SIMアダプターとは?抜けない時の対処法や、基本的な使い方も解説

スマホ、ガラケーを契約した方は、誰もがSIMカードを見たことがあるでしょう。機種変更や格安スマホへの乗り換えでSIMカードのサイズが変わることがあります。今回は、SIMカードのサイズを変換できるSIMアダプターや、今から契約する方のためのSIM選びについて解説していきます。

SIMアダプターでSIMのサイズを変換できる

SIMカードの大きさは3種類

スマホの機種によって、対応しているSIMカードの大きさが違います。大きさは3種類に分かれており、小さい順にnanoSIM、microSIM、標準SIMという名前です。現在売られているスマホは、一番小さいnanoSIMが主流になっています。 機能には変わりがありませんが、使用するスマホに合った大きさのSIMカードを使用する必要があります。そのため、機種変更の際には変更後のスマホに合った大きさのSIMに変更しなくてはなりません。また、機種変更だけでなく複数の端末を使い分けたいときにも同様です。

SIMアダプターの使い方

SIMアダプターを使用すると、SIMカードを大きいサイズに変換することができます。小さいSIMカードから大きいSIMカードに変換することは可能ですが、大きいSIMカードを小さくすることはできません。一方通行なので、「大は小を兼ねる」とはいかないのです。ドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアの場合は、変更する機種によってSIMカードのサイズも変更してもらえます。
しかし、格安SIMで契約する場合、毎回自分で機種に合ったSIMカードのサイズを選び、購入しなくてはなりません。そのため、SIMカードのサイズで迷ったら、SIMアダプターで変換可能なnanoSIMを選ぶことをおすすめします。

SIMアダプターを利用しないでサイズを変えるには

MVNO事業者に依頼し、サイズを変更することができます。その場合、変更手数料がかかります。さらに、webで手続きをした後に送る必要があるため、新しいSIMが手元に届くまでのあいだ、ネットや通話が使えないというデメリットがあります。 アダプターを使うのが不安であったり、手数料がかかっても安心してサイズを変更したいという方は、MVNO事業者に依頼するほうがおすすめです。

SIMアダプターは家電量販店やAmazonで入手可能

SIMアダプターの価格は数百円程度

SIMアダプターの価格ですが、安いものでは数十円から購入でき、高いものでも数百円程度で購入可能です。しかし、数十円の安いものとなると作りが荒い場合があります。作りが荒く精度が低い製品になると本体も壊れてしまう起因になりかねません。問題なく使えるものであればいいのですが、そうでないことも考慮して、購入する際は購入者のレビューを参考にするといいでしょう。

SIMアダプターは100円ショップにある?

SIMアダプターを扱っているお店は?

Amazonや家電量販店での購入が可能です。数十円から購入可能ということで、100円ショップにあるのではと思った方もいるかもしれませんが、主要な100円ショップにはまだ登場していないようです。今後発売される可能性ももちろんありますが、店頭で商品を見て購入したい方は、PCショップや家電量販店で探してみる方がおすすめです。

SIMアダプターが抜けない!そんな事態を避けるために

SIMアダプターに固定できているか確認しましょう

SIMアダプターにしっかりと固定できていないと、スマホの内側に引っかかり、取り出せなくなることがあります。SIMアダプターに固定するためのテープも販売されているので、不安な方は使ってみてください。 また、SIMスロットにはめ込む向きも取り扱い説明書等でしっかり確認しておきましょう。逆向きにはめてしまうと取り出せなくなってしまいます。SIMアダプターを利用するのは便利な反面、正しく使用しないと故障に繋がることもありますので、正しい向きできちんとはめ込まれていることを確認してからSIMスロットを閉じましょう。

まとめ

SIMアダプターの使い方、注意点はお分かりいただけたでしょうか。SIMの大きさが違うことで機種変更や、格安スマホを使うことを躊躇していた方もいるかもしれません。しかし、SIMカードの大きを変更する手段は複数あるのです。 その中でも、最も安価にサイズ変更をする手段が、自分でSIMアダプターを使用することです。今使用しているSIMカードと、変更したい機種のSIMカードの大きさを確かめた上で、大きいサイズに変換する場合は自分で変換してみてはいかがでしょうか。専門の業者に依頼するよりも、お金の節約になります。SIMカードは小さく薄いカードですがか、実際に変換する際には取り扱い説明書をよく読んで作業してください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。