楽天モバイルのデメリットって?iphone契約や、メリット比較も

格安スマホ業界で注目を集めるMVNOの楽天モバイルですが、実際の使用感はどうなのでしょうか。楽天モバイルのメリットとデメリットの両面を比較したうえで、楽天モバイルがおすすめの人、楽天モバイルに乗り換えた方が良い人を紹介します。

楽天モバイルのメリット

ドコモ回線だから繋がりやすい

楽天モバイルのようなMVNOは、ドコモやauなどのキャリア回線を利用してサービスを提供しており、楽天モバイルはドコモの回線を利用しています。ドコモはLTE基地局が全国161,900ヶ所以上あるため通信可能なエリアが広く、楽天モバイルでもドコモ回線と同じ範囲で安定した通信ができます。

契約期間が選べて自動更新がない

キャリアでも契約縛り解除の動きは出てきていますが、2年縛りが適用されているケースが多く更新月以外の解約は違約金がかかってしまいます。しかし、楽天モバイルであれば最低利用期間はありますが、キャリアのような2年縛りはありません。 データSIMであれば最低利用期間0ヶ月で契約することができます。通話SIMの場合は、契約によって最低利用期間が12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月のいずれかになり期間中の解約は違約金がかかりますが、最低利用期間を過ぎれば違約金はかかりません。

楽天スーパーポイントが貯まりやすい

楽天モバイルを利用すれば、楽天市場や楽天トラベルなどの各種楽天サービスで利用できる楽天スーパーポイントが貯まります。さらに、楽天モバイルの契約は楽天スーパーアップポイントプログラムの対象です。 楽天モバイル契約者は、楽天市場で買い物をするときにポイントがプラス1倍になりポイントが貯まりやすくなります。ポイントを効率よく貯められる魅力的なサービスです。

実店舗ならMNP手続きが当日にできる

キャリアから格安SIMに乗り換えるときにデメリットになるのが、MNPの手続きです。MNPとは使用している電話番号を引き続き使うための手続きですが、MVNOでMNPをすると1週間ほど時間がかかるケースが多く、MNP手続き中はスマホが利用できなくなることが多いです。 しかし、楽天モバイルの実店舗でMNPの手続きをすれば当日中に手続きを完了できるので、すぐにスマホを利用することができます。

端末が豊富に選べる

楽天モバイルは、他のMVNOと比べて契約と同時に購入できる端末の種類が豊富です。Androidスマホであれば、人気機種や楽天モバイル限定機種も購入できます。 選べる端末も多いので、スマホのデータ容量を重視して選ぶこともできますし、月々の支払額を考えて端末を選ぶことも可能です。また、全国の実店舗であれば実際に各端末を試してみることもできます。

楽天モバイルのデメリット

キャリアのようなかけ放題プランがない

楽天モバイルには、キャリアのようなかけ放題プランがありません。スマホで通話をすることが多い場合は、楽天モバイルでの契約がデメリットになることがあります。 5分以内のかけ放題プランはありますが、5分以上の通話は別途通話料が必要です。長時間の通話をよくする人や、通話の回数が多い人は、キャリアで契約した方がお得なこともあります。

楽天モバイルとセットでiPhoneを買えない

端末が豊富にそろっている楽天モバイルですが、iPhoneは契約と同時に購入できません。楽天モバイルで契約と同時に購入できるのはAndroid端末のみです。 iPhoneを楽天モバイルで使いたい場合は、SIMフリーのiPhoneが必要です。アップルストアなどでSIMフリーのiPhoneを購入しましょう。また、キャリアで使用していたSIMロックのiPhoneもSIMロック解除の手続きをすれば楽天モバイルで使用できることがあります。

ドコモAndroidでテザリングできない

対応端末であれば、デザリング機能を使用できます。しかし、ドコモのAndroid端末を楽天モバイルで使用した場合のみテザリング機能が使えません。 システム上、ドコモのAndroidでテザリングを使用しようとするとドコモに繋がるようになっているためです。ドコモから楽天モバイルにMNP後、楽天モバイルでテザリングを使いたい場合は楽天モバイルで端末を購入する必要があります。 楽天モバイルのテザリングについては下記の記事も参考にしてみてください。

ベーシックプランでは高速通信できない

楽天モバイルのデータSIMであれば、月々525円(税別)から利用することができます。キャリアでデータ通信だけ利用する場合を考えてもお得な金額です。 しかし、ベーシックプランは高速通信に対応していません。動画やゲームなどを快適に利用したい場合には高速通信に対応したプランを利用する、もしくはWi-Fiが使える場所で利用すると良いでしょう。

楽天モバイルがおすすめの人

毎月の通信費を抑えたい

楽天モバイルの料金はキャリアの料金と比較するとリーズナブルな価格設定になっています。データSIMなら月々525円(税別)から、通話SIMの30GBの契約でも6,150円(税別)なので、データ通信容量が十分に必要なユーザーにもおすすめです。 キャリアからの乗り換えを検討しているなら、毎月の通信費を大きくカットすることができます。

楽天サービスをよく利用する

楽天モバイルなら各種楽天サービスで利用できる楽天スーパーポイントを貯めることができます。また、ポイントプログラム対象なので楽天市場ではポイントが貯まりやすくなります。普段から楽天系のサービスを利用しているなら、ポイントを効率的に貯めることができるので楽天ユーザーにはお得です。貯まったポイントは、楽天モバイルの月々の支払いにも充てることができます。

まとめ

電話をすることは少ないもののスマホで通信することが多い場合、楽天系のサービスをよく利用する場合は楽天モバイルがお得です。ただしデメリットもあるので、利用中のサービスと比較しながら乗り換えや新規契約を検討しましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。