楽天モバイルの機種変更は店舗でもOK!iphone購入や設定は?

楽天モバイルで機種を変更したい場合、機種変更サービスではなく端末の「買い増し」サービスを利用することとなります。では、端末の購入はどのようにしたらいいでしょうか?また、設定の仕方や、iphoneが欲しい場合はどうしたら良いのでしょうか?この記事では、おすすめの機種4つもふまえ徹底解説します。

楽天モバイルで機種変更するには?

楽天モバイルで端末を購入する

楽天モバイルで機種変更をする際には、楽天モバイルで端末を購入することになります。楽天モバイルでは、機種変更というサービスがあるわけではなく、端末の買い増しサービスを利用することになります。 楽天モバイルの会員ページのメンバーズステーションから端末の買い増しを選択して手続きをすることができる他、特定の店舗で端末買い増しのサービスを受けることもできます。買い増しのできる店舗は、こちらの機種変更対応可能ショップ一覧を参照してください。 なお、買い増しサービスについてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。

楽天モバイルでの購入は分割払い可能

端末を購入する際、気になるのは支払い方法ではないでしょうか。数万円の負担となってくるのが端末代金ですが、楽天モバイルでの購入時はクレジットカード一括購入や代金引換払い、楽天スーパーポイント(最大30,000ポイントまで)での支払いの他、分割払いを利用することができます。 分割払いでは、楽天カード・VISA・MasterCardのみ利用可能です。楽天カードのJCBであれば利用できますが、その他のJCBは利用不可となり、デビットカードも利用できないので注意が必要です。引き落としされる料金は、端末の税込み価格から楽天スーパーポイントを差し引いた額が24分割されます。24分割のみ選択可能となっており、他の分割回数は無いためご注意ください。 また、楽天カード以外のカードで分割払いにした場合、各カード会社が定めた分割手数料が発生します。分割手数料を払いたくない方は、楽天カードでの支払いをおすすめします。

その他の店舗で端末のみ購入する

楽天モバイル以外の店舗でSIMフリー端末を購入して、機種変更をすることも可能です。楽天モバイルは格安SIM会社であるため、SIMカードのサイズが合えば、基本的にはどのようなSIMフリー端末を使用していても楽天モバイルのSIMカードを使うことができます。 端末は電気量販店の他、中古携帯ショップ、インターネットなどから購入することが可能です。数多くの端末から選ぶことができるので、自分の好きな端末を選べるというメリットがあります。

楽天モバイルで機種変更する場合の注意点

動作確認済み端末かチェック

楽天モバイルで機種変更をするときには、対象の端末が楽天モバイルで動作確認済みであるかチェックしましょう。楽天モバイルで端末の買い増しをした場合にはこのチェックはしなくてもいいですが、他ショップで端末を購入する際には確認をするといいです。公式サイトの動作確認済み端末一覧を参照してください。

対応SIMカードのサイズを調べる

楽天モバイルで機種変更をする際、必ず確認すべきことのひとつが対応SIMカードのサイズです。SIMカードには、nano-SIM、micro-SIMなどのサイズがあります。このSIMカードのサイズが一緒でないと同じSIMカードを使用することができません。SIMカードのサイズが違っていた場合にはSIMサイズを変更することができますが、SIMカード1枚につき3,000円の交換手数料がかかります。 楽天モバイルのSIM変更について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご確認ください。

データ移行とAPN設定は自分で行う

機種変更に伴うデータ移行とAPN設定は自分で行う必要があります。大手キャリアの中にはデータ移行をショップで行うことができる場合も多いですが、楽天モバイルでは自分で行わなくてはいけません。 また、APN設定を自分で行わないと、新しい端末でデータ接続ができません。APN設定方法はお使いの機種によって異なります。公式ウェブサイトの楽天モバイル会員サポートページに機種ごとの設定方法が書かれているので確認してください。 APN設定について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。 LINE(ライン)の引き継ぎについて知りたい方は、こちらの記事がおすすめです。

iPhone購入には注意点も

楽天モバイルでiPhoneに機種変更をしたい場合、楽天モバイルで購入できるiPhoneは海外販売モデル、もしくはメーカー認定済iPhoneのどちらかとなっています。 海外販売モデルやメーカー認定済iPhoneでの注意点としては、インストールされているアプリや設定での仕様が、日本販売のiPhoneとは異なる場合がある、ということです。いずれのiPhoneもアクセサリーは全て新品で一通り同梱されていますが、マニュアルは英語表記となっています。 SIMカードを挿入して、通信を開始してから1年間はApple Inc.の保証対象期間ですが、1年間よりも長い保証を希望する場合は、端末を申し込む時に「つながる端末保証by楽天モバイル」に加入する必要があります。もしくは、端末を購入してから30日以内に、Apple Store、もしくはApple Online Storeにて、「Apple Care+」か「Apple Care Protection Plan」に加入することが必要です。 「つながる端末保証by楽天モバイル」と「Apple Care+(Apple Care Protection Plan)」は、保証内容が異なるためご注意ください。 また、楽天モバイルで購入するiPhoneは、楽天モバイルが出している「端末補償」オプション、「端末補償・あんしんリモートサポートパック」は利用不可ので気をつけましょう。

楽天モバイル機種変更の具体的手順

楽天モバイルから直接端末を購入する場合

楽天モバイルで直接端末を購入する場合の手順としては、まず会員ページにアクセスし、メンバーズステーションにログインします。その後、メニューから機種変更の項目を選び、購入する端末を選択していきます。 購入する端末を決定したら、送り先や支払い方法などの情報を入力し、商品の発送・到着を待ちます。届いたらSIMカードを差し替えれば機種変更は完了です。

その他の店舗で端末を購入した場合

その他の店舗で端末を購入した場合は、会員ページやメンバーズステーションからの特別な手続きは必要ありません。自分の好きな端末を好きなショップから購入します。端末購入時には、楽天モバイル動作確認済み端末であるか、SIMカードのサイズに問題はないかなどをチェックしましょう。 端末を手に入れたら、SIMカードを入れ替えます。SIMカードの入れ替え後、設定からAPN設定を行うことで利用を開始できます。

楽天モバイルで使える機種比較

HUAWEI P10 Lite

HUAWEIのP10liteはスタイリッシュな見た目とメタリックなカラー特徴です。高速充電可能な3,000mAhのバッテリーを搭載しています。そのほかにも、最先端のユーザーインターフェースによって操作がしやすくなっています。 また、指紋認証機能も搭載されています。カメラの画素もインカメラ800万画素、アウトカメラ1200万画素と高画質と言えます。

ASUS ZenFone4

台湾のメーカーASUSから発売されているZenFone4です。約1万円の端末でありながら、6GBのメモリや、36分間で約50%までの急速充電などの特徴を持っています。 さらに、比較的小ぶりな大きさと丸みを帯びたデザインも特徴です。画面の大きさは4インチで、手の中におさまり安い形状となっています。

ZTE Blade E01

ZETのBlade E01は15,000円以下の端末です。ディスプレイは5インチとスマートフォンの主流サイズでHD解像度ディスプレイを採用しています。CPUも64bit対応、メインカメラ800万画素、インカメラ500万画素です。さらに、LTE対応なので移動先でもサクサクとしたインターネット利用が可能です。

HUAWEI honor9

HUAWEI honor8は5.15インチと大きめのディスプレイです。ストレージは64GBと大きめなので、たくさんの写真や動画、アプリを保存することが可能です。カメラ背面には2,000万画素モノクロセンサー+1,200万画素カラーセンサーが付属し、前面のインカメラも800万画素となっています。

キャンペーン等でお得に購入も

楽天モバイルでの端末購入の際、ぜひ公式ウェブサイトのキャンペーンをチェックしてみてください。キャンペーンは期間限定であったり、在庫が無くなり次第終了であったりするものが多いですが、狙っている端末がキャンペーン中であれば、通常料金よりもお得に端末の購入をすることができます。 詳しくは、公式ウェブサイトのキャンペーン・特典ページをご覧ください。

まとめ

楽天モバイルでの機種変更では、従来の大手キャリアの機種変更とは異なる点があります。使いたい機種を使える方法、やりやすい方法を見つけてみてください。機種変更の際には、おすすめ機種も参考に選んでみてください。 なお、大手キャリアから楽天モバイルに機種変更することが考えている場合は、こちらの記事もおすすめです。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。