ドコモ光のプロバイダ変更する際の設定方法は?工事や解約金も解説!

「ドコモ光のプロバイダを変更したい」「プロバイダを変更する時に違約金がかかるのか知りたい」という方も多いのではないでしょうか。ここではプロバイダを変更する際の注意点をまとめていますので、迷っている方はぜひ参考にしてください。

ドコモ光のプロバイダ変更手続き方法とは?

まず、プロバイダを変更する際の手続きの仕方や必要なものを見ていきましょう。

電話かドコモショップで可能

手続きは、電話またはドコモショップでできます。電話の際の連絡先は下記を参照してください。 ドコモインフォメーションセンター ドコモの携帯電話からの場合:(局番なし)151(無料) 一般電話からの場合:0120-800-000 ※電話の場合の受付時間は9:00~20:00、ドコモショップの場合は各店舗の営業時間です。

本人確認書類が不要な場合と必要な場合

ドコモの携帯電話を持っている方は、本人確認書類が不要となります。口頭で本人確認を行います。 一方、ドコモの携帯電話を持っていない方は、ドコモ光の契約書類やプロバイダ情報の確認が必要です。

その他必要なもの

ドコモの携帯電話を持っている方は、ネットワーク暗証番号で本人確認を行います。しかし、ドコモの携帯電話を持っていない方はネットワーク暗証番号での本人確認ができませんので、ドコモ光の契約IDで本人確認を行います。事前に準備しておいてください。

工事不要でも事務手数料がかかる

工事が不要だったとしても、事務手数料は確実に発生します。必要な費用は以下の通りです。
  1. 同一タイプ内(タイプA/B)でのプロバイダ変更…3,000円(税抜き)
  2. タイプA対応プロバイダからタイプB対応プロバイダへの変更、又はタイプB対応プロバイダからタイプA対応プロバイダへの変更…3,000円(税抜き)
  3. タイプA/B対応プロバイダの申込み…無料
  4. タイプA/B対応プロバイダの廃止…3,000円(税抜き)

ドコモ光のプロバイダ変更・転用時の注意点とは?

基本的にはプロバイダ変更時に違約金はかかりませんが、例外もあります。

解約金や違約金がかかる場合がある

契約内容によっては、もともと設定されている違約金が発生する場合があります。また、最低利用期間が設定されている場合、最低利用期間中に解約すると違約金が発生します。解約する際は自分の契約内容や解約のタイミングを確認しておいてください。

オプションサービスの解約は自分でする

変更手続きをすることによって、利用していたプロバイダを解約できますが、個別に契約していたオプションサービスは解約されません。そのため、自分で解約手続きを行う必要があります。継続利用できるサービスに関しては、プロバイダの変更手続きをする前に確認しておいてください。

ドコモ光のプロバイダ変更後に再設定する上での注意点とは?

メールサービスの利用停止

プロバイダがメールサービスを提供しているので、プロバイダを解約するとメールサービスも受けられなくなります。 プロバイダ変更後も同じメールアドレスを利用したい場合は、メールだけ使えるプランに変更することがおすすめです。各プロバイダはインターネットの利用だけでなく、メールサービスのみ使えるプランを提供しているため、今までのサービスを継続して利用できます。

ネットに繋げない空白時間が生じる可能性がある

解約手続きが完了すると、プロバイダでのインターネットを利用できなくなります。 解約してから次のプロバイダが利用できる日まで間が空いている場合、インターネットに接続できない空白期間が生じます。それでも問題がない場合は良いですが、困るという場合は解約するタイミングを考えておくことがおすすめです。

ドコモ光のプロバイダをGMOに変更すると速いの?

GMOに変更するとどのように変わるのか、詳しく見ていきましょう。

GMOとくとくBBの特長

GMOとくとくBBの特徴について、下記4点にまとめました。
  • 1.Wi-Fiルーターのレンタルが無料
  • BUFFALO製の高性能のルーターが無料でレンタルできます。ただし、開通後に電話又はWEBサイト「BBnavi」から別途申し込みが必要です。
  • 2.先端技術で速度に期待できる
  • GMOとくとくBBでは「v6プラス」という通信手段を採用しています。これによりアクセスが集中し、混雑するポイントを通らずに通信ができるようになるので、速度が速くなります。
  • 3.ドコモの携帯電話とセットで料金が安くなる
  • ドコモ光は光回線とプロバイダをセットにした際に最も安くなるプランを採用しています。さらに、ドコモの携帯電話とセットにすると携帯電話料金が割引きされます。料金プランによって割引額が異なるため、自分の料金プランを確認してみましょう。
  • 4.セキュリティサービスが1年間無料
  • 月額500円(税抜き)のマカフィーマルチアクセスが1年間無料で利用できます。

GMOとくとくBBの注意点

最低利用期間は1カ月です。途中で解約すると違約金が発生しますのでご注意ください。なお、プロバイダはGMOしか選べません。

まとめ

プロバイダ変更の際の手続きや、かかる費用などの解説をしてきましたが、いかがでしたでしょうか。プロバイダの変更にはそれほど難しい手続きはありません。ドコモ光は20社以上のプロバイダの中から選べますので、快適に利用できる環境を選べるよう参考にしてみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。