dカードのキャッシングはATM利用可能!審査や申込、返済方法は?

dカードは、ドコモが発行するクレジットカードです。また、dカードはショッピングの利用だけでなく、キャッシング利用枠の設定でキャッシングリボのサービスが利用できます。ここでは、dカードのキャッシングについて詳しく解説していきます。

キャッシング枠はどのくらい?

ここでは、キャッシングの利用枠について、dカードとdカードゴールドをそれぞれ説明します。

dカードは5~90万まで

dカードのキャッシング利用枠は、年収の3分の1以下、かつ5万円から90万円までの間で設定可能です。ただし、学生は上限5万円まで、満65歳以上は上限10万円までに制限されています。

ゴールドは5~100万まで

dカードゴールドのキャッシング利用枠は、年収の3分の1以下、かつ5万円から100万円までの間で、dカードより10万円多く設定可能です。ただし、dカードと同様に学生は上限5万円まで、満65歳以上は上限10万円までに制限されています。 詳しいカードの違いについては、こちらの記事をご覧ください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/9519”]

申込みや審査、利息は?

dカードのキャッシングの申込方法や審査の方法、また、利息について説明します。

ネット上で利用枠の設定をする

カードの申し込み時またはカード発行後に、インターネットでdカードのキャッシング利用枠の設定申請が可能です。なお、すでにキャッシング利用枠の設定をしている人は、利用枠の増枠申請が可能です。

設定、増枠は審査で減額されることも

インターネットでキャッシング利用枠の設定や増枠申請をした後は、dカード側で審査が行われます。審査の結果次第では、否決や申請額よりも減額されることがあります。

利息は18.00%

dカードでのキャッシングの利率(実質年率)は、18.00%です。また、dカードゴールドのキャッシングの利率(実質年率)は、dカードより低く15.00%となっています。

dカードキャッシングのメリット

dカードは、キャッシング利用枠の範囲内であれば、何度でも繰り返しキャッシングをすることができます。ここでは、dカードでのキャッシングのメリットについて説明します。

銀行やコンビニatmで利用できる

dカードのキャッシングには、2種類の方法があります。WEBサイトや電話で申し込んでから振込をしてもらう方法と、CD(キャッシュディスペンサー)やATMから現金を引き出す方法です。 CDやATMから現金を引き出す方法は、コンビニエンスストア・提携金融機関・提携会社のCDやATMを利用します。

海外でもatmで利用できる

海外で現金が必要になった場合、空港や駅や繁華街などにあるATMから、dカードと暗証番号で現地通貨を引き出せます。海外キャッシングサービスを利用すれば、わざわざ両替をしなくても現地通貨を用意することが可能です。 海外のATMでdカードを使ったキャッシングを利用するには、海外キャッシュサービスの利用枠を設定する必要があります。海外キャッシュサービスの利用枠は、5万円から30万円までの間で設定することができ、利率(実質年率)は18.00%です。

キャッシングできない!原因と対処法

ここでは、dカードのキャッシング機能が使えなかった場合の原因と対処法について説明します。

キャッシング枠を設定していない

dカードの契約をしたら自動的にキャッシングもできるようになる、と思っている人もいるかもしれません。実は、キャッシングをするためには別途キャッシング利用枠の設定申請が必要です。

他社の借入が多く限度額を超えている

dカードのみならず、クレジットカードでのキャッシングは貸金業法の総量規制の対象です。そのため、年収の3分の1を超える借り入れは原則できません。 他社の借入が多く年収の3分の1を越える場合は、キャッシング利用枠の審査に通らなくなるためご注意ください。

カードが利用停止になっている

dカードの支払日に残高不足などで引き落としができなかった場合、カードが利用停止になる場合があります。利用停止になると、振込または再引き落としにより支払いが確認された日の2営業日後まで、カードが使えません。

有効期限が切れている

有効期限の切れたdカードを使った場合、キャッシングだけでなくすべての取引ができません。通常、有効期限の切れる前に新しいdカードが郵送されてくるため、誤って古いカードを使うことのないようお気をつけください。

キャッシングの返済方法は?

ここでは、dカードでキャッシングした場合の返済方法について説明します。

カードの支払いと共に引落し

dカードの支払いは、毎月10日に支払口座から自動引き落としされます。キャッシングの返済も、元金一定額と利息がショッピングの利用代金と合わせて引き落としされます。 また、WEBまたは電話からの申込みにより、毎月の返済額を一時的に増額することも可能です。

指定口座への振り込み

毎月の返済の他に、増額をしてdカードのキャッシングを返済する方法があります。その方法とは、WEBにより事前に予約をしておき、指定口座へ振込みをすることで返済ができるものとなっています。

銀行やコンビニatmで返済

他にも、毎月の返済以外で増額してdカードのキャッシングを返済する方法があります。その方法は、提携金融機関やコンビニエンスストアのATMで、カードを使って返済することです。

まとめ

dカードでキャッシングをするためには、利用枠の設定が必要です。さらに、キャッシング利用枠の範囲内であれば、コンビニエンスストアや提携金融機関・提携会社のCDやATMから、何度でもキャッシングをすることができます。 dカードについては、こちらの記事もおすすめです。 [blogcard url=”https://cktt.jp/3607”] [blogcard url=”https://cktt.jp/3624”]

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。