税金とは何か?税金の意味や種類などをわかりやすく解説!

税金を納めるのは義務、ということを知っている人は多いでしょう。しかし、税金の役割や、何に使われているかをしっかりと把握している人は少ないのではないでしょうか。今回は、税金とは何なのか、ということから、種類や役割・具体的な使い道を解説します。

税金とは?簡単に意味を解説

日本国内で暮らすための会費に相当

税金は会費と同じ役割をしており、日本国内の人全員が税金を支払っています。日本以外にも税金はあり、外国に住む際もその国の税金を支払わなければいけません。 税金は社会全体を支えるものであり、医療費の負担が安くなることや、ごみの収集が無料で行われているのも、税金でまかなわれています。 もし税金というもの自体がなくなると、警察や医療費、ごみの収集などは有料となったり、負担が大きくなったりしてしまいます。健康的に安全に生活していく為に税金は必要なのです。

税金を払うことは国民の義務

日本の三大義務をご存じの人は多いのではないでしょうか。納税は、勤労・教育と並ぶ義務となっています。 公的サービスは税金を使って運営されているので、不公平さをなくすためにも義務となっています。そのため、税金を支払うことができていない場合や、申告が不十分だったり、間違っていたりする時は、調査した正しい金額を納めなければいけないので注意しましょう。

税金の仕組みと役割は?

国税と地方税の違い

税金は国税と地方税に大きく二つに分かれます。国に支払うのが国税、市区町村など地方に納められる税金が地方税です。 国税は所得税、相続税、贈与税などがあげられ、消費税や自動車重量税なども国税となっています。 地方税は住民税や国民健康保険税、共同施設税などがあり、他にも地方消費税や自動車税、ゴルフ場利用税も地方税に分類されます。 国税と地方税から、納め方によって直接税と間接税に振り分けられます。

直接税と間接税の違い

直接税と間接税というものを聞いたことがある人は多いかもしれません。直接税は所得税や住民税、自動車税などがあります。実際に納税する人と負担をする人が同じ税金を直接税といいます。 間接税は消費税や自動車重量税、入湯税などです。納税する人と実際に負担する人が異なるものを間接税といい、ものを買ったり、ゴルフ場や温泉を利用したりするときも税金はかかっています。 ごはんのおかずやお菓子、たばこなど毎日何かの買い物や利用をしている人は、何かしらの税金を毎日払っているということになります。

税金で公共サービスの費用をまかなう

公共サービスはいろいろなものがありますが、救急車や交番が無料で利用できること・ごみ収集が無料で行われていること・医療費が全額負担ではない、ということがあげられます。 サービスだけではなく、公園や国道、図書館や美術館のような無料で利用できる公共施設も税金によってまかなわれています。小学校や中学校の公立である学校は税金によって建てられ、街灯や橋なども税金で建設・維持されています。

税金の種類は40以上!身近な税は?

所得税

働いている人・収入を得ている人は、所得税のことを一度は耳にしたことがあるでしょう。所得税は、分類すると10種類あり、給与所得や事業所得、不動産所得などがあります。 所得は収入から経費を差し引いたものであり、給与所得の場合、基礎控除やその他色々な控除が適用され、所得金額に応じて税金を支払います。所得税は税金の中心となっており、先ほど解説した公共サービスや施設が無料で利用できたり、安く利用できたりするのも所得税が大きく関わっています。

住民税

住民税は、県民税・市民税をあわせた呼び方です。所得に応じて金額が決まるものとなり、所得税は今年の所得に応じて今年支払いますが、住民税は今年の所得によって、翌年に支払う住民税の金額が決まります。 所得に応じて支払うのは同じですが、払う時期が異なります。納められた住民税は地方自治体のごみ処理や公共サービスのための資金として集められるのです。

消費税

ものを買う時に必ず払う消費税ですが、消費税は社会全体を支えるのに大切な役割をもっています。消費税のほとんどは社会保障費として、年金や医療、子育て支援や介護に使われており、国にとって欠かせない税金となっています。

自動車税

自動車を持っている人全員が払う自動車税や軽自動車税は、排気量に応じて払う金額が決められています。自動車税は自動車を持っている人に還元される使われ方をしているのではなく、一般財源として使われています。

法人税

個人の場合、所得がなければ所得税が発生しません。その点法人も同じで、利益が出なければ法人税は発生しません。法人税は益金から損失を差し引いた金額に課税されます。

事業税

事業税には個人事業税と法人事業税があり、どちらも会社や事業が行われている住所の都道府県に納めます。個人の場合は前年の事業での所得が290万円を超えると課税の対象となり、290万円の事業控除が受けられます。

まとめ

税金の種類や役割、使い道について紹介いたしましたが、お分かりいただけたでしょうか。国民皆が払っている税金は、公共サービスのため・社会のための支えとなっており、とても大切な役割をしています。これを機に、社会全体の支えになっている税金を詳しく調べてみましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。