umobile速度制限を徹底ガイド!解除方法や注意点3つとは?

umobile(U-mobile)の利用を新たに検討している方や、現在利用中の方でも、プランによっての通信料や、使い過ぎによる速度制限があるかは気になるところです。今回の記事では、U-mobileのプラン別の速度制限や、速度制限の詳細についてご紹介します。

プラン別!umobileの速度制限

U-mobileでは、プランごとに月に使用できる通信できるデータ容量に上限があります。プランごとの特徴や上限データ容量、および上限を超えると通信速度がどうなるのかをみていきましょう。

umobile 1GB/3GB/5GBの速度制限

ソフトバンクの端末がデータ通信に使える「U-mobile Sデータ専用」は、初期費用が3,394円です。月額料金は、1GBプラン880円・3GBプラン1,580円・7GBプラン2,980円・30GBプラン4,980円です。開通日を起算日とした月のデータ通信量が、基準のデータ容量を超過した場合は、データの通信速度は送受信最大200Kbpsに制限されます。 また、通信と通話が両方できる「U-mobile 通話プラス」の初期費用は3,394円となり、月額料金は3GBプラン1,580円、5GBプラン1,980円です。暦月ごとのデータ通信量が基準のデータ容量を超過した場合は、データの通信速度は送受信最大200Kbpsに制限されます。 最後に、データ通信に特化した「U-mobile データ専用」の初期費用は3,394円となり、月額料金は1GBプラン790円、5GBプラン1,480円です。暦月ごとのデータ通信量が基準のデータ容量を超過した場合は、データの通信速度は送受信最大200Kbpsに制限されます。

umobileダブルフィックスの通信制限

ダブルフィックスとは、実際の月のデータ利用量に応じて、自動的に月額料金が変わるプランです。「U-mobile 通話プラス」と「U-mobile データ専用」にあり、1GBまでの料金と3GBまでの月額料金が決まっています。 「U-mobile 通話プラス」は初期費用が3,394円、1GB以下の時は1,480円、1GBから3GB以下は1,780円です。「U-mobile データ専用」は初期費用が3,394円、1GB以下の時は680円、1GBから3GB以下は900円です。暦月ごとのデータ通信量が基準のデータ容量を超過した場合は、データの通信速度は送受信最大200Kbpsに制限されます。

umobile max25GBの速度制限

「U-mobile MAX」は、速度制限なしで月々25GBまで利用できるプランです。初期費用が3,394円となり、月額基本料金は、データ専用の場合は2,380円、通話プラスは2,880円です。開通日を起算点とした月のデータ通信量が25GBを超過した場合は、データの通信速度が送受信最大200Kbpsに制限となります。

umobile SUPER Talk S/Mの速度制限

「U-mobile SUPER」は1回10分以内の国内通話がかけ放題のプランです。初期費用が3,000円で、月のデータ容量が2GBの「Super Talk S」は月額料金が1,980円、月のデータ容量が6GBの「Super Talk M」は月額料金が2,980円です。暦月ごとのデータ通信量が基準のデータ容量を超過した場合には、通信速度は送受信最大128Kbpsに制限されます。 ※2018年6月現在、Super Talk Lの受付は終了しています。

umobile lte使い放題の速度制限

「U-mobile LTE使い放題」は、名前の通りLTEが利用できて、1カ月のデータ通信量に制限がないプランです。3G回線も利用でき、初期費用が3,394円です。最低利用期間6カ月は月額料金2,980円、最低利用期間12カ月は月額料金2,730円、データ専用プランは月額料金2,480円です。データ使用量に制限がないので、超過による通信速度の制限はありません。

USEN MUSIC SIMの速度制限

「USEN MUSIC SIM」とは、「U-mobile LTE使い放題」と、音楽が聴き放題の「SMART USEN」と、通話がセットになったプランです。初期費用が3,394円で、月額料金は2,980円です。データ使用量に制限がないので、超過による通信速度の制限はありません

umobile for iPhoneの通信制限

「U-mobile for iPhone」とは、iPhoneに最適な、「U-mobile LTE使い放題」と、年に2回、最大5万円までの携帯端末の無償修理がついたプランです。こちらも通話もできるプランで、初期費用が3,394円、月額料金は2,980円です。データ使用量に制限がないので、超過による通信速度の制限はありません

umobileの速度制限での疑問点

U-mobileでは、プランによってひと月に使えるデータ通信の容量が異なり、容量を超過した場合には速度制限がかかります。この速度制限には、期限が決められているのでしょうか。速度制限がかかった場合、制限を解除する方法や、テザリングの影響についても見てみましょう。

umobileの速度制限の期間

ひと月に使えるデータ通信容量を超過した場合には、速度制限がかかりますが、速度制限の期限は二通りあります。一つ目は、暦月ごとにデータ容量があるプランでは月の末日まで、二つ目は、開通日を起算点として月のデータ通信量の制限がある場合には次の開通日の前日までです。 開通日の起算点とは、例えば15日に開通した場合には毎月15日が起算点となります。15日以降、翌月14日までにデータ通信量を超過した場合は、14日までの通信速度制限です。

umobileの速度制限の解除方法

月のデータ通信量の容量を超過してしまった場合には、追加でデータ容量を購入することによりU-mobileの速度制限を解除することが可能です。「追加チャージ」には、100MB(300円)、500MB(500円)、1GB(800円)の3種類があり、U-mobileの専用アプリから申し込みができます。

テザリングが通信速度に与える影響

LTEの使い放題はテザリングに最適なようですが、使い放題のプランでも、一定期間のデータ通信量が規定量を超えると通信制限がかかります。一人が大容量の通信を行うと回線が占領されてしまい、他のユーザーがデータ通信できなくなってしまいます。大容量の通信をしているユーザーの通信を一時的に制限することで、他のユーザーが回線を使えるようにしているのです。

umobileは遅い?注意点3つ

「U-mobile LTE使い放題」プラン、および「U-mobile LTE使い放題」プランがついている「USEN MUSIC SIM」や「U-mobile for iPhone」は、月ごとのデータ通信量に制限はありませんが、一定期間のデータ通信量が規定量を超えると、通信制限がかかります。

lte使い放題で速度制限される事も

大容量の通信を短期間に行うと通信速度に制限がかかることは上述の通りですが、U-mobileは基準となる期間や通信量を公表していません。おおよそ3日間で1GBから2GBを越えると通信の制限がかかる、と利用者の間では認識があります。回線が混雑した場合には、すべてのユーザーに一律に通信制限がかかることもあります。 なお、「U-mobile LTE使い放題」では「U-NEXT Wi-Fi」が利用できます。制限がかかってしまった場合は、近くにWi-Fiスポットがないか探してみましょう。

速度制限中ではなくても遅い事がある

通信制限を受けていなくても、混雑の影響でつながりにくい時間帯や場所があります。通勤・通学している人が多い7時から9時ごろまで、昼休みの時間帯、会社が終わった18時以降は混みあいます。また、駅や学校など、利用者が多い場所でもつながりにくい傾向があります。

U-mobile PREMIUMは新規申込終了

U-mobileは新サービスとして「U-mobile PREMIUM(プレミアム)」プランを開始しており、内容としては、lte使い放題プランと同じく定額で高速通信が利用でき、さらに月額料金も同じ内容となっていました。 しかし、2018年6月現在、U-mobile PREMIUM(プレミアム)プランは、WEBからの新規の申し込み受付は終了していますのでご注意ください。なお、店頭にてすでにパッケージを購入している場合は、引き続きWEB上からエントリーコードを入力することで、新規申し込みをすることが可能です。

まとめ

U-mobileの通信速度の制限について紹介しましたが、月々のデータ容量を超過した場合に通信制限がかかっても、送受信最大200Kbpsの通信速度が出ます。メールなどのやり取りには不自由しない速度なので、加入を検討する際には、通信制限後の速さも他のキャリアと比較してみましょう。 こちらの記事もぜひチェックしてみてください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/11031”] [blogcard url=”https://cktt.jp/2366”] [blogcard url=”https://cktt.jp/7792”]

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。