クレジットカードを滞納をしないためには?分割払いなどの方法を解説

クレジットカードと言えば、手元に現金がない場合でも、先の日付の支払いでショッピングなどが可能な便利なものです。しかし、もし支払い(引き落とし)をすることができず滞納になってしまった場合には、一体どのようなことが起きるのでしょうか。

滞納するといつからクレジットカードが使えない?

万が一クレジットカードの支払い(引き落とし)ができなかった場合には、すぐにクレジットカードを利用することができなくなるのでしょうか。利用しているクレジットカードによって、どのタイミングでカードの利用が止められるかは異なります。

クレジットカードを滞納するとどうなる?

延滞金が発生する

クレジットカードの支払いを延滞した場合には、延滞金を請求されます。 本来の支払日(引き落とし日)に支払いがなされなかった時には、クレジットカード会社とカード利用者の間で結ばれた契約に基づいて、本来の支払日以降からカード利用者に対して遅延利息が発生します。 一般的に、遅延利息の利率は通常の利息よりも高い利率で設定されてるため、クレジットカードで延滞が発生した場合には高い延滞金を支払うことになるのです。

信用度が下がる

クレジットカードで延滞して一定以上の期間が経過した場合には、個人情報機関に延滞の情報が記録されます。 延滞の情報は、延滞したクレジットカード会社だけでなく他のクレジットカード会社も利用することができますので、延滞した人の信用状態が悪化してしまうのです。場合によっては新しいクレジットカードを作ることが難しくなってしまう可能性もあります。 たとえ情報機関に延滞情報が記録されなくても、延滞の事実は記録として延滞したクレジットカード会社に残りますので、信用度は下がると言わざるを得えないのです。

カード会社から支払いを催促される

クレジットカード代金を延滞したままにしておくと、カード会社から支払いの督促があります。電話の場合もありますし、郵便で督促状が届くこともあります。

滞納期間を超えると強制解約される

ある程度の滞納期間を超えると、クレジットカードの契約は強制的に解約されてしまいます。通常は強制解約の前にカード利用ができなくなっていますが、強制解約になると、滞納した利用代金を支払ったとしても再びカードが利用できるようになることはありません。

強制解約後はカード審査に通らない?

強制解約になった場合には、前述した通り個人情報機関に延滞情報が記録される可能性が非常に高くなるため、ほかのクレジットカードの審査において申し込みを拒絶される可能性が高くなります。 強制解約になるような場合は、クレジットカードの支払いをしない状況が悪質だと判断されるため、ほかのクレジットカードの審査もNGになる可能性が高いのです。

裁判所の通知や督促状などの可能性も

強制解約された後もクレジットカードの利用代金を支払わないままだと、クレジットカード会社は延滞債権を支払うように裁判に訴え出ることになります。カード会社が裁判に訴え出る場合には、裁判所から通知や督促状が届くことになるのです。

クレジットカードで滞納しないための方法

引き落とし日確認と入金を必ず行う

カードの利用代金を滞納しないためには、利用しているクレジットカードの次期落とし日を確認するとともに、引き落とし口座への入金を忘れないようにすること(あるいは銀行残高を確認しておくこと)が大切です。 特に、休日を挟むような引き落とし日などには、注意して引き落としの前日には入金をしておくことが重要です。 また、カレンダーや手帳に引き落とし日を記入したり、クレジットカードの引き落とし日の前に家族に声を掛けてもらったりすることも、忘れない方法になります。

無理な買い物はしないこと

クレジットカードは手元にお金がなくても買い物ができてしまうので、つい使い過ぎてしまう可能性があります。自分の資金繰り(入出金の予定)を常に考えておくこと・クレジットカード決済をすることができる金額の上限を設定しておくこと、などが重要です。

滞納してしまう場合の最終手段とは?

気を付けていたとしても、万が一クレジットカードを滞納してしまった場合にはどのような対応が可能なのでしょうか。

分割払いに変更する

クレジットカード会社によって異なりますが、支払日の1週間前位であれば、一括払いを分割払いに変更することが可能です。1回の支払い額が大きすぎて延滞になってしまう可能性が高い時には、早めにクレジットカード会社に相談してみてください。

親族にお金を借りる

延滞という状況は、たとえ親族に頭を下げたとしても避ける必要がある事態です。一時的な資金繰りの問題であれば親族などにお金を借りて支払うことも考えられます。

キャッシングを利用する

一時的な資金繰りの問題でクレジットカードの利用代金を支払うことが難しい場合には、クレジットカードのキャッシング枠を利用する手もあります。 通常、ショッピングの分割払い手数料よりもキャッシング利息のほうが高く設定されていますが、クレジットカードを延滞することによって生じる不利益に比べれば、問題は少ないと考えられるのではないでしょうか。

まとめ

クレジットカードの延滞が発生すると、段階的に厳しい対応がとられてしまうようになっていて、最終的には裁判所に訴えられることになりかねません。訴えられてしまうような状況を避けるためにも、クレジットカードの支払いに遅延を起こさないよう普段からカードの支払日をしっかりと管理しましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。