ビューカードの審査の特徴は?審査落ちの理由や電話確認について解説

Suicaが付いたビュー・スイカカードなどで注目を集めているビューカード。今回はビューカードの審査内容やその期間、審査落ちの理由を解説します。落ちた場合に再審査を通すためのポイントも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ビューカード(viewカード)の主な種類

ビューゴールドプラスカード

ビューゴールドプラスカードは「ビュー・スイカ」カードの上位カードにあたります。「ビュー・スイカ」カードと同じく、Suica電子マネーの機能がついています。 入会特典、利用特典が準備されていて、空港でラウンジが使えるサービス、空港手荷物サービス優待なども付帯しています。年会費は10,000円ですが、年会費だけではなく付帯サービスも考慮すれば、人によって十分お得になりえます。 ビューゴールドプラスカードについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。

「ビュー・スイカ」カード

「ビュー・スイカ」カードはスイカ機能とビューカードのクレジット機能が一体になったカードです。定期券にも使用することができます。 オートチャージ機能付きなので、残高を気にせず電車に乗ることができます。スイカのチャージでもポイントがたまるので、スイカをよく利用する人に人気です。定期券購入の場合は、通常の3倍もポイントが貯まります。

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードは、ビューカードのクレジットカード機能、スイカ機能に加えて、ビックカメラでポイントをお得に貯めることができる機能が追加されています。ビックカメラとコジマでポイントが貯まるので、よく利用する方は検討してみましょう。 ビックカメラとコジマでの買い物には基本10%の高還元率でポイントがつきます。さらにチャージしたスイカで支払うと11.5%相当のポイント還元率になります。 ビューカードについてもっと詳しく知りたい場合は、下記記事を参考にしてください。

審査期間と発行までに掛かる時間

申し込み方法によって変わる

ビューカードの審査期間と発行までに掛かる時間は申し込み方法によって変わります。申し込み方法は、Web完結のインターネット申し込み、書類郵送のインターネット申し込み、郵送での申し込み、店頭での申し込みの4種類があります。 最短でカードを発行できるのがWeb完結のインターネット申し込みで、最短1週間でカードが届きます。書類送付のインターネット申し込みと、郵送での申し込みは約2週間程度の時間が必要です。 店頭申し込みの場合は、仮審査に通過すれば即日で仮カードを受け取ることができます。本カードを受け取るまでの期間は約2週間です。

審査状況によっても変わる

審査はまずコンピューターによって、年収や信用情報などの情報を用いて行われます。このコンピューターによる判断が簡単にクリアできた場合は、審査は早く終わります。 しかし、クリアするかどうか微妙な場合は、人による判断が必要となり、さらに時間が必要となるのです。そのため、コンピューターによる審査状況によっても審査にかかる時間は変わります。

審査の特徴

ビューカード審査会社について

ビューカードの審査はキュービタスという審査会社で行われています。ビューカードはVISA、Master、JCBの3つのブランドからカードのブランドを選ぶことができます。どのブランドを選んでもその審査に差はないようです。 このキュービタスという審査会社はいままでのクレジットカード利用履歴であるクレジットヒストリーを重視するため、クレジットカード利用履歴を付けておくとよいでしょう。

流通系カードよりも審査は厳しい

ビューカードはスイカを利用できる交通系のカードに分類されます。そのため、スーパーやコンビニが発行している流通系と呼ばれるカードよりも審査が厳しいです。 流通系のカードは顧客を囲い込むことを目的としているため、カードを使えば使うほど発行会社へのメリットが大きくなります。そのため、審査が甘い傾向があります。

学生はビュー・スイカ審査に通りやすい

ビュー・スイカは学生だと審査が通りやすい傾向があります。これは、カードを申し込んだ本人の収入が0であっても、大学に通える経済力が親にあると考えるためです。学生の場合は、年収0と書いても問題ありません。 一方、無職などの理由で年収が0の場合は、審査に落ちる可能性が高まります。ただ、カードの審査というと年収ばかり気になってしまいますが、他の情報も考慮されていることを忘れないようにしましょう。

分割手数料が高いと甘い

クレジットカードは分割払いを利用することができます。この分割手数料はクレジットカード会社にとって利益になるため、分割手数料が高いほど審査が甘くなる傾向があります。ビュー・スイカカードの場合、分割の手数料は12~15パーセントで、リボ払いの手数料は13,20パーセントです。この手数料は、相場と比較するとやや高めの設定です。

審査に落ちる理由と否決通知について

電話連絡がつかないと審査に通らない

ビューカードでは在籍確認として会社や本人に電話がいきます。この電話連絡が付かず、会社の在籍が確認できないと審査に落ちる理由になります。在籍情報に嘘を書いたと捉えられてしまうからです。 ちなみに、カード会社から自分の会社に電話がくる際は、カード会社側が会社名ではなく個人名で連絡をしてくれることもあります。クレジット発行を会社に知られたくない場合は、個人名で連絡をしてくれるか確認しましょう

ブラックリストに載っている

クレジットカードを発行するためには、信用情報が審査されることになります。その際に、金融事故情報が残っていると審査落ちをする可能性が高いです。金融事故情報とはいわゆるブラックリストと呼ばれるもので、カード料金の延滞や踏み倒し、自己破産歴などの情報が記載されます。 これは、カード会社を超えて共有されるため、過去にビューカード以外で金融事故を起こしている場合でもカード発行は難しくなります。

短い時間に沢山のカードに申し込んでいる

クレジットカード申し込みを短期間で複数の企業にする場合、多重申し込みとなり審査に落ちる場合があります。通常は同時期に3枚程度申し込んでいるとクレジットカード発行の審査が通りにくくなると言われています。別のカードを申し込みたいと思っている場合には、最低でも3~6か月ほどの期間を空けて申し込むようにするとよいでしょう。

落ちた場合に再申請を通すためのコツ

期間を空ける

クレジットカードの審査に落ちてしまった場合は、再申し込みまでに最低6カ月以上を空けるようにしましょう。短い期間で何度も申し込んでも、多重申し込みとみなされてしまい、審査に通らない可能性があります。これは同一カードの再申し込みだけでなく、他社カードの申し込みにも当てはまるので注意すべき点です。

クレジットヒストリーを作る

クレジットヒストリーとは、クレジットカードの利用履歴が示された信用情報です。このクレジットヒストリーがないと、十分に信用が置けないと判断され審査に落ちる場合があります。カード会社によっては、クレジットヒストリーがなくてもカードを発行することができる会社もあるので、そちらでカードを発行し、クレジットヒストリーを作るという方法があります。

使っていないクレジットカードを解約する

クレジットカードをたくさん保有している場合、クレジットカード会社はカード発行に慎重になる場合があります。使っていないカードがある場合は、カードを解約する対応をしましょう。 また、カードの限度額も審査に影響します。他社ですでに高額な与信枠を持っている場合には、追加の与信枠を与えることが厳しいと判断されることがあります。この場合はカードの限度額を引き下げることで対処できます。

まとめ

ビューカードはスイカ機能をはじめとして、お得な特典がつくカードです。審査会社が流通系のカードよりも厳しいとの情報もありますが、審査に通すコツなども一緒に確認しながら申請してみてください。一度落ちた場合も再度申請することで通る場合もあります。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。