銀行の支店変更は必要?UFJ・りそな・みずほの場合など紹介

引っ越しなどにより、いつも使っている銀行の支店が変わることもあります。そんなときに、銀行の支店変更は必要なのでしょうか。またどのよう場合には支店変更が必要になってくるのでしょうか。UFJ・りそな・みずほなど銀行別に、支店変更の手続き方法も含め確認していきましょう。

引っ越したら支店変更は必要?

支店でなくてもたいていの事はできる

引っ越して住所が変わったとしても、必ずしも支店変更をしなくてはならないというわけではありません。預金の入金・出金であればATMからできますし、別支店の窓口でも行うことができます。そのため、預金の入出金以外に銀行口座を使用していない場合には、わざわざ支店変更をする必要はないといえます。

支店変更をする意味がある場合とは

預金の入出金といったような基本的な使用においては、登録されている銀行の支店はどこであっても問題ありません。では、どのような場合に、支店変更が必要になってくるのでしょうか。 銀行の支店変更が必要になるケースとしては、学校からの教材費の引き落とし、又は会社の給与の振込などで支店を指定された場合が挙げられます。これらの場合には、指定の支店で銀行口座を登録する必要があります。

支店でしかできないことは?

ローンの申込み・口座の解約など

口座に登録されている支店でしかできない手続きもあります。それはローンの申し込みや口座の解約などです。これらの手続きは支店でしか行うことができないため、引っ越しなどに応じて支店変更をする必要があります。ローン申し込みや口座の解約の可能性があるという方は、事前に引っ越しに合わせて支店変更をしておくとよいでしょう。 口座の解約や、口座名義人の変更方法についてはこちらの記事もご覧ください。

支店変更「移管」手続きの方法

三井住友銀行の場合

三井住友銀行で支店変更をする場合には、近くの支店窓口から行うことができます。支店変更の際に必要となる書類は下記の通りです。
  • 口座の通帳・証書
  • キャッシュカード
  • 届け印
  • 運転免許書などの本人確認書類
場合によって必要な書類も異なるので、事前にホームページで確認しておきましょう。 取引内容によってはマイナンバーカードの提示が必要となる場合もあります。また、マル優サービスを利用している場合にも、別途マルの資格確認が可能な書類の提出が必要です。

りそな銀行の場合

りそな銀行で支店を変更したい場合には、現在支店となっている店舗、もしくは新しく取引店として変更したい店舗への来店が必要です。店舗で手続きを行うと、後日手続き完了のハガキが届くこととなります。 変更完了の通知ハガキと既存の通帳を持って新しい支店へ行くと、新しい口座の通帳をもらうことが可能です。新しい口座のキャッシュカードは後日郵送にて送付されます。

みずほ銀行の場合

みずほ銀行で支店の変更手続きをするためには、現在取引をしている店舗か新しく取引をしたい店舗へ必要書類を持って来店する必要があります。来店時に持参するものは以下の通りです。
  • 現在取引中の口座で使用している通帳・証書
  • 契約書
  • 届け印
  • キャッシュカード

UFJ銀行の場合

三菱東京UFJ銀行の場合、支店変更に関して公式ホームページには情報がありません。取引支店を変更したい場合は既存の口座を一度解約しなければならないようです。解約後、再度新しく取引をしたい支店で口座を開設する手続きが必要です。このように、銀行によっては支店変更ができない場合もあるので注意しましょう。 また、三菱東京UFJ銀行の場合には新しく口座を開設したい支店に直接来店して開設する必要があります。これに対し解約の場合には、支店登録されている支店でなくとも、最寄りの支店から行うことができます。

横浜銀行の場合

横浜銀行の場合も、公式ホームページ上に支店変更に関する記載はありません。しかし、新しく取引をしたい店舗に、通帳、カード、届け印、本人確認書類などを持参することで変更が可能です。実際に来店する前に、一度電話で手続きの詳細や必要書類について確認しておくと二度手間を防げるので安心です。

支店変更における注意点

口座番号が変わる

銀行口座の支店変更に伴う注意点もあります。まず、銀行口座の支店を変更するということは、口座番号が変わることを意味します。以前まで使っていた口座番号は使用不可能になるので注意が必要です。 口座番号の変更に伴って、キャッシュカードや通帳も新しいものに変更になります。新しいものが届くまで時間がかかる場合もあります。 銀行の口座番号や、口座の種類についてはこちらの記事もチェックしてみてください。

クレジットカード等の引き落とし

銀行の支店変更をした際には、各種引き落とし口座を変更しないと、引き落としがされなくなってしまいます。クレジットカードの他、光熱費、通信費などを口座引き落としにしている場合、支店変更に合わせてこれらの指定口座も変更しましょう。

まとめ

引っ越しなどで住所が変わった場合でも、必ずしも銀行の支店変更をしなくてはいけないというわけではありません。引き落としや入金などのみで利用している場合は、利用に問題がないからです。ただし、支店でしかできないこともあるため、自分がどのような使い方をしているか踏まえた上で支店変更を検討してみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。