プロバイダ変更の設定方法は?乗り換えのメリットや注意点を解説!

インターネットの速度が遅くなっていたり、費用が高いと感じたりしていたらプロバイダの変更を検討してみましょう。ここでは、プロバイダを変更した場合のメリットについて説明します。またプロバイダを変更する方法についても解説します。

プロバイダの変更とそのメリットは?

プロバイダ変更=インターネット接続サービス業者の変更

プロバイダを変更することは、インターネットの接続サービス業者を変更することを意味しています。光通信などの、インターネットをするための回線はそのまま使用できるので、工事は必要ありません。

自分に合ったプロバイダを再選択できる

プロバイダを変更する(変更したい)理由は、それまで利用していたプロバイダになんらかの不満や不具合があったからだと思われます。例えば、インターネットの利用料金が高い、現在の住環境には適していない、などが挙げられます。 プロバイダの変更によって、これらの不満点を解消して、自分に適したインターネット環境を整えることが可能になる点が、メリットであると言えるでしょう。 ほかには、インターネットの通信速度が早くなる、キャッシュバックをもらうことができる、サポート対応が向上する、などもメリットとして考えられます。

プロバイダを乗り換える手順

ここでは具体的にプロバイダを乗り換える手順について説明します。

新しいプロバイダを選んで申し込む

新しいプロバイダを選んで契約を申込みます。その際には、これまで利用していたプロバイダと何が変わるのかきちんと確認をしたうえで申し込むことが重要です。確認不足でプロバイダの変更を繰り返すと、違約金が生じる可能性や長期間の契約で生じる割引料金などを利用できなくなる場合があります。

プロバイダ乗り換えの手続き

次にプロバイダを乗り換える手続きをします。一般的には申し込んでから3日間から1週間くらいで新しいプロバイダを利用することができます。

現在使っているプロバイダの解約手続き

これまで利用していたプロバイダの解約手続きは忘れないようにしてください。プロバイダ契約の解約手続きは、はインターネット上で行うことができるプロバイダもありますが、窓口に電話をしなければならないプロバイダもあります。その場合は、窓口に電話をして解約に必要な書類を送ってもらい、それを返送することで解約完了となります。

新しいプロバイダの設定

最後に新しいプロバイダを利用するためのインターネットの設定をして、手続きは完了となります。新しいプロバイダの設定は、Windowsではコントロールパネル、Macではシステム環境設定から行います。

プロバイダ乗り換えの注意点は?

プロバイダを変更する場合には以下のような点に注意をする必要があります。

旧プロバイダのメールアドレスは使えない

プロバイダを変更することで今まで使用することができていたメールアドレスを使い続けることができなくなります。通常、プロバイダにはそれぞれ独自のドメイン(@以下の部分)が設定されているため、プロバイダを変更することでメールアドレスのドメインが変わってしまうことになります。 これまで使用していたメールアドレスを使い続けたい場合は、これまで利用していたプロバイダに料金を支払い続ける必要があります。前述した通り、費用を払い続けるか、新しいメールアドレスを知人などに周知されるまでの間は(一時的に費用は嵩んでしまいますが)新旧のプロバイダを併用する方法も考えられます。

ネットが使えない日を作らない

プロバイダを変更する手続きの順番には十分注意をしてください。新しいプロバイダとの契約が成立してインターネットの接続ができる前に、今まで利用していた旧プロバイダを解約してしまうと、インターネットを利用できなくなってしまいます。 仕事などでインターネットの利用が必要不可欠な人は、プロバイダ業者とのスケジュール調整に注意しましょう。場合によってはプロバイダ料金の支払いが二重になってしまう場合もありますので、確認をしながら手続きを進めることが肝心です。

速度や料金が変わるので要確認

プロバイダを変更した場合に、インターネットの動作が遅くなる可能性があります。これは住環境などの影響により事前に思っていた通信速度が確保されないケースがあるからです。せっかくプロバイダを変更するのであれば、(例えば近隣の家で当該プロバイダを利用していて問題はないかプロバイダに確認する、などの情報を取得して)、快適に使うことができるプロバイダを選ぶことが賢明です。

まとめ

プロバイダの変更は、より快適にインターネットを利用するための方法として検討されるべきものです。通信速度が遅くなってしまうなどのデメリットが生じる可能性はあるものの、通常は通信速度が早くなるなど、使い勝手が改善するケースが期待できます。旧メールアドレスが使えなくなる、などの点に注意をしてプロバイダの変更手続きを行いましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。