公共料金はクレジットカード払いで節約できる?メリットなどを紹介

電気・ガス・水道などの公共料金について、金融機関やコンビニエンスストアへ支払いに行く手間を減らして金額も節約したい、と思ったことはないでしょうか。クレジットカード払いにすれば、支払いは簡単、さらに節約もできるのです。その方法について詳しく解説していきます。

クレジット払いの仕組みについて

支払い方法の仕組みと手数料

毎月発生する公共料金の支払いのために、振込用紙を持って金融機関やコンビニエンスストアへ行き、さらに、細かい現金も用意する必要があります。さらに、日頃の雑事に追われて、うっかり払込期日を過ぎてしまうリスクも生じます。 公共料金未納のリスクを減らし、また、請求書発行手数料を省くことができる有効な方法は、クレジットカード払いにすることです。

公共料金の金額は支払い方法で変わる

コンビニエンスストアや金融機関にて現金で公共料金を支払った場合、毎月の支払い義務を果たすことはできるのですが、端的に言うとそれだけです。 一方、口座振替やクレジットカードにて公共料金を支払うと、振込用紙による現金払いよりも、毎月の支払金額を節約できます。 まず、毎月発生する請求書発行の手数料が無くなることです。次に、支払金額自体を減額できるサービスです。口座振替の場合は、毎月、一定額を割引するサービスがあります。 クレジットカード払いの場合は、支払金額に応じてポイントを付与され、付与されたポイントを支払金額に充当して減額できるのです。

クレジット払いに切り替えるメリット

クレジットカードのポイントが貯まる

クレジットカード払いによりポイントが付与されることついて、もう少し詳しく説明します。付与されるポイントの計算方法ですが、クレジットカード会社ごとに還元率が設定されています。 例えば、還元率1%で支払金額が5,000円だとすると、付与されるポイントは50となり、ポイント分の金額50円が節約できる計算です。支払先ごとに付与されるポイントを合計すれば、節約額が1カ月で数百円にもなる可能性があるのです。 また、付与され、貯まったポイントを電子マネーに交換できるクレジットカード会社もあります。貯まったポイントを通常の買い物やAmazonギフト券への交換に使えるなど、現金払いや口座振替を選んだ場合にはないサービスを受けることができるのです。

公共料金の支払い管理が簡単になる

公共料金の支払先は電気・ガス・水道をはじめ、いくつもあります。 口座振替にしていたとしても、支払いに行かずには済みますが、事業者ごとに異なる引落日前に、残額の確認をしておかなければなりません。もし確認を忘れて残高が足りなかったら引き落としができず未納、という事態にもなりかねないのです。 クレジットカード払いにしていた場合、支払日はクレジットカード会社が月に決めている1回のみです。残高の確認も、支払日前の1回で済みます。

お得なキャンペーンが利用できる

クレジットカードにて公共料金支払いを行った顧客を対象に、事業者がお得なキャンペーンを実施している時があります。 例えば、キャンペーンに応募の上、公共料金支払いをキャンペーン対象のクレジットカードにて決済した顧客に対し、抽選でキャッシュバックしたりポイントをプレゼントしたりする、というものです。 具体例を挙げると、キャンペーン期間中に合計3,000円以上の公共料金をクレジットカード決済した顧客の中から、抽選で500名に1万円キャッシュバックする、といったものです。 また、特にキャンペーン期間中に新規入会して決済した顧客には、さらに抽選で5人に1人の割合で2,000円キャッシュバックする、というようにチャンスが追加されることもあります。

クレジット払い変更時のデメリット

口座振替割引が安い場合がある

前章ではクレジットカード払いによる主なメリットについて紹介しましたが、デメリットになる場合もあります。今度は口座振替による割引金額にスポットを当てつつ、クレジットカード払いで起こり得るデメリットについて説明していきしょう。 地域にもよりますが、口座振替を実施している電気会社・ガス会社・水道局など、振替割引制度を導入している事業者は、共通して毎月54円を割引しています。 一方、クレジットカード払いの場合、例えば還元率1%で計算すると、1カ月5,000円でも50ポイント=50円です。つまり、1カ月の支払金額が5,400円を超えなければ、口座振替の方がお得になるのです。
どちらの支払方法にするかは、公共料金ごとに試算してお得になる方を選択するほうが望ましいと言えます。

クレジット払いに変更した時の注意点

カードの有効期限が変わった時

クレジットカードには有効期限があることをご存じでしょうか。クレジットカードの表面に月/年の表示があり、表示されている有効期限が近づくと、カード取り扱い事業者から有効期限が更新された新しいクレジットカードが届きます。 新しいクレジットカードを使い始めればそれまで使用していた旧カードは無効となり、以後の引き落としに使えなくなってしまうので、カード情報の変更手続きが必要となってきます。 カード会社や支払先事業者によっては、自動延長してくれたり、ネット上で簡単に手続き完了できたりする場合もあります。 しかし、郵送のやり取りによって書類の提出が必要で時間がかかる事業者もあるため、新しいカードが届いたらなるべく早めに手続きした方がよいでしょう。

カードを再発行した時

例えばクレジットカードを紛失してしまったり、盗難に遭ってしまったりし、クレジットカード会社に依頼して再発行された場合、カード情報はそのまま使えるのでしょうか。答えは「ノー」です。 クレジットカードが再発行されるとカード番号が変わってしまうため、以前使用していたカードとは全く別物と考えなければなりません。 各支払先事業者への手続きは、有効期限が変わった時とほぼ同じですが、有効期限変更時のような自動更新はできないため、全ての事業者へ変更手続きが必要となります。

カードを解約する時

それまで公共料金の支払いに使用していたクレジットカードを解約する場合は、毎月の支払いに影響するため、事前準備をしっかりと行ってください。 支払先事業者には、顧客がクレジットカードを解約した、という情報は入らないため、本人から直接各事業者に知らせる必要があります。 直接知らせた上で別のクレジットカードへの変更手続きをしておかないと、支払先事業者から引き落としできなかった旨の連絡が入り、その時点で慌ててしまうことにもなりかねません。 またクレジットカード解約についての詳細は、下記記事も参考にしてみてください。

カードの変更をする時

公共料金支払いに登録していたクレジットカードだとしても、カード会社の規約変更などで不利益になってしまいカードを変更したい、という場合があるかもしれません。 この時注意が必要ことは、変更手続きを郵送受付のみでしか行わない支払先事業者もあり、もし手続きが遅れて次の支払いに間に合わない場合、振込用紙で現金払いをする必要が生じてしまう点です。 こういった労力や時間をかけるよりも、安心して長く使えるクレジットカードを最初から登録しておいた方が賢い選択と言えます。 そのため、クレジットカードを選ぶ際はインターネットやテレビのCMなど、様々なメディアで比較検討してみることをおすすめします。

クレジットカード払いへの変更手続き

最後に、実際にクレジットカード払いへ変更する際の注意点や手続きについて説明します。 手続きを行う前に、まずは各支払先事業者が取り扱うことができるクレジットカードの種類について、電話やインターネット、郵送による資料依頼等で確認しておいた方が良いでしょう。 数十種類ものカードを取り扱える事業者もあれば、クレジットカード払い自体、取り扱っていない事業者もあるからです。 取り扱われているクレジットカードを確認できたら、実際に手続きへ移りましょう。手続き方法は、クレジットカード変更等の手続きと同様、インターネットで各事業者のホームページから直接手続きする方法や、郵送による申し込み等が一般的です。

まとめ

毎月発生する公共料金は種類も多く、現金払いや口座振替では煩雑になり支出管理も大変です。クレジットカード対応が可能な支払先をまとめることができれば、支出管理も楽になり、金銭面のみならず、支払いにかかる時間・労力も節約できます。 毎月の公共料金の支払いについて、手間を省いて節約したい、と感じているのであれば、一度クレジットカード払いへの検討をしてみてはいかがでしょうか。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。