光回線の乗り換えを徹底解説!工事と乗り換え手順、5会社の比較も

2017年11月、ついに大手のADSL回線サービスが実質終了の運びになりました。ADSL終了の流れは他の回線業者でも加速しており、新しいネット回線サービス・光回線などへの移行が自然なものになっています。今回は、光回線について詳しく解説します。

光回線で乗り換えをする2つのメリット

そもそも光回線って何?

まず、光回線そのものについて説明します。光回線とは、光ファイバーを用いたネット回線のことを指します。電話回線を用いてネット通信を行うADSLやISDNなどと比較すると、新しいネット回線です。最大通信速度も更に速く、よりストレスの少ないネット回線と言っても過言ではありません。 光回線については、こちらの記事もおすすめです。 光回線とは?ネット回線の種類やメリット、料金を安くする方法を解説

光回線の乗り換えで料金が安くなる

光回線は、ADSLなどと比較して速く新しいネット回線なので、利用料も高くなる、と予想する方も少なくないのではないでしょうか。 しかし、意外にも光回線に乗り換えることで料金が安くなるケースがあります。なぜならば、光回線は契約先によって料金の上下差が激しいからです。事前に何も調べず乗り換えをした場合は、反対に料金が高くなってしまう場合もあるので注意が必要です。

光回線の乗り換えで通信速度が改善

ADSLなどのネット回線と光回線の違いは、通信速度にも存在しています。 電話回線を用いたADSLよりも新しい技術を使用した光回線なだけあって、通信速度も改善されています。その上、基本的に通信が安定しているので、通信速度の改善が見込める可能性は高いです。 しかし、光回線の通信速度には業者間で大きな差が発生しているのが現状。後悔しないためにも、事前のリサーチには大きな意味があります。

光回線に乗り換えする手順とは

乗り換える光回線を選ぶ

まずは乗り換える光回線を選ぶところから始めます。沢山のサービス業者がありますが、現在の住居や生活環境とマッチングしたものピックアップしてみてください。 また、メリットとして挙げませんでしたがキャッシュバックサービスなどを行っている業者もあります。あまりにも決められない場合は、キャッシュバックなどのサービスの有無で決めてみるのも、一つの手かもしれません。

乗り換える光回線に申し込む

乗り換え先の光回線を決めたら、あとは申し込みです。インターネットでの申込み、電話での申込みなどがありますが、なるべく形に残る申し込みの方が、後々のトラブル回避において安心できます。 乗り換えの申し込みには回線工事もセットになっています。業者側で工事の準備も始めてくれるので、回線工事に関しては心配しなくても問題ありません。もし心配であれば、申し込みの際に一緒に問い合わせてみてみましょう。

解約の電話をする

申し込み後は、今まで契約していた業者に解約の旨を電話します。このプロセスは忘れがちですが、きちんと解約手続きをしておかないと、古い業者と新しい業者の両方から請求が来て大変なことになります。また、解約の際に違約金などが発生する場合もあるので、事前に解約の際の規約を調べておくとスムーズな手続きが可能です。

乗り換える光回線の工事を行う

乗り換え先の光回線に申し込みをした時点で工事もセットになっているので、工事の申し込みを別に行う必要はありません。必要であれば、何かしらの連絡が業者から来るはずです。また、見落としがちなのがパソコン本体の設定切り替えです。古いネット回線に接続している状態では、新しい光回線は利用できません。忘れずに行う必要があります。

光回線を提供している5つの会社

ドコモ光

そのサービス名の通り、ドコモと関連の深いサービスです。ドコモのスマホを所持している場合はお得になるケースが多いため、該当の方は乗り換え候補に入れてみてはいかがでしょうか。 また、映像やオプションのサービスが充実しているのも特長。そして、ドコモのクレジットカードを利用しての割引サービスも展開しています。カードを作りたいと考えている方も、一考してみることをおすすめします。

ビッグローブ光

ビッグローブ光の特長は、何といっても通信速度です。IPv6での接続を採用しているため、スムーズな高速通信が可能となっています。 また、引っ越しをした場合の転居先での工事費が0円のキャンペーンを行っていることもあります。引っ越しの予定がある・進学や就職の予定を控えている、などの理由がある方は一度キャンペーンを確認してみてはいかがでしょうか。

AUひかり

AUひかりの特長は、スマホとのセット割が大きいことです。auのスマホとのセット割が、お得な回線サービスとなっています。 しかし、元々auのスマホを使用していて、別にAUひかりの回線サービスを契約しても、自動的に割引サービスの適用はされません。検討中の方は、セット割の申し込みも忘れないよう注意してください。

NURO光

次に挙げる会社はNURO光です。こちらはソフトバンクのスマホユーザーがお得になる割引があり、セット割のサービスが複数用意されています。また、節約志向のユーザーには、公式サイトに節約テクニック専用のページもご用意されています。申し込みを考えている方は、公式サイトにも目を通してみることがおすすめです。

ソフトバンク光

ソフトバンク光はサービス名の通りに、ソフトバンクのスマホユーザー向けの割引サービスが充実しています。 さらに他にも特徴があり、Yahoo!BBの基本サービスもセットで付属してくる上に、オプションで基本サービスの拡張も可能。Yahooのサービスの利用頻度が高い方も、ソフトバンク光の回線サービスに目を通してみてはいかがでしょうか。

光回線の乗り換えで注意すべきこと

光回線の乗り換え先はスマホとセットで検討

光回線のサービス提供会社をいくつか紹介しました。 総じて言えることは、手持ちのスマホとセットの割引を行っている会社があれば、セットの割引を優先したお得、ということです。スマホの料金がグッと安くなるサービスも存在しているので、事前リサーチが肝だと言えます。他会社の料金の方が安そうに思えても、スマホ料金との合算で開きが出てくる場合もあります。

光回線の乗り換えには違約金が発生

光回線の公式サイトなどを見ると、違約金の文字が目に付きます。 何年かの縛りで割引サービスが適用されるパターンや、何年か使い続けることを前提にしたお得な料金体系なども存在しています。途中解約で違約金が発生し、結果的にとても不経済な契約になったりしないよう、事前に途中解約の規約なども調べておくことが必要です。

光回線の乗り換えには工事費が必要

光回線は、基本的に工事費が必要となってきます。 しかし、別途工事費が必要になるパターンや、あるオプションサービスに加入すると工事費が無料になる、など会社によって事情はさまざま。期間限定で工事費が無料になるサービスなどを行っている場合もあります。申し込む前に、工事費をはじめとした回線工事の概要も頭に入れておいてください。 合わせて、光回線の工事については下記記事も参考にしてみてください。

光回線の乗り換え時はプロバイダ選びも重要

いくら高速でスムーズな光回線を選んでも、プロバイダの処理が遅かったり、ユーザー数が多くパンク寸前だったりする場合があります。こういった場合には、高速回線が売りの業者でも力を発揮できません。いくら綿密に光回線を選んでも意味がなくなってしまうので、プロバイダ選びも気を抜かずに事前のリサーチすることをおすすめします。

まとめ

光回線は、サービス提供会社間での差異が大きいサービスです。しかし、新しい技術を用いたネット回線なので、ストレスが軽減されやすいネット回線であるのも事実です。申込みの前にさまざまな会社のサービスを調べて検討し、あなたのライフスタイルにぴったりな会社を見つけて、賢くネットを楽しみましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。