エポスカード海外旅行保険の使い方とは?保険適用NGの場合も紹介!

エポスカードには海外旅行保険が付いているのか気になる方はもちろん、保険の具体的な内容について気になるという方もいるのではないでしょうか。ここでは、エポスカードの海外旅行保険について詳しく解説していきます。

エポスカードには海外旅行保険が自動付帯

エポスカードは海外旅行傷害保険が自動付帯なので、旅先での急な病気やトラブルの際にも安心です。また、カードを持っていくだけで出発前の手続きは一切不要なのもポイントと言えます。

保険の補償期間は最長90日、家族は対象外

Visa付きのエポスカード会員本人のみが対象です。家族は対象外ですので注意してください。また、1回の旅行につき最長90日間の補償となります。

傷害死亡・後遺障害

旅行中の事故によるケガが原因で死亡した場合や、後遺症が残ってしまった場合の補償金として、最高500万円が支払われます。ただし、故意によるものや自身の過失によるものは除外です。

傷害治療費用

旅行中の偶発的な事故によりケガをした場合の補償金は200万円(1事故の限度額)となっています。

疾病治療費用

海外で発症した感染症や心臓の病気などで治療・入院したときの費用を補償・補償額は270万円(1疾病の限度額)です。なお、旅行以前から発症していた病気の場合は補償の対象外となります。

賠償責任

故意または過失により他人にケガを負わせてしまったり、他人の物を壊してしまい弁償しなければならなくなった場合の補償金として、2,000万円(1事故の限度額・免責なし)が支払われます。また、裁判になってしまった際には、訴訟費用も補償されます。

救援者費用

カード会員が遭難した時の捜索や救助にかかる費用では、100万円(1旅行・保険期間中の限度額)が補償額です。加えて、事故の知らせを受けた家族が現地に向かうための渡航費や、国内の病院へ搬送する際の費用も補償されます。

携行品損害

盗難にあった場合・事故などで持ち物が破損してしまった場合には、20万円(1旅行かつ保険期間中の限度額、免責3,000円)が補償額です。1個・1組・1対あたり10万円が限度となります。ただし、自身の不注意による置き忘れや紛失、サビなどの自然な消耗は補償されません。 ※保険金請求の際は、事故発生日から30日以内に連絡してください。

エポスゴールドカードの旅行保険はさらに充実

エポスゴールドカードの場合は、通常よりも手厚い海外旅行傷害保険が自動付帯となっています。ただし、対象はエポスゴールドカード会員本人のみです。
  1. 傷害死亡・後遺傷害補償額:最高1,000万円
  2. 傷害治療費用補償額:1事故の限度額300万円
  3. 疾病治療費用補償額:1疾病の限度額300万円
  4. 賠償責任補償額:1事故の限度額2,000万円(免責なし)
海外では医療費が数百万円~数千万円となってしまうこともあるため、使う頻度の高い治療費用の補償が大きいところが魅力です。

もしもの時はエポスカード海外旅行保険事故受付センターへ

万一旅行中に事故や病気になった場合は、エポスカード海外旅行保険事故受付センターへ連絡してください。

緊急医療アシスタンスサービスが受けられる

24時間いつでも電話で日本語対応してくれます。また、サービス費用は無料です(海外旅行傷害保険で補償される金額までは保険金として精算されます)。

ケガや病気の場合の緊急アシスタンス

日本人医師または日本語が話せる医師の紹介、医療施設の案内などが受けられます。

ケガや病気により死亡した場合の緊急アシスタンス

遺体の本国への移送、または現地での埋葬の手配をしてくれます。

その他のアシスタンス

救援者の渡航や宿泊手配・遭難した場合の捜索・救助などを受けることが可能です。 なお、エポスカード海外サポートデスクが営業時間外の場合は、東京の海外緊急デスクに繋がります。連絡先が異なりますので、事前に確認しておいてください。

エポスカード以外に海外旅行保険付きカードがある場合

海外旅行保険付きのクレジットカードを複数枚持っている場合はどのように計算されるのか、解説していきます。

傷害死亡・後遺障害の保険金額は合算されない

保険金額は合算されず、最高保険金額が限度となり支払われます。ただし、法人カードと法人カード以外の場合は、法人カードと法人カード以外のそれぞれの最高保険金額の合計額が限度です。

傷害死亡・後遺障害以外の保険金額は合算される

傷害死亡・後遺障害以外の保険金額は合算されますが、支払い保険金は損害額が上限となります。

エポスカードの海外旅行保険が使えない条件を確認しよう

旅行中のケガやトラブルの際に心強い海外旅行保険ですが、全てにおいて補償されるわけではありません。条件によっては保険金が支払われないこともあるので事前に確認しておきましょう。

故意によるケガや携行品の刃損

補償の対象となるのはあくまでも「不意の」事故やケガのため、故意によるものについては対象外となります。

ケンカ・自殺・犯罪行為などによるもの

故意ではない場合に補償されるもののため、犯罪や闘争行為などが原因の場合は支払われません。

妊娠・出産・早産などによるもの

保険に加入することはできますが、妊娠・出産・早産や、妊娠・出産・早産それぞれに起因する病気に対しては、補償はされません。

まとめ

エポスカードの保険は利用付帯ではなく自動付帯なので、年会費無料のカードを持っているだけで保険を利用できるのが大きな魅力です。既に海外旅行保険付きのクレジットカードを持っている方でも、エポスカードを作っておくとさらに保険を充実させることができるでしょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。