セゾンカードのリボ払いとは?金利や変更手続きも詳しく紹介

セゾンカードのリボ払いは3つの返済コースから選ぶことができます。自分のお金の都合に合わせて返済額のコントロールがしやすいことが、セゾンカードのリボ払いの強みです。今回は、セゾンカードのリボ払いの概要と変更方法を解説します。

セゾンカードのリボ払いの特徴とは?

セゾンカードのリボ払いの特徴を解説します。リボ払いで重要なのが手数料です。セゾンカードはカードの種類によって手数料が変わるため、きちんと確認しておきましょう。

定額コースなど3つのコースが選べる

セゾンカードのリボ払いには3つの返済方法があります。1つ目が「長期返済コース」、2つ目が「標準コース」、そして、最後3つ目が「定額コース」です。 長期返済コースは月3,000円から、利用金額に応じて返済金額が上昇します。標準コースは毎月1万円から返済するコースです。長期返済コース同様、利用残高に応じて毎月の返済金額が5,000円ずつ上昇します。 最後の定額コースは、3万円から1万円単位で支払い額を調整できるコースです。毎月の最低支払い金額は上記の2コースと比べて大きいですが、残高に応じた返済金額の変化がなく、自分で調整できます。

返済方法やカードで異なる手数料

どの程度の手数料が掛かるのかをシミュレーションしてみましょう。例えば、10万円を標準コースで返済していくとします。標準コースの毎月の支払い金額は1万円です。支払い回数は11回となり、手数料は6,712円掛かります。 10万円を長期返済コースで返済する場合、毎月の支払い金額は5,000円です。支払い回数は23回、手数料は14,563円掛かります。 返済コースが変わるだけで、掛かる手数料、支払い回数に違いが出るのです。また、上記の計算は実質年率を14.52%に設定していますが、年率はカードの種類によって異なる場合があります。

西友などリボ払い可能な加盟店が豊富

セゾンカードは、リボ払いが可能な加盟店が豊富です。また、一回分の支払いで買い物をした分を、都合に合わせてリボ払いに変更することができます。

キャッシングもリボ払い可能

セゾンカードはキャッシングの返済もリボ払い可能です。急にお金が必要になった際に、リボ払いは役立ちます。しかし、キャッシングは便利な反面、キャッシングを重ねてしまうと、支払い額が変動してしまう可能性もあるためご注意ください。 リボ払いに設定していれば、追加のキャッシングをしても毎月の支払い額は一定です。

コンビニATMも利用できる

コンビニATMでの返済は通常、7時から23時まで受け付けています。ただし例外があり、毎月14日だけは21時までの受付です。

金額変更や確認などの各種手続き方法

支払い金額の変更や残高の確認を解説します。

ショッピングの前にリボ宣言

セゾンカードは支払いのすべてをリボ払いにするサービス「リボ宣言」があります。Netアンサーにて手続き可能です。

あとからリボ払いに変更したい

「本来は1回払いで支払うつもりだったけれど、お金の都合がつかなくなり厳しい」などという場合、あとからリボ払いに変更できます。

返済金額を変更するとき

インターネットではNetアンサーから、電話ではパーソナルアンサーから手続きを行えます。また、セゾンカウンターが近くにある場合は、そこから手続きを行うことができます。

余裕があるときに一部返済したい

リボ払いは毎月小額の支払いになる代わりに、支払いが長期化しやすい特徴があります。まとまったお金ができた時点で少しでも返済しておくことが賢明でしょう。 現在、リボ払いを適用されている支払いは1回払いに変更することはできません。しかし増額払い、または全額払いであればセブン銀行から行うことができます。

残高を確認する場合

Netアンサー、または郵送の利用明細にてリボ払いの残高を確認できます。Netアンサーはログイン後、ページの下にある「ご請求内訳」より確認可能です。 利用明細を郵送で受け取っている場合、利用明細内の「ご利用代金明細書」で確認できます。

リボ払いを解除するとき

リボ宣言はインターネット上のNetアンサーから解除可能です。Netアンサーにログイン後、明細確認、支払い変更からリボ払いに変更をクリックします。その後、リボ宣言をクリックすると、現在のリボ宣言の利用内容が表示されます。 解除を選択し、「次へ」ボタンで解除が完了です。

一括返済できない?リボ払いの注意点

リボ払いを利用する前に、その注意点をしっかりと把握しておきましょう。

一括返済や繰り上げ返済をしたい場合

セゾンカードのリボ払いは、増額払い、または全額払いが可能です。増額払いは現在の毎月の支払い額にプラスした額を返済します。全額払いは利用残高分をすべて一括で返済する方法です。 ただし、既にリボ払いが適用されている支払いを1回払いに変更することはできません。上述の通り、全額払い、または増額払いはセブン銀行で受け付けています。

リボ払いが反映されない場合

リボ払いに変更したにもかかわらず明細に載っている金額が変わらない場合、理由があります。翌月の請求金額をリボ払いに変更するには、14日の23時30分までに手続きする必要があるからです。 この時間内に手続きができれば、20日前後にセゾンから郵送される利用明細書に変更が適用されます。 しかし、15日以降にリボ払いを変更した場合は利用明細に反映されません。反映されたことを確認するには、Web明細を利用する必要があります。

まとめ

セゾンカードのリボ払いの返済は、3つのコースから選ぶことができます。それぞれ毎月の最低支払い額が設定されているため、利用する際は、自分が毎月いくら支払うことになるのかをチェックしましょう。また、リボ払いは返済が長期化しやすいため、お金に余裕ができたときに、増額払い、または全額払いをすることをおすすめします。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。