スマホがwifiにつながらない時の対処法、原因はiPhoneやAndroid?

Wifi通信でネットを楽しんでいる時、急にwifiの接続が不安定になったり、つながらなくなったりした経験はありませんか?そんな場合は複数の原因が考えられますが、今回はその原因の代表例と解決策・公衆wifi利用時の注意点について紹介したいと思います。

スマホが急に家のWi-Fiにつながらなくなったとき

パソコンなど、ほかの端末がつながるか試す

まず初めに現在使用しているwifi受信機器以外の機器で、wifiが接続できるか試してみましょう。Wifiにつながらない原因が受信機側か、ルーター側の問題なのかを調べることが重要なポイントです。もし他の受信機でも接続ができない場合は、ルーター側に原因があると考えられるため、次に紹介する対処法をご覧下さい。

Wi-Fiにつながらない原因がルーターの場合

ルーターの配線を確認する

主な配線の確認は下記の3点です。
  • 1.自宅で契約しているプロバイダー貸与モデムへの配線の抜けはないか?
  • 2.モデムから使用している無線LANルーターへの配線(LANケーブル)は「WAN端子」に接続されているか?
  • 3.その他貸与モデム・無線LANルーターのACアダプター等必要な配線の抜けはないか
以上3点の配線の確認をしましょう。

無線LANルーターを再起動する

前述した配線の確認ができたら、無線LANルーターを再起動してみましょう。配線に抜け等がない場合でも無線LANルーターの再起動を実施することにより、wifi接続が可能になることがあります。 ※再起動の方法はお使いの無線LANルーターの取扱説明書を確認し、正しい方法で行って下さい。 (ACアダプターを抜くだけでは再起動にならない場合もあり、故障の原因となることもあります。)

Wi-Fiにつながらない原因が端末の場合

Wi-Fi機能がオンになっているか確認

利用している端末のwifi接続が「オン」又は「有効」になっているかを確認しましょう。またこの時、利用したいwifi電波を選択できているか確認が必要です。 自宅でも近所の方のwifi電波が届いていたりしていると、接続先が近所のwifi電波となっていたりする為、つながらない場合があります。また、端末に「機内モード」が搭載されている場合は「OFF」「無効」となっているかも確認しましょう。 (「ON」「有効」の場合はwifiに接続することができません。)

パソコンやスマホを再起動する

Wi-Fi機能が有効になっているのに関わらず、接続ができない場合は一度端末を再起動することにより問題が解消することがあります。また、再起動の他に一度シャットダウン後にバッテリーを取り外し、再度装着後に起動することで解消する場合もあります。 ※バッテリーの着脱方法はお使いの端末の取扱説明書をご参照下さい。

iOSやソフトウェア更新がないか確認

端末のソフトウェア・OS・システムを更新することにより問題が解消することがあります。下記に各端末のアップデートの有無・現在のバージョンを調べる方法を記載します。

iPhone端末を利用の場合

「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」を開く。 「ソフトウェアアップデート」内に未インストールの最新バージョンがある場合、「ダウンロードとインストール」を選択します。あとは画面の案内に従い最新のバージョンに更新することができます。

Android端末を利用の場合

「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」を開く。「ソフトウェア更新」内に「更新を自動的にダウンロード」が、「ON」になっている場合は最新バージョンであると考えられますが、まだ更新されていない場合もあるため「更新を自動でダウンロード」を選択します。 選択後に既に最新バージョンである表示がされれば最新のバージョンとなっています。もし、更新の案内が表示された場合は、画面に従って最新バージョンへ更新をします。 ※Android端末の場合、利用機器により若干方法が異なる場合があります。

ネットワーク設定をリセットする

上記の方法で解決しない場合、「ネットワーク設定をリセット」で解決する可能性があります。

iPhone端末を利用の場合

「設定」→「一般」→「リセット」→「ネットワーク設定をリセット」を選択します。 上記の方法を行うことによりネットワーク設定のみ初期化することができます。

Android端末を利用の場合

「設定」→「一般管理」→「リセット」→「ネットワーク設定をリセット」を選択します。iPhone端末利用時と同様のリセットが可能です。 ※1. Android端末の場合、利用機器・Androidのバージョンにより若干方法が異なる場合があります。 ※2.Wi-Fi、Bluetooth等のネットワーク関連の設定もリセットされてしまうため、事前に情報を控えておく必要があります。

Wi-Fiを遮る障害物や家電がないか確認

お使いの無線LANルーターの付近に障害物があると接続が不安定・つながらないことがあります。無線LANルーター付近に家具や家電を配置するのは避けるようにしましょう。家電では電子レンジが同じ周波数帯域の電波が発生するので、なるべく離れた位置に配置することが望ましいです。 ※周囲の電波環境、壁などの遮蔽物等により、十分な速度が出ない場合があります。

公衆Wi-Fiサービスがつながらない時

Wi-Fiの電波が混雑していないか

大型ショッピングモールや駅・空港等の人が密集する場所での公衆Wi-Fiサービスを利用の場合、wifi回線が混雑している可能性があります。その場合は回線速度が低下したり、つながらなくなることがあります。

「スタバのWi-Fi」は1時間まで

スタバでの無料wifiはwifi設定で「at_STARBUCKS_Wi2」に接続し、利用規約に同意することで無料でwifiを利用することができます。ただし連続接続時間は1時間までとなっているため注意が必要です。

「docomo(ドコモ)Wi-Fi」はSIM認証対応

従来docomoWi-Fiを利用するためには、専用の接続アプリより「ユーザーID」と「パスワード」の入力が必要でしたが、SIM認証対応により初期設定が不要で利用端末のSIM情報のみで接続ができるようになりました。しかし一部のSIM認証が非対応の端末もあるので、現在利用している端末が対応機種かどうかを確認する必要があります。

「au Wi-Fi SPOT」接続ツールを再設定する

auの無料wifiを利用する場合は「au Wi-Fi 接続ツール」の初期設定を行うことで「au Wi-Fi SPOT」でwifiを利用することができます。 初期設定の手順
  • 1.「au Wi-Fi 接続ツール」アプリを開く。
  • 2. 画面の案内に従う。(利用規約等に同意等)
  • 3. ご確認事項に「同意する」を選択後、完了をタップする。
  • 4. auID設定が未設定の場合は画面に従い設定する。
  • 5.「 au Wi-Fi SPOTの利用設定」を選択し、「高セキュリティかつ高品質なSPOTのみ利用」にチェックが入っていれば完了です。
  • ※利用機種により設定方法が若干異なる場合があります。

「ソフトバンクWi-Fi」はiOSのバージョンに注意

ソフトバンクの無料wifi「ソフトバンクWi-Fiスポット」をiPhoneやiPadで利用の際、iOS9以降にソフトウェアを更新していると一部のwifiスポットが利用できない場合があります。iOS9以降のバージョンでの利用時は、一度「一括設定」に合わせて接続アプリをインストールをする必要があります。

まとめ

Wifi通信はデータ容量節約のみではなく、高速通信が可能な便利なサービスです。しかし機器の接続方法が理解できても、機器配置の仕方や様々な条件により接続が不安定になったりつながらなくなることがあります。もしwifi接続が上手くいかないときは、本内容を参考に機器の配置・接続方法を見直してみるのが良いでしょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。