フレッツ光の引越しの際にかかる工事費は?移転・解約・転用の方法

全国的に展開しているフレッツ光は、多くの方が利用しています。しかし、住まいを引っ越すことになったとき、フレッツ光を継続すると工事費や違約金がかかる場合があるのです。また、新住所に移転するときは、光コラボを使うとお得になる可能性があります。そこで今回は、フレッツ光の引っ越し時にかかる費用、移転の方法などを詳しく見ていきましょう。

引越し先でもフレッツ光を使うには?

新住居に引っ越した後もフレッツ光を継続して使いたい、という場合、どのようにすればいいのか説明していきます。手続きがいくつかあるため、計画的に行うことが大切です。

NTTに移転手続きを申し込む

NTTに連絡を入れて移転手続きをするのですが、電話で直接行うのが一般的です。電話以外では、インターネットで移転手続きを行うことも可能なので、手軽に済ませることもできます。移転手続きでは、利用中の電話番号や移転元の住所、新しい住所や建物の情報などが必要です。

移転工事費が必要になる

引っ越し先で継続してフレッツ光を利用する場合でも、開通工事が必要となります。その際に工事費用がかかり、アパートや戸建てなど建物の種類で費用が変動するため、事前確認しておいてください。 以前の住民がすでに配線工事を済ませていた場合は、費用も10,000円以下で済む可能性があります。

エリアが違う場合は移転できない

フレッツ光は、NTT西日本と東日本が提供しているサービスです。これらは同じNTTグループであっても別の会社になります。つまり、西日本から東日本に引っ越しをする場合、移転手続きをすることができないのです。 利用範囲外となるので一度解約し、新規で契約し直さなければならないので注意しましょう。

プロバイダの登録住所を変更する

移転をするならば、契約中のプロバイダの登録住所を変更する必要があります。月額料金の明細が届くため、登録住所が前住所のままだと書類が届きません。そのため、忘れずに登録住所を変更しておくことが大事です。

引越しでフレッツ光を解約するには?

新しい引っ越し先でフレッツ光が使えない場合は、解約をしなければなりません。ここでは、解約の手続き方法を説明していきます。タイミングを間違えると損をしてしまう可能性があるため、注意が必要です。

NTTに解約の連絡をする

フレッツ光を解約するためには、まずはNTTに連絡をして解約の旨を伝えます。NTT西日本と東日本どちらも同じ電話番号で、解約時には本人確認を求められます。「お客様ID」「ひかり電話の電話番号」が必要となるため、スムーズに答えられるよう手元に用意しておくことが大切です。

レンタルしていた機器を返却する

契約時には、モデムを購入するかレンタルするかを選択することになります。もし機器をレンタルしている場合は、解約時に返却することになるはずです。宅配便で返却することも可能ですので、引っ越すまでには返却を済ませておくようにしましょう。

プロバイダの解約手続きをする

フレッツ光とは別に、契約しているプロバイダの解約手続きをしなければいけません。「OCN」や「So-net」など、それぞれWEBサイトのマイページにログインして解約手続きを進めていきます。

違約金がかかる場合がある

フレッツ光で「にねん割」や「光もっともっと割」に加入している方、初期工事費を分割払いしている方で、支払いが済んでいない場合は、解約時に違約金が発生します。 工事費を全て支払い、契約期間が終了して2カ月以内なら違約金がかかることはありません。また、プロバイダにも最低利用期間が設けられている場合が多く、期間中に解約すると違約金を支払うことになります。

フレッツ光から光コラボへの転用方法

フレッツ光を移転すると、移転工事費などがかかるため、月々の費用が高くなってしまう恐れがあります。費用が高くなってしまう際は、光コラボへ転用するとお得になる可能性があるのです。ここでは、光コラボに転用する方法を紹介していきます。

NTTで転用承諾番号を発行する

光コラボへ転用するならば、「転用承諾番号」を取得しなければなりません。第三者が介入して契約を勝手に切り替えないために必要なもので、契約者本人が手続きをすることになります。 取得したいときは、NTTに電話、またはインターネットからアクセスするのが一般的です。転用承諾番号は有効期間が15日間あるため、入手することができたら期間内に希望の業者に申し込みをしましょう。

光コラボ事業者に申し込む

プロバイダとフレッツ光回線をセットで提供する「光コラボレーション業者」を利用すると、移転してからの使用料を安く抑えることが可能です。また、携帯電話のキャリアに合わせて光コラボ業者を選べば携帯料金もお得になるため、移転をきっかけに最適な業者を選んでみてください。

まとめ

フレッツ光を移転するときは、西日本と東日本で別々であるため、エリアをまたいで継続することはできません。また、契約期間内の解約や、工事費が完済していないと違約金が発生する点には注意しましょう。移転時にお得にしたい方は、光コラボ業者を利用するという手段もおすすめです。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。