銀行で新札に両替するには?みずほやUFJ、土日の場合など解説

ご祝儀やお年玉など、新札が必要になってくることは多々ありますが、銀行で新札がほしいと思ったときはどうすればよいのでしょうか。UFJ、みずほなど銀行別に新札への交換の仕方を解説します。また、土日に入手する方法や銀行が利用できないときに新札を手に入れる方法についても紹介します。

銀行で新札に替えてもらうには?

両替用ATMで替える

銀行には両替用ATMというものがあり、古いお札を入れると新しいものに交換してくれます。窓口に行かなくてものよいので、手軽な手段です。しかし、銀行や店舗によっては両替機能のあるATMがない場合もあるため、事前に確認しておくことがおすすめです。 普段窓口で両替しているという方も、窓口が混んでいるときには両替用のATMを使用してみてはいかがでしょうか。

窓口で替える

銀行の窓口での両替がスタンダードな新札への両替方法です。銀行の窓口にで、古いお札を準備し、新札に替えてほしい旨を申し出れば替えてもらうことができます。 しかし、銀行の窓口は通常平日のみしか営業していないため注意が必要です。営業時間も15時までの店舗がほとんどのためご注意ください。なお、一部の店舗では延長営業をしていることもあります。

みずほ・UFJ・三井住友は基本可能

銀行の窓口では新札への両替が可能ですが、銀行によっては両替を受け付けていない場合もあります。みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行であれば、基本的に新札への両替が可能です。 ただし、両替用ATMを使おうと思っている場合には、利用する銀行のキャッシュカードや通帳が必要になることが多いため注意してください。

土日でもできる?手数料はかかるの?

窓口・両替用ATMは平日のみ

銀行窓口での両替、および両替用ATMの使用は基本的には平日のみとなっています。そのため、銀行での土日の両替はできないと認識しておいてください。 結婚式などのお祝い事は土日や祝日にある場合が多いですが、当日に銀行が閉まっていて両替できなかった、ということも考えられます。銀行で両替を考えている場合は、日程に余裕を持って新札を準備しておくことをおすすめします。

数枚であれば無料でできる

銀行での新札への両替に関しては、手数料が取られるのかという点も気になるところではないでしょうか。新札への両替は、窓口であっても両替機を使用しても、数枚程度ならば無料で行ってくれることが多いです。 ただし、枚数が増えると手数料がかかることもあるので注意してください。 窓口両替においては、例えば、三菱UFJ銀行の場合で50枚まで無料、50枚以上500枚以下で324円、501枚以上で648円の手数用がかかります。 なお、通常の両替に関する手数料などは、こちらの記事もおすすめです。

銀行以外で新札を入手する方法は?

銀行ATMで新札がでるまで引き出す

土日や時間外などで銀行の窓口や両替機が使えない場合に、新札を手に入れる手段の1つとしては、銀行ATMで新札が出るまで引き出すという方法があります。 ATMで引き出されるお金は新札で出てくることもあるので、引き出すだけで新札を手に入れることができる可能性もあるのです。しかし、必ずしも新札が出てくるわけではありません。

ホテルや式場のフロントに頼んでみる

結婚式のご祝儀で新札が必要な場合には、ホテルや式場のフロントに頼んでみると新札に交換してくれる場合もあります。式場やホテルでは、ご祝儀用に新札が用意してあることが多いためです。 しかし、場所によっては準備していない、もしくは不足してしまっていることも考えられます。事前に問い合わせておくようにしてください。

コンビニATMで引き出してみる

銀行のATMでお金を引き出しても新札を手に入れることができなかった場合には、コンビニのATMで引き出してみることで新札が出てくることがあります。コンビニのATMは小さいスペースでたくさんのお金を管理できるように、収納に幅を取らない新札を多く入れている傾向があります。

郵便局で頼んでみる

郵便局で頼んでみると、古いお札を新札に交換してくれることもあります。銀行と同様に、窓口で新札に両替してほしい旨を申し出ると対応してくれます。郵便局であれば、銀行よりも長く16時ごろまで営業していることが通常です。 さらに、大きな郵便局にいけば18時頃まで両替に対応してくれる可能性もあります。銀行が営業時間外という場合には、郵便局で頼んでみるのも手です。

デパートや百貨店で頼んでみる

デパートや百貨店では、ご祝儀袋の売り場で両替を行ってくれることがあります。ご祝儀袋を買ってくれた人へのサービスとして行われることがあるためです。デパートでご祝儀袋を買って、そのまま新札に替えてもらうことができれば手間がかかりません。 ただし、必ず新札が用意されているとは限らないこと、両替をしてくれないデパートもあることを認識しておいてください。

アイロンで皺をのばす

どうしても新札が手に入れられない場合には、古いお札の皺をアイロンでのばし、新札のように見せることができます。アイロンで皺をのばすときには、できるだけ皺の少ないお札を選んで行ってください。 なお、アイロンによってホログラムが取れてしまったり、スチームでお札が変形してしまうこともあるので十分に注意してください。

新札引き出し専用機があるって本当?

みずほ銀行渋谷中央支店のみ

新札引き出しのみを行う専用機があるのをご存じでしょうか。実は、みずほ銀行渋谷中央支店には、新札引き出し専用機があります。2018年1月現在では、この1店舗のみに専用機が設置されています。 みずほ銀行であっても、他店舗には設置されてないので注意してください。みずほ銀行渋谷中央支店に行けるという方や、アクセスしやすいという方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

銀行であれば新札に替えてもらうことができます。しかし、時間や曜日の制限があるので利用できないという方もいるでしょう。そんな場合は、ATMや郵便局の利用、もしくはデパートで頼んでみるなど、可能な方法を試してみてください。いざというときのためにも、新札の手に入れ方を覚えておくと便利でしょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。