umobileの解約は4ステップで簡単!simの返却方法もご紹介

「もっと安い格安SIMに乗り換えたい」「家族の利用している通信業者にまとめたい」など、さまざまな理由でU-mobileの解約を検討している方もいるのではないでしょうか。そこで、U-mobile解約の手続き方法や、解約にかかる手数料・解約の注意点などを紹介します。

umobileを解約するための4ステップ

umobile (U-mobile)の解約の手続きは、公式WEBサイトからの申し込みで手続きが完結します。なお、解約のキャンセルはできないので、解約を迷っている方はすぐに手続きを進めずよく検討して決めることがおすすめです。

umobileの解約手順その1:マイページにログイン

U-mobileの公式サイトから、右上部のマイページをクリック。自分の契約しているサービスを選択し、ログインIDとパスワードを入力してログインします。 初めてマイページを利用する場合にも、同じページの初回ログインボタンからアカウントの作成ができます。まだアカウントを作成していない場合には、アカウントの作成から始めてみてください。

umobileの解約手順その2:マイページから解約画面へ

マイページにログインできたら、左側の「ご契約者状況の確認」をクリックして、サブメニューを開きます。「契約内容」と「解約」が表示されたら、解約をクリック。

umobileの解約手順その3:アンケートに回答

解約ページを開くと、解約に関する注意事項と、解約理由に関するアンケートが表示されます。アンケートへの回答は必須になっていますので、アンケートに回答し「解約する」ボタンをクリックしましょう。

umobileの解約手順その4:解約完了

「解約する」ボタンをクリックすると、「解約手続きが完了しました」と表示されます。これで手続きは完了です。

ユーモバイルを解約したらsimを返却

U-mobileの解約画面に「SIMカードをご返却ください」と案内がありますが、具体的にとのような手続きをすればいいのでしょうか。詳しく解説します。

umobileのsimとは

U-mobileを使い始めたときに、指先ほどの大きさのカードを端末に差し込んだのではないでしょうか。指先ほどの小さなカードが、いわゆるSIMカードと呼ばれるものです。 SIMとは、通信・通話契約者を特定するICチップのついた小さなカードです。携帯電話などの端末で通話や通信をするためには、SIMを差し込む必要があります。SIMは通信業者から利用者に貸し出ししているものなので、解約の際には事業者に返却しなくてはなりません。

ユーモバイルを解約したらsimを返却しよう

U-mobileを解約した際にもSIMの返却が必要です。SIMを使い終わったら、下記住所に返却します。 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-3-10田村駒東京本社ビル5階 「U-mobile SIMカード回収係」 返却は、ポスト投函となる普通郵便でも可能ですが、きちんと届いたか心配な方は、郵便局から「特定記録」付きで郵送することをおすすめします(普通郵便代金82円に、特定記録代金160円分が別途必要)。

umobileを解約後、sim返却はいつまで?

返却は解約した翌月の15日までにする必要があります。翌月の15日まで返却されなかった場合には、1枚につき2,000円(税抜き)の損害金が発生してしまうため注意が必要です。

umobileのsimの返却にかかる送料は自己負担

U-mobileのSIMの返却にかかる送料は自己負担となります。返却のコストを抑えたい場合は、封筒に入れて普通郵便で送ることもできます。ただ、紛失や破損の可能性がゼロではないため、心配な方は梱包をしっかり行い、補償などを付けて送るようにしてください。

umobileの解約で手数料はかかる?

U-mobileの解約に手数料はかかるのでしょうか。契約によって手数料の有無や金額も異なるため、詳しく解説します。

umobileの解約に手数料がかかる場合

「U-mobile MAX」「U-mobile 通話プラス」「USEN MUSIC SIM」は、契約してから6カ月以内の解約の場合、6,000円の手数料がかかります。 「U-mobile 通話プラス LTE使い放題2」は、利用開始月から6カ月以内の解約の場合は9,500円・6カ月以上の解約の場合は3,500円の手数料がそれぞれかかります。「U-mobile for iPhone」は、契約から6カ月以内は12,000円、7~12カ月目は6,000円の手数料が必要です。 「U-mobile PREMIUM 通話プラス」は、契約開始月を1カ月目とした12カ月以内に解約した場合、残月数×1,000円の手数料がかかります。 「U-mobile SUPER」は、SIM開通月を含む24カ月以内で、9,500円の手数料が必要です。また、開通月を含む3カ月間以内にサービス解約をした場合「短期契約解除手数料」が発生。契約解除手数料とは別に3,000円が発生します。

umobileの解約に手数料がかからない場合

「U-mobile データ専用」「U-mobile S」「U-mobile PREMIUM データ専用」および「U-mobile MAX データ専用」には解約手数料はかかりません。

umobileを解約するときに注意すべきポイントとは

U-mobileの契約を解約する際には、いくつか注意しておきたい点があります。MNPや使用料について紹介します。

uモバイルを解約する場合、mnpの発行手数料が必要

通話機能のあるU-mobileの契約を解約して別のキャリアに乗り換える際、同じ電話番号を使用したいときは、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)を利用します。MNP予約番号をU-mobileから取得して乗り換え先のキャリアに伝えることで、同じ電話番号が使用可能です。 なお、MNP予約番号の発行には3,000円の手数料が必要です。手続きはカスタマーサービスで受け付けており、申し込みから最長4日前後で、SMS経由でMNP予約番号が送られてきます。

umobileを解約する月の使用料は日割りされる?

解約は、解約を申し込んだ月の月末になるため、「解約する」ボタンをクリックした月の月末まで通話・通信をすることができます。日割りなどの措置はありませんので、申し込んでから月末までの間に通信・通話をしなかった場合にも、当月分の使用料を支払うことが必要です。

u mobileカスタマーセンターで分からないことは聞いてみよう

U-mobileの解約について不安がある際は、カスタマーセンターに問い合わせましょう。 公式WEBサイトのお問い合わせフォームから問い合わせをすることもできますし、電話で問い合わせることも可能です。カスタマーサービスの電話番号は0120-992-449で、11:00から19:00まで(年末年始を除く)の営業です。

まとめ

U-mobileの解約の申し込みは、公式サイト上でのクリックのみで完結しますが、SIMカードの返却やMNPの申し込みなどは、別途手続きが必要です。また、解約にかかる手数料は契約によって異なりますので、解約の前によく確認しておいてください。不安がある場合には、カスタマーサービスに問い合わせましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。