じぶん銀行の定期預金の金利とは?引き落としや解約の時など解説

皆さんは「じぶん銀行」をご存知でしょうか。名前は聞いたことがあるけど、詳しいことはわからないという方もいることでしょう。じぶん銀行とは、auと三菱UFJ銀行が作ったネット銀行です。そこで、ここでは「じぶん銀行」の定期預金について解説します。

じぶん銀行の定期預金とは?

上述の通り、じぶん銀行はauと三菱UFJ銀行が作ったネット銀行の名前です。口座開設はもちろん、預金や外貨・ローンなどのサービスがアプリでできてしまうのが、じぶん銀行の魅力のひとつです。 そんなじぶん銀行の商品の中でも人気なのが、円定期預金です。ここでは、じぶん銀行の定期預金について詳しく解説します。

定期預金は1カ月~5年まで選べる

じぶん銀行の定期預金では、1カ月・3カ月・6カ月・1年・2年・3年・5年の中から期間を選ぶことができ、金額も1円以上1円単位で設定できるようになっています。 定期預金の取引を開始するには円普通預金口座が必要なため、口座を持っていない方は先に口座開設をしてください。 また、新規でじぶん銀行に口座を開設した方には「デビュー応援プログラム」というサービスがあります。新規で口座を開設した日から、口座開設の翌々月末までに3カ月ものの定期預金を契約した方に、通常金利にデビュー応援金利が上乗せされるというものです。 3カ月定期預金の通常金利「年0.04%(税引き前)」にデビュー応援上乗せ金利「年0.46%(税引き前)」がプラスされ、「年0.5%(税引き前)」という金利が適用されます(2018年1月4日現在)。 金利は更新のタイミングにより変動しますので、こまめに公式ウェブサイトの金利一覧ページなどでご確認ください。

定期は利率や利息が魅力!貯金用にも

定期預金は、普通預金にくらべて利率や利息が高いものが多いです。また、満期が来るまで引き出せないことから、貯金がしたい方にも定期預金はおすすめの商品と言えます。 定期預金の利率や利息が普通預金にくらべて高い金融機関は、じぶん銀行だけではありません。ほかの金融機関でも、定期預金のほうが利率や利息が高く設定されている場合が多いので、定期預金に興味のある方はいろいろと調べてみることがおすすめです。

キャンペーン利用でさらに利率アップ

上述の「デビュー応援プログラム」のほかにも、じぶん銀行では様々なキャンペーンをおこなっています。キャンペーンを利用することで、さらに利率がアップすることもあります。
ただし、キャンペーンの内容は予告なく変更になる場合がありますので、こまめに公式ウェブサイトのキャンペーン詳細ページをチェックするようにしてください。

引き落とし日に自動入金することも可

じぶん銀行では、本人名義の他行口座から、毎月一定額をじぶん銀行口座に取り寄せることができる「定額自動入金サービス」を利用可能です。これにより、定期預金の資金をATMなどから普通預金口座に移す手間が省けるほか、資金不足で定期預金の積み立てが滞る心配もありません。 他行口座から引き落とした後、じぶん銀行の口座に資金が入金されるまでに4営業日かかりますので、定額自動入金サービスを利用する場合は余裕を持った引き落とし日を設定してください。

じぶん銀行のメリットとは?

じぶん銀行を利用する際のメリットについて紹介します。

ステージが上がると特典もたくさん

じぶん銀行には「じぶんプラス」というサービスがあります。商品やサービスの利用状況に応じて、じぶんプラスステージというものが設定されており、5つのステージごとに特典が受けられるというものです。 特典の内容は「ATM出金手数料」と「他行あての振込手数料」について、ステージごとに無料の回数が増えていくというものです。ステージの判定は、前月20日時点の「預かり資産残高」と「取引条件の該当状況」によっておこなわれます。

auが親会社でアプリ内容が充実

じぶん銀行はauが親会社ということもあり、アプリの内容が充実しています。タイムラインでは、入出金の履歴や資産運用まで、お金の流れを一目で確認可能です。また、通帳のように取引の明細もアプリ上で確認することができます。 振り込みや取引もアプリ上で開始できるほか、スマホがキャッシュカードの代わりになる「スマホATM」機能や、Googleマップと連携し最寄りの利用可能なATMを検索することも可能です。そのほかの機能について、詳しくは公式ウェブサイトのアプリ詳細ページにてご確認ください。

外貨預金は自動積立することが可能

じぶん銀行では外貨預金のサービスもあります。中でも、外貨自動積立は好きなタイミング(毎日・毎週・毎月)を選び、一度設定すれば自動で外貨積み立てをすることが可能です。 積立金額は100円から設定でき、さらに、リスクを抑える分散投資が可能です。自動積立による「時間の分散」と、全8通貨から積立対象通貨を選べる「通貨の分散」もおこなえるのが魅力です。ただし、外貨預金は元本割れになるリスクもありますのでご注意ください。

ATM手数料や振込手数料が魅力

じぶん銀行は利用できるATMが多く、ATM手数料や振込手数料は比較的安く設定されています。ATM手数料と振込手数料については、上述のじぶんプラスのステージに応じて無料回数が異なります。

じぶん銀行のデメリットとは?

次に、じぶん銀行を利用する上でのデメリットについてもみていきましょう。

au利用者以外にはあまり特典がない

じぶん銀行はauが親会社なので、au利用者には「WALLETポイントが貯まる」「au住宅ローンセット割」「カードローンau限定割」など、様々な特典があります。しかし、au利用者以外にはあまり特典がないのが現状となっています。

高セキュリティだが使いにくいことも

じぶん銀行はネット銀行だからこそ、セキュリティに力を入れています。「スマホ認証サービス」「インターネットバンキングロック」「ATMロック」「振込限度額設定」「ATM出金限度額設定」「メール通知サービス」などの高いサービスが特徴です。 利用者の資産を守るための高セキュリティですが、「インターネットバンキングロック」をONにしていると、パソコンでのログインができなくなります。スマホでロックを解除する必要があるなど、不便に感じることもあります。

定期預金を解約したいときは?

スマホ・携帯・パソコンから可能

満期前にやむを得ず中途解約する際は、スマホ・携帯・パソコンから手続きが可能です。スマホやパソコンからインターネットバンキングにアクセスするか、携帯電話からケータイバンキングにアクセスしましょう。 中途解約の場合は、中途解約金利が適用になりますので注意が必要です。詳しくはホームページにてご確認ください。

じぶん銀行の口座解約は電話で可能

じぶん銀行の口座解約は電話での手続きとなります。円普通預金口座以外のサービスの利用がない場合は、キャッシュカードを用意し、じぶん銀行お客さまセンターに電話をかけてください。 じぶん銀行お客さまセンター:0120-926-111 平日   9:00~20:00 土日祝  9:00~17:00 定期預金などほかのサービスを利用中の場合は、先に利用中のサービスを解約する必要があります。解約方法などはホームページにてご確認ください。

定期預金が満期になったら?

ここでは、定期預金が満期になった場合の手続きについてお話します。

満期後の取扱いは3パターンから選択

定期預金の満期後の取り扱いは、預入の時に選択した「元利金継続型」「元金継続型」「自動払い戻し型」の3パターンです。 「自動払い戻し型」の場合は、元金・利息ともに普通預金口座に入金されます。預入後に満期時の取り扱いを変更したい場合は、この「自動払い戻し型」へのみ変更が可能ですので注意しましょう。

もう一度定期にしてもOK

満期後にもう一度定期にすることも可能です。「元利金継続型」の場合は、利息を元金に組み入れ預入時と同じ期間で継続することができます。また「元金継続型」の場合は、元金は預入時と同じ預入期間で継続することができ、利息は普通預金口座に入金されます。

まとめ

じぶん銀行の定期預金について、メリット・デメリットを含めてお伝えしました。じぶん銀行は、充実したアプリ内容や高いセキュリティが魅力です。auユーザーの方も、そうではない方も、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。