光コラボ転用で電話番号変更に?デメリットやメリットを徹底比較!

2015年2月より、NTT東日本・西日本がフレッツ光を各事業者に提供する「光コラボ」が開始されました。様々ある光コラボに転用することで得られるメリットもある反面、デメリットもある場合があります。光コラボ転用前に、参考にしてみてください。

光コラボに転用するメリット

接続料金が安い

光コラボに転用することによって、インターネット光回線とプロバイダの一本化がなされ、低コストにてインターネットを使用することができるようになります。どの光コラボを選択するかや、現在のフレッツ光のプランによっても変わってきますが、戸建て・集合住宅どちらの場合であっても光コラボに転用することで月額接続料金は安くなる場合が多いと言えます。

スマホとセットで割引がある

スマホキャリアには、NTTドコモ・au・SoftBank・Y!mobileとありますが、それぞれのキャリアに対応した割引が存在します。 携帯キャリアの光コラボでは、同キャリアのスマホとインターネット回線のトータルの料金が安くなる割引きが適用されるのです。そのため、家族全員で同キャリアを使っている場合は、大きな割引となることもあります。

光コラボ転用のデメリット

速度が不安定になる可能性

フレッツ光から光コラボに変えたことにより、「インターネットの通信速度が遅くなった」と「速くなった」という、両方の意見が散見されます。 フレッツ光の回線は変わらないため、通信速度もそのままのはずだと思いきや、通信速度に変化が出てしまうことも多いようです。プロバイダー側の設備と時間帯ごとのユーザー全体のデータ通信量も関係があるため、必ずしもこれまでと同じ通信速度で使用できるとは言えません。

プロバイダが変更できない

例えばOCN光へ転用した場合、プロバイダーはOCNになります。 光回線とプロバイダーが一本化されているため、後々プロバイダーのみ変更したい状況になったとしても、それはできません。OCN光を使用している限り、プロバイダーはOCNとなり、どうしても変えたい場合は改めて光回線自体を変更しなければならなくなってしまいます。

工事費が発生する場合も

光コラボへの転用については、フレッツ光の回線部分をそのまま使うため、基本的には工事費用はかかりません。 しかし、フレッツ光の利用環境によっては工事費が発生する場合もあります。1つ目は配線方式を変える場合、2つ目は可能な速度の品目変更です。必ず発生する費用ではありませんが、発生する可能性もあるということを念頭に置いておいてください。

見落としやすい注意点

絶対に安くなるわけではない

基本的には安くなる人が多い光コラボですが、中には現在のフレッツ光のままの方が安い場合もあります。 どういうことかというと、フレッツ光のマンションタイプを利用している・LAN配線方式のプラン2やVDSL方式などに該当する・世帯数が多い集合住宅で月額料金がそもそも安いプランを使っている、といった場合にあるようです。 上記のケースのような場合は、光コラボに転用したところであまり月額料金が変わらない、または逆に高くなることもあります。光コラボへ転用をする際は、現在の月額料金と、光コラボ転用後の月額料金を確認・比較してから検討することがおすすめです。

転用時に違約金が発生する可能性

フレッツ光から光コラボへ転用することにより、プロバイダーを変更することになる可能性があります。そして、そのプロバイダーの契約内容によっては、解約することで違約金が発生する場合もあります。 違約金や解約条件については各プロバイダーによって異なるため、現在契約しているプロバイダーの契約内容と、現在の契約月数を確認して、極力違約金が発生しないタイミングで解約するのが望ましいです。

フレッツ光のポイントがなくなる

NTT東日本の「フレッツ光メンバーズクラブ」、もしくはNTT西日本の「CLUB NTT-West」でこれまでに貯めていた会員専用ポイントは、光コラボに転用することにより失効してしまいます。どちらも利用額に応じて毎月ポイントが貯まり、様々なアイテムと交換することが可能です。 もし光コラボに転用するのであれば、転用前にアイテムと交換して使い切ってしまうようにしてください。

光コラボの再転用はできない

光コラボへ転用すると、再度転用でフレッツ光に戻したり、他の光コラボレーションサービスに転用したりすることができません。 もしどうしてもフレッツ光に戻したい、または他の光コラボを使いたい場合には、一度現在の光コラボを解約して新しく他の光回線を申し込まなければなりません。そのため、料金の安さだけに飛びついたりはせず、本当にこの先も光コラボを利用していくのかどうかを確認してから転用することをおすすめします。

フレッツ光に戻すには再契約に

新規契約で工事料が発生する

前述した通り、光コラボへ転用すると、再度転用でフレッツ光に戻したり、他の光コラボレーションサービスに転用したりすることができなくなります。もし転用した光コラボを解約し、新しく他の光回線を申し込んだ場合、改めて新規契約料や工事費がかかってしまう可能性もるのです。 光コラボに転用する際は、解約してしまう可能性がないかどうか、改めて考えてから転用することをおすすめします。

ひかり電話の電話番号変更に注意

フレッツ光でひかり電話を使っている状態で光コラボに転用した場合、転用した光コラボを解約してしまうと同時にこれまで使用していた電話番号が消えてしまいます。前述したように、光コラボからの再転用はできないため、現在ひかり電話を使っている方は、転用する光コラボを解約する可能性がないかどうか、より慎重に検討した方が良いでしょう。

まとめ

一概にメリットばかりとは言えない光コラボですが、デメリットをきちんと確認した上で転用するぶんには月額料金の節約につながる可能性もあります。現在の自分の契約内容や状況などを確認して、光コラボへの転用を考えてみてはいかがでしょうか。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。