dカードETCカードの年会費は?審査から解約まで解説!

dカードはNTTドコモが発行するクレジットカードですが、dポイントカードのポイントカード機能とiDの電子決済機能が一体となっています。このdカードでは通行料金支払い専用カードのETCカードを申し込むことができます。dカードETCカードの年会費、申し込みから解約までの手続き、などについて説明します。

dカードETCカードのサービス内容

初年度の年会費が無料

dカードETCカードは初年度の年会費は無料で、2年目以降は500円(税別)となっています。ただし、2年目以降であっても前年度(「dカード」の契約月から1年間)にETCカードの利用による請求があれば年会費は無料となっています。

保証制度が充実している

dカードETCカードは会員保証制度がしっかりしていて、カードの盗難・紛失や偽造などにより、第三者による不正利用が発生した場合の損害を届出(警察への届出とともに損害の発生から30日以内にNTTドコモへも届出が必要)から最大90日前までさかのぼってNTTドコモが補償します。

有効期限が通常より長い

dカードETCカードは有効期限が最長50ヶ月と長い期間が設定されていますので、この点でも魅力的なETCカードです。

メール登録でポイント還元率が上がる

dカードETCカードに関してスマホなどで「お得情報メール」 の設定をすると毎週日曜日のカード利用ポイントが3倍とポイント還元率がアップします。

ETC専用カードをつくるメリット

ETCの利用でもdポイントが貯まる

dカードETCカードを有料道路で利用するとその利用料金に応じてドコモポイントが、原則として100円の利用で1ポイント、貯まります。

お得なETCマイレージサービス

dカードETCカードではETCマイレージサービスを受けることができます。 ETCマイレージサービスとは、道路事業者であるNEXCO東日本/中日本/西日本、などが提供しているサービスで、事前にETCマイレージサービスに登録されたETCカードによる支払に応じてポイントが貯まるものです。この貯まったETCマイレージのポイントは無料通行分として還元額に交換することが可能です。

家族会員でも発行できる

dカードでは家族会員ごとにETCカードを発行することができます。(本会員と家族会員で各1枚ETCカードを発行可能です) 家族会員でETCカードを発行した場合、2年目以降1年間で1回でもETCカードの利用があれば年会費は無料です。 dカードの家族カードについてはこちらをご覧ください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/2932”]

dカードETCカードの作り方

dアカウントがない場合

dカードETCカードを作るためにはdアカウントの登録がないと作成することができません。したがって最初にdアカウントを登録しなければいけません。

dカードを持っていない場合

dカードを持っていない人はdカードの作成が必要です。ETCカードだけ作りたい人には対応していないので、dカードを作りましょう。dカードを作る時に、前述したdアカウントが必要になります。

dカードを持っている場合

dカードを既に持っている場合には、dカードの公式サイトにログインして、クレジットカード番号、暗証番号、生年月日を入力してください。そして必要事項を記入のうえ送信すれば手続きは完了です。この申込手続きから約2週間でdカードETCカードが届きます。また、NTTドコモのユーザーであれば、iモードやspモードからの申込も可能です。

dカードETCカードの注意事項

審査にかかる日数

dカードETCカード発行は、ETCカードの発行条件(年齢など)に合致していて他に審査上特に問題がない場合には、申込から約2週間でカードが到着、という流れとなっています。

更新は自動でされる

dカードETCカードの更新は自動更新となっています。更新時期が到来すると期限の1ヶ月前後で新しいETCカードが送られてきます。 有効期限は、ETCカードの表面の右下に「有効期限MM(月)/YY(年)」が印刷されているので確認することができます。もし有効期限が切れているETCカードを利用しようとすると有料道路出入り口のゲートが開きませんので注意が必要です。

盗難被害・紛失時の対応

保証制度でも説明しましたが、dカードETCカードを盗難されたり紛失したりした場合には、警察とNTTドコモに連絡することが必要です。 その場合には、dカード会員であれば、dカードセンター(電話番号:0120-300-360、受付時間は年中無休の午前10:00~午後8:00)に、dカード GOLD会員であれば、dカードゴールドデスク(電話番号:0120-700-360、受付時間は年中無休の午前10:00~午後8:00)、それぞれ連絡してください。

解約したい場合

dカードETCカードの解約は、前述したdカードセンター、あるいはdカードゴールドデスクに電話をして解約したい旨申し出てください。もしまだ払っていないETCカード利用料金があれば、dカードの請求として後日請求されます。 なお、この解約手続きはETCカードの解約だけですので、dポイントカードのポイントはそのまま残っています。

dカードゴールドにした時のメリット

アップグレードしてもETCは継続

dカードからdカードゴールドにアップグレードしてもETCカードはそのまま継続して利用することができます。

ドコモのポイント付与率が上がる

dカードからdカードゴールドに変更した場合は、dカードに比べるとポイント還元率が上がります。

ゴールドになれば年会費が無料

dカードの場合は利用しないと年会費が発生してしまいます(契約月から1年の間に1回以上ETCを利用すれば無料になる)が、dカードゴールドの場合はETCカードの年会会費は常に無料です。 dカードゴールドについてはこちらをご覧ください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/2697”]

まとめ

dカードETCカードの発行は、本会員に加えて家族カード会員であっても1枚ずつ作成することが可能です。家族で複数の自動車を保有している場合などには、年会費も利用状況によっては無料になりますし、ポイントもたくさん貯まる、利用価値の高いカードと言うことができるでしょう。 こちらの記事もぜひご覧ください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/6811”] [blogcard url=”https://cktt.jp/6723”]

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。