mineoで機種変更する方法とは?変更手順や初期設定についてご紹介

mineoで機種変更する方法にはいくつかのパターンがあります。mineoで新機種を購入することもできますし、mineo以外で対応端末を用意して利用することも可能です。そこで、変更手順や初期設定方法、注意すべきポイントについてご紹介します。

mineoユーザーの機種変更手順

mineoユーザーの機種変更のパターンとして、新しい機種をmineoで購入する方法と、mineo以外で対応端末を購入して利用する方法があります。

mineoで購入して変更する

mineoで新しい端末を購入して機種変更するには、「追加購入」の手続きをします。 手順は以下の通りです。
  1. mineoマイページから「ご契約サービスの変更」項目の中の「端末追加購入」を選択
  2. 規約に同意して、機種を選ぶ
  3. 支払回数とオプションを選択し「次へ」を選択
  4. 分割払いの場合は本人確認書類を送信
  5. 「申し込む」を選択
これで手続きは完了です。新しい機種が届いたらSIMを差し替えることでそのまま利用できます。

白ロム端末を購入して変更する

白ロム端末とは、auやDOCOMO、SoftBankなどキャリアで契約していた端末で、SIMカードが入っていない状態のものを言います。もともとキャリア契約の端末なので、中古品か新古品(展示品など)です。 詳しくは後述しますが、どのキャリアの白ロム端末かによって、使えるSIMカードが限定されます。mineoではAプランとDプランがあり、それぞれAプランはau、DプランはDOCOMOの対応端末しか利用できませんので、組み合わせには注意が必要です。
mineo対応の白ロム端末を購入したら、sim差し替えとAPN設定(アクセスポイントの設定。mineoで端末を購入すれば設定不要、自分で端末を手配した場合必要) を行うことで利用可能になります。

SIMフリー端末を購入して変更する

mineo対応のSIMフリー端末を購入して機種変更するには、sim差し替えとAPN設定を行います。

mineoで機種変更を行った際の注意点

Dプランを選んだ際は停止期間に注意

mineoには、au回線を利用するAプランとDOCOMO回線を利用するDプランがあり、それぞれ対応端末や機能が異なります。 2017年6月までは、Dプランで機種変更を行う際、旧端末と新端末でSIMカードのタイプが異なる場合に切り替えのための停止時間が約60分程発生していました。しかし、現在は即時~数分で切り替え可能になっています。

mineo購入から3ヶ月は追加購入不可

mineoで端末を購入したら、その後3ヶ月間は端末の追加購入ができません。

mineo以外で機種を購入したときの注意点

mineo以外で機種を購入するときは、まずmineoに対応している端末かどうか確認することが必要です。また、白ロム端末の通信業者がどこなのか、SIMカードのサイズは合っているかを確認しましょう。

白ロム端末の場合は通信業者を確認

mineoでは、DOCOMO回線の「Dプラン」とau回線の「Aプラン」どちらかを選択するため、DOCOMOかauの端末であることを確認してください。利用しているプランと異なる場合は、機種変更と同時にプラン変更を行う必要があります。

SIMカードのサイズを確認

SIMカードは、標準SIM・micro SIM(マイクロシム)・nano SIM(ナノシム)の3種類です。端末によって対応しているSIMサイズが異なるので、これまでと同じサイズで使えるのかどうか確認します。 もし新しい端末のSIMサイズが今までのものと違う場合には、SIMカードを交換する必要があります。変更手数料は2,160円です。

SIMカードのサイズ変更手順

サイズ変更の申込みはmineoマイページから行います。 「登録情報の変更/サポート」から「SIMカード変更・再発行」を選択し、SIMカードのサイズを選ぶことで手続き完了です。カードが送られてくるため、マイページから「回線切り替え手続き」をすることで新しいカードが利用できます。

おすすめのmineo端末を紹介

mineoでの取り扱い端末

まずは、mineoでの取り扱い端末のおすすめを紹介します。
  1. HUAWEI P10 lite…性能が良く、コスパも良いと口コミでも評価の高い端末です。3万円代とは思えない高級感、指紋認証やナックルジェスチャーなどスマートに使える端末です。
  2. ZenFone Live…1万円代という安価なモデルでありながら、自撮りに特化した高性能カメラが人気の端末となっています。ライブ配信などを楽しみたい方におすすめです。
  3. arrows M03…ワンセグ対応の日本製端末です。防水・防塵機能やおサイフケータイの機能を求める方におすすめです。

mineo端末の比較

続いて、上記3機種を比較してみます。
  1. SNSで自撮り発信したいなら…ZenFone Live
  2. 高級感ある端末でスマートに使いたいなら…HUAWEI P10 lite
  3. 日本製が一番という価値観なら…arrows M03
その他、新しい機種もどんどん追加されていますし、対応端末購入で割引キャンペーンなども行われていますのでチェックしてみてください。

まとめ

mineoの機種変更について見てきました。mineo取扱い端末は、スマホ初心者にも使いやすい端末から、高機能ハイスペック端末まで幅広く揃っています。またmineo以外でお好みの端末を選ぶこともできます。なるべく安価なものがいいのか、少し高くてもサクサク動かせるパワーを選ぶのか、使う目的と求める機能をしっかり把握して選んでみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。