税金の使い道はどうなっている?税の割合や使い方の決め方まで解説

何かと徴収される税金ですが、実際どんなことに使われているのかが気になるものです。加えて、使い方は誰がどうやって決めているのかを知ることも重要です。そこで今回は、税金の使われ方や決め方、日本の税の内訳について解説していきます。

税金を納める理由

普段生活している中で、税金を納める機会は多いです。そもそも、なぜ税金を納めなければならないのでしょうか。理由を明確にしていきます。

納税は国民の三大義務の一つ

物を購入するときなどに加算される税金ですが、税金を納めることは国民の義務となっています。勤労・教育・納税が国民の三大義務ですので、定められている以上は支払わなければなりません。

社会を支える為のもの

国に定められており税率も変動することがあるので、中には不満を持つ方もいるのではないでしょうか。しかし、税金は主に道路や水道の整備など、みんなが使う物が壊れたときに修復する費用、または新たに設置するときの費用に充てられます。 そして警察官や自衛隊など、国を守る責務を担う公務員の方に支払われます。そのため税金は、社会全体を支えるために国民から徴収する必要があるのです。障害者の方などを支援するときにも使われ、自分の年金や医療費にもなるので、必要不可欠なお金です。

税金の種類について

税金には様々なものが存在するため、それぞれの特徴を説明していきます。

国税と地方税

国や都道府県が課税するものとして分類される税金であり、地方税はさらに細かく分かれます。県民税や特別な固定資産税は都道府県が課税する道府県税、たばこ税や市民税は、地方が管轄するものなら、市町村税に分岐するのです。所得税や相続税、法人税などは国が課税する税金となります。

直接税と間接税

国税と地方税は、直接税と間接税に分かれます。基本的に収入に関係するものは直接税、財産関係もこちらに該当するのでしっかり覚えておきましょう。 また、消費税関係や流通による課税は間接税です。つまり本人が実際に負担する税金が直接税で、負担が移る税が間接税と認識しておくと理解しやすくなります。

国税庁が公開している歳入の内訳

4月から翌年3月までの期間で算出された収入を「歳入」と言い、国税庁が公開しています。ここでは歳入の内訳を見ていきましょう。

所得税

個人の所得、つまり給料にかかる税金が該当します。給料明細をもらったときに記載されており、毎月課税される税金です。

法人税

会社の収益にかかる税金が法人税です。社会保険料や賞与なども会社が支払うため、法人税が関わってきます。

消費税

主に物を購入したときに課税される税金であり、消費者全般が負担する税金です。税率は年々変動している傾向がありますので、商品を買うときにも大きく関わるでしょう。

公債金

国の借金になります。そのため国民から税金を徴収することにより返済しているのです。公債金は約35%であり、大部分の歳入は公債金となっています。

税金の使い道の例

税金が実際どのようなことに使われているのか、ここでは一例を紹介します。

水道

家庭で契約している水道局は、毎月徴収する水道代金で運営されています。ただ、赤字になってしまうこともあり、水道局がなくなってしまう懸念もあるのです。そういったことを防ぐために、不足分が税金でまかなわれます。

道路

年末になると、あちらこちらで道路工事がされている光景を見る、という方も多いのではないでしょうか。道路が破損しているときの修復作業、そして新しく道路を舗装するときにも、税金が使われています。

年金

日本では65歳以上から年金が支払われるのですが、これも国から支払われているお金です。したがって国に支払うお金が足りなければ、年金をもらえなくなります。

医療

病院で治療を受ける際、健康保険で医療費の一部を負担してもらえるのはご存じの通りですが、その分の保険金にも税金が使われています。

税金の使われ方の決め方

税金は国が管理しています。では、どのように使われ方が決められるのか、理解しておきましょう。

内閣が予算案を国会へ提出する

税金は、様々な使い道があるため、優先して使うべきことは何か、不足しているのはどこなのかを国が決めます。内閣が予算案を提出し可決すれば支払われる、という仕組みです。税金の予算案を作る内閣は内閣総理大臣であるため、国民も税金の使いみちに関わっていることになります。

国会が審議して議決する

内閣総理大臣が全ての税金の使い道を決めるのではなく、国会議員が審議して決めることもあります。国会議員も国民の選挙で決められるため、選挙で誰になら税金のことを任せられるのかを考えることが大事なのです。

まとめ

税金は年ごとに徴収率も変わり、時には国民に不満を与える原因にもなりかねません。しかし社会がうまく機能するため、そして自分たちの暮らしが豊かになるためには、国に支払うべき大切なお金であると言えるでしょう。子供の学校や自分が病院で治療を受けるときなど、生活をしていくうえで大切なお金なのです。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。