ソニー銀行を解約するときトークンは?電話解約や手数料など解説

ソニー銀行は基本的にはWEB上のみでも解約することができますが、解約手続きを行う上で必要な手順があり、また、場合によっては書面での手続きが必要となる場合もあります。今回はソニー銀行の解約の手順について詳しく紹介します。

銀行口座を解約するための方法

pcサイトから行う

PCサイトにログインをし、サービスサイト上で手続きを行います。各種パスワードが分かる場合のみ、サービスサイトからの操作のみで手続きを完結することが可能です。 なお、解約の手続きで円普通預金口座残高がある場合は、指定の金融機関口座へ振り込みを行うことができます。

カスタマーサービスへ電話

カスタマーサービスに直接電話して解約することも可能です。0120-365-723(通話料無料)、または03-6730-2700(通話料有料)から連絡してください。 営業時間は、 平日 9:00~20:00・土日祝日 9:00~17:00(12月31日~1月3日を含む)となっており、上記の番号から解約をしたい旨を申告します。 また、書面での解約は契約内容により必要なものが異なる場合があります。詳細はカスタマーサービスにてご確認ください。

口座解約前に行う主な手続き

ソニーバンクウォレット

ソニーバンクウォレットカードで、デビット支払い分の口座引き落としができなかった金額がある場合は、不足金額分を口座に入金する必要があります。

投資信託

現在預けている残高の解約が必要です。解約の受け渡し日翌日以降から、普通預金口座の解約ができるようになります。 なお、積み立てプランを利用している場合、一時中止プランを含めて「プラン取消」が必要です。 また、 特定口座及びNISA口座の「書面での廃止」が必要となります。特定口座の場合で「源泉徴収あり」を利用の場合、翌月第一営業日の還付金計算後に普通預金口座の解約が可能になります。

円預金

円定期預金の解約が必要となります。また、積み立て定期預金の場合は利用残高の「引出」と「解約」が必要です。

カードローン

カードローンの解約が必要です。カードローンの解約方法は、利息や借入金額の清算後、サービスサイトからログインすることで手続き可能ができます。なお、カードローン専用のカードは解約手続き後使用不可となります。

その他

外貨定期預金・外貨普通預金口座・外国為替証拠金取引の「解約」が必要となります。ブラジルレアル定期預金と仕組み預金は、預け入れ後は中途解約ができないので注意が必要です。満期日以降の解約手続きとなります。 また、ソニー銀行への外貨送金(被仕向け送金)は、全ての受け取り手続きの完了が必要となります。ソニー銀行からの外貨送金(仕向け送金)は、ソニー銀行での処理が完了まで解約ができません。

PCサイトからの解約手順

PCサイトへログイン

ログイン時は、店番号・口座番号・ログインパスワードが必要です。 なお、長期間ログインをしていない、またはログインをしたことが無い端末からのログインの場合、取引パスワード・ワンタイムパスワード(トークン)が必要となる場合があります。 パスワードが不明の場合は、各種パスワードの「再設定」の手続きが必要となります。 もしログインパスワードや取引パスワードが不明の場合は、PCサイトにログイン後「再設定用コード」入力フォームより、店番号・口座番号・キャッシュカード暗証番号を入力し再設定を行ってください。 また、キャッシュカード暗証番号が不明の場合や、ワンタイムパスワード(トークン)紛失の場合は、カスタマーセンターへの問い合わせが必要となります。

残金の振込先を設定する

口座解約時に円普通預金口座に残高がある場合は、残高を他の金融機関に移管する必要があります。事前に全額出金を行っておくと、他の金融機関情報の登録の手間が省けるためおすすめです。

解約の理由を入力

解約理由のアンケートの回答を送信します。なお、アンケートの送信は任意のため、回答せずに次に進むこともできます。

パスワードなどを入力

要求されたパスワードの入力(秘密の合言葉等)やキャッシュカードの製造番号を入力します。キャッシュカードの製造番号の一部を入力することを要求されるので、事前にカードの準備が必要です。

振込手数料はかからない

円普通預金口座残高があり、他の金融機関への振り込みを希望する場合、解約時の振り込み手数料は無料となっています。

解約後のトークンについて

解約手続きが完了後、ワンタイムパスワードを発行するトークンは不要となります。トークンの処分は、分解等はせずに基本的には不燃ごみで処分ができます。処分方法は、念のため住まいの各自治体の指示をご確認ください。 なお、トークンは登録された口座番号以外で利用はできない仕様となっているため、口座解約後は悪用されることは無いので心配ありません。

まとめ

ネットバンクは、WEB上での口座開設・解約が可能ですが、手元に契約時の書類等が残ることが無いのがほとんどです。そのため、ソニー銀行を含め、ネットバンクで口座開設を行う際はログインIDや各種パスワードは忘れないように工夫しましょう。 解約時にもしわからないことがあれば、カスタマーサービスへ問い合わせをすることでスムーズに手続きを進めることができるので、ぜひ利用してみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。