前に「003545」のプレフィックス番号をつけて発信し、NTTコミュニケーションズの音声通話回線を経由することで通話料を安くしています。使用しているのが音声電話回線なので、通話音質はIP電話とは異なり、通常の電話と同じで高品質です。 10分以内の通話であれば、国内なら何度でもかけ放題です。2017年時点では、5分かけ放題が主流の格安スマホ業界において、10分かけ放題というのはメリットになっています。月額料金は830円です。 なお、海外への電話に関しては対象外となっており、通常の通話料がかかるので注意が必要です。 補足ですが、スマホにプレインストールされている電話アプリで、プレフィックス番号をつけて発信することで10分かけ放題がこれまで適用されていました。ただし、この方法だと安く通話することはできますが、毎回「003545」を打たないといけませんでした。 そこで、NifMoは「NifMo半額ダイヤル」という専用アプリの提供を始めた経緯があります。

半額ダイヤルのみなら無料で利用可能

   「NifMo半額ダイヤル」は、登録手続き不要で無料使用できる専用アプリです。NifMoで音声通話対応SIMカードの契約をしている、すべての人が使うことができます。 アプリを使って発信すれば、プレフィックス番号を入力する手間を省くことができます。 また、10分かけ放題を契約しなくても、アプリ自体は無料で利用することができます。「NifMo半額ダイヤル」を利用すると、通常の通話料は30秒20円に対し、半額の30秒10円です。 例えば、10分かけ放題を契約していて1回の通話が10分を過ぎた場合、超過時間分の通話に対しても適用され、30秒10円とお得に通話することができるのです。

NifMoかけ放題の注意点や詳細

発信できない番号帯がある

NifMoかけ放題を使う場合、IP電話と同様に発信できない番号帯があります。
まず、国際電話の発信をすることができません。さらに、フリーダイヤル・ナビダイヤル・伝言ダイヤル・テレドーム番号(具体的には、0120・0170・0180・0190・0570・0800で始まる電話番号)は不可です。 他にも、マイラインなどの「00XX」から始まる電話番号や、060・020・「#」で始まる番号なども、発信をすることができません。 また、緊急通話用電話番号(110・119・118)にも発信はできませんので注意が必要です。緊急通話用電話番号へ発信する場合は、通常の電話アプリから発信するようにしましょう。

専用アプリを使う必要がある

  専用アプリを使わなくても、プレフィックス番号を入力してから発信すれば使うことができますが、毎回プレフィックス番号を入力する必要があります。プレフィックス番号の入力を忘れると、通常の通話料が請求されるので注意が必要です。そのため、専用アプリを使うことをおすすめします。

NifMoでんわサービスは既に終了

NifMoにはかけ放題のプランが2種類ありました。「NifMoでんわ」と「10分かけ放題」です。現在は、「10分かけ放題」のみが残り、「NifMoでんわ」サービスは終了しました。 NifMoでんわはインターネットプロトコル(Internet Protocol)電話、通称IP電話でした。IP電話は音声回線を使った通話に比べて音声品質では劣りますが、時間制限なしのかけ放題というメリットがありました。

電話番号の番号通知は変わらない

プレフィックス番号を付けているため、どのように相手の画面に表示されるのか心配な人もいるのではないでしょうか。NifMoからの電話は、発信時にプレフィックス番号をつけますが、相手には今までどおり自分の電話番号だけが通知されます。今までの電話と変わらないため安心です。

NifMoの10分かけ放題解約方法

ホームページにログイン後解約可能

NifMoの10分かけ放題が不要になった際には、いつでも解約をすることができます。解約は、NifMo利用状況照会にログイン後、オプションサービスお申し込み情報にある「NifMo 10分かけ放題」の「解除する」をクリックするだけです。 利用期間の縛りもなく、解約しても違約金などはかかりません。ただし、月額料金の日割り計算は行われていないので、月の途中で解約しても月額料金を満額支払う必要があります。

まとめ

NifMoの10分かけ放題は、短い電話をたくさんかけるような人には特におすすめです。以前はプレフィックス番号を毎度付ける必要がありましたが、現在はアプリで簡単にかけることができます。かけ放題が適用にならない番号もたくさんあるため、かける際には注意してください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。