楽天カードでANAマイルを貯めるメリットとは?JALはNG?

ANAやJALといった航空会社のマイルを貯めている方は多いのではないでしょうか。マイルを貯めるとお得に飛行機を利用できたり、サービスを安く利用できたりするため、お得ですよね。今回は楽天カードでマイルを貯めるためのポイントをご紹介します。楽天カードを使ってさらに効率的にマイルを貯めていきましょう。

楽天ポイントのマイル交換は、ANAとJALどちらがお得?

マイルを貯めることができるカードにはANAのマイルが貯めることができるものと、JALのマイルが貯めることができるものに大きく分けられます。楽天カードの場合はANAと提携しているため、楽天カードの利用で貯まる楽天スーパーポイントとANAマイルとの交換がお得にできます。 JALマイルの場合は、楽天カードとの提携はありません。そのため、楽天スーパーポイントをJALマイルに直接交換することはできません。ポイント交換サイト等を通し、楽天スーパーポイントからJALマイルに交換することは不可能ではありませんが、レートが著しく下がってしまうことになります。 そのため、楽天ポイントとマイルの交換はANAの方がJALよりお得であるということができます。

ANAマイルを貯めるなら楽天カードがお得な理由

入会費・年会費・ANAマイルへの移行手数料、全て無料

楽天カードでANAマイルを貯めるメリットとしては、手数料がかからないことが挙げられます。楽天カードの入会費、年会費は無料ですし、楽天スーパーポイントからANAマイルへの移行にも手数料がかかりません。
これらの手数料がすべて無料なので、マイルを貯めるためにお金はかからず、効率的にマイルを貯めることができます。また、カードを持っているだけで損をするということにもならないので安心です。

マイルの交換レートが年会費無料のサブカードの中で一番いい

楽天カードでANAマイルを貯めるときのメリットとしては、マイル交換レートの良さが挙げられます。他の年会費無料のカードの中で、ANAマイルへの交換レートが最もよいのが楽天カードです。 楽天カードでは100円の利用につき1ポイントが楽天スーパーポイントとして貯まっていきます。この楽天スーパーポイントは1ポイントを0.5マイルとしてマイルに移行ができます。このように、交換比率が他カードに比べて良いため、楽天カードをANAマイルのサブカードとして利用することはおすすめといえます。 また、ANAマイルから楽天ポイントに移行するときには、1マイルを1ポイントとして移行することもできます。

楽天カードをつくるだけで2000ポイント!

楽天カードは新規入会、初回利用で楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーンがあります。新規入会で2000ポイントがもらえ、さらに初回利用で+6000ポイントがもらえるキャンペーンも期間限定で実施しています。 このほかにも、期間限定で入会や利用、カードのアップグレードに応じて楽天スーパーポイントを付与するキャンペーンを頻繁に行っています。このように、楽天カードではカード利用以外にもポイントを貯めることができる機会が多いため、一気にポイントを貯めることも可能です。 また、入会に関しては、入会費も無料なので、実質無料でポイントをゲットできるということになります。

ポイント倍増の機会がたくさん!楽天ポイントはとにかく貯めやすい

楽天カードには楽天スーパーポイントを貯めやすい理由がたくさんあります。同じく楽天が提供している楽天市場での買い物で、支払い方法を楽天カードに設定するだけでポイントが倍、もしくは数倍になることもあります。 また、ミスタードーナツや出光を始めとした加盟店舗での支払いでは、2%という高還元率でポイントを貯めることもできます。インターネット上ではもちろん、実店舗での買い物でもポイントを貯めることができるのは便利なサービスでしょう。 また、メール等で紹介されるポイントプレゼントキャンペーンに登録し、指定の作業を終えればポイントが付与されたり、ポイント還元率が高くなったりすることもあるので、こまめに確認するとお得です。

楽天とANAが提携「楽天ANAマイレージクラブカード」は本当にお得?

一般的な「楽天カード」と、どちらがお得?

楽天カードでは、ANAマイレージクラブカードと楽天カードの機能が合わさった楽天ANAマイレージクラブカードを発行しています。この楽天ANAマイレージクラブカードには、ANAマイレージクラブカード機能、楽天Edy、楽天ポイントカード、楽天カードが一枚で利用できるようになっています。 楽天ANAマイレージクラブカードでは、通常の楽天カードのようにポイント移行をする必要がなくマイルを貯めることができます。ANAマイルを貯めることができるコースの場合、200円当たり1マイルを貯めることができます。 ポイント還元率は通常の楽天カードと変わりませんが、ポイント移行の手間が省けるため、楽天ANAマイレージクラブカードが利用しやすいといえるでしょう。

「ANAカード」+「楽天カード」の2枚持ち、どちらがお得?

楽天ANAマイレージクラブカードの1枚持ちとANAカード+楽天カードの2枚持ちをした場合では、ポイント還元率に差はありません。ANAマイルを貯めることを前提とすると、2枚持ちをしている場合には、楽天カードで貯めた楽天ポイントはANAマイルに移行手続きが必要になります。 ポイント移行の手間を考えると、楽天ANAマイレージクラブカードの1枚持ちの方が管理の手間も省けてよいだろうといえます。

楽天ポイントをANAマイルに交換する方法

楽天ポイントをANAマイルに交換するには、楽天市場のポイント交換ページより申請する必要があります。ポイント交換ページにアクセスし、会員IDとパスワードでログインします。その後、提携サービスの一覧から「楽天→ANA」を選択し、交換するボタンへ進みます。 画面の指示に従い、交換するポイント数などを指定し、交換が完了します。ANAマイルへのポイント交換を希望する場合には、楽天市場へのログインに加え、ANAマイレージクラブの10桁のお客様番号が必要になるので、確認しておきましょう。

まとめ

今回は楽天カードでマイルを貯める方法についてご紹介してきました。楽天カードでマイルを貯めるには、楽天ANAマイレージクラブカードを利用するなど、いくつかの方法があります。自分のカードの使い方やポイントの利用頻度などに合わせて、自分に合った方法を探してみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。